えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 14日

お金持ちの家(2)イラン

カシャーンにはもう一軒お金持ちの家があります。タバータバーイーの邸宅と呼びますが、タバータバーイーというのは両親がトルコ系(厳密にはアゼルバイジャン地方出身ということです。)の人を呼ぶそうですが、頭が良くてお金持ちだという評判があります。こちらの豪邸も前回ご紹介したボルジェルディー家に勝るとも劣らないような建築物になっています。

このタバータバーイー氏はいかにもペルシャ商人らしく絨毯商人として財を成した人だそうです。個人的にはこちらの方が趣味がいいかなと思いますが、真ん中にはキラキラと鏡をあしらった間があるので、ちょっと成金的な感じがしてしまいます。イラン人は鏡を使った装飾が大変好きなようで、モスクですら内部が全部鏡で作られているものがあるくらいです。

ほとんど同時代で小さな町カシャーンに住んでいたのですから、お互いに知らないはずはありませんね。お互いに意識していたのかも知れませんね。それでボルジェルディー家には王様の肖像画があったりしたのでしょうか。それぞれに息子と娘がいて、ある日突然恋に落ちるとか、ロミオとジュリエットみたいなお話を想像をしたくなります。

こちらも現在は博物館になっていて、一般に公開されています。家の中に綺麗なステンドグラスの装飾があり、撮影を試みたのですが、暗くてブレてしまいました。小さい写真ですが、参考までにアップしておきますね。
e0031500_035778.jpg

e0031500_045810.jpg

e0031500_054015.jpg

e0031500_0124755.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-14 00:06 | Comments(14)
Commented by kenbon at 2005-09-14 00:07 x
・・・え?

家なんですか^^;;;;
Commented by elderman at 2005-09-14 00:14
kenbonさん、こんばんは。^^
あ、このシリーズは世界のお城シリーズではありません。^^
ペルシャ商人の豪邸を二つご紹介しました。
Commented by aki at 2005-09-14 00:23 x
あまりの生活感のなさに、うらやましいとは思わないなぁ。
Commented by elderman at 2005-09-14 00:27
akiさん、こんばんは。^^
そうですね、羨ましいという感覚にはなりませんね。ちょっと異質過ぎるのかもしれません。生活してようにみせるために蝋人形でも飾って置くといいのかな。^^
Commented by mayaha at 2005-09-14 00:37
知人にお金持ちががいないので、日本の大金持ちのお宅がどうなのかも分からないのですが、居心地いいのかな~なんて考えるのは、庶民の証拠ね~
Commented by elderman at 2005-09-14 00:48
mayahaさん、どうも。^^
日本人は倹しいですから現代人はそれほど華美な家はないんじゃないかなぁ。もっともバブル期に建てられたものには凄いものがあるでしょうね。今はどうなっているのでしょうか。あれだけあった華美な家具などちゃんと残っているはずですけどね。
Commented by japonikk-la at 2005-09-14 04:32
今も使われているんですか? ところで、うちのイランに住んでる義理の姉の旦那さんのおじさんの名字が同じなんですが関係ないですよね。彼の娘がアメリカにいる亡くなったシャーの次男と去年か一昨年結婚したんですけど。その方もお金持ちには間違いないでしょうが、こんなではね、たぶん。
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-14 08:17 x
う~ん、天井と内装・壁は、こっちの方が好き!ステンドグラスもステキ。でも、外観は、あっち(ボルジェルディー家)がいいなあ~。なぜかというと、中が暗そうだから^^。陽射しの強い国だから、涼しくなるような暗めの方が好き☆なのかもしれませんね~。庭も見たいな~
(オネダリ m_ _m)。

Commented by たま子 at 2005-09-14 11:00 x
イランにもステンドグラスがあったんですか。 
台所、トイレは見てみました? 生活観あるところがどうなっているかしりたくなりますね。

japonikka-la さん  シャーの次男と結婚だなんて凄すぎますね。
あの家族皆、美男美女で羨ましいです。
Commented by elderman at 2005-09-14 11:06
japonikk-laさん、どうも。^^
今は博物館ですから、専門家が部分的な修復をやったりしています。
イラン人の苗字はご存知のとおり地名から来ているものが多いですね、テヘラニ、エスファハニ、シラージー、ラフサンジャニ、などなど。タバータバーイーも同じですから苗字だけでは親族かどうかは分かりませんね。
Commented by elderman at 2005-09-14 11:10
宇宙和里さん、おはようございます。^^
どっちの家も地下まで部屋があって涼しいですよ。庭は写真で紹介した程度の中庭しかありませんでした。キッチンのあるところに別のヤードがありましたが、これは庭とは呼べない代物でした。
Commented by elderman at 2005-09-14 11:13
たま子さん、おはようございます。^^
ステンドグラスはモスクにも見られます。ペルシャ商人の国ですから、よいものはどんどん持って来ちゃうのでしょう。^^
トイレは見ましたよ、床に細い長方形で穴が空いているだけのものでした。そのまま地下浸透なのでしょう。キッチンは母屋の中ではなく、別棟になっていました。まるで食堂のキッチンみたいに大きなものでした。
Commented by じゃんぼおかん at 2005-09-14 23:17 x
素直に、お金がいっぱいあるってことは、いいことだな。
と、思いました。
Commented by elderman at 2005-09-14 23:35
じゃんぼおかんさん、素直ですね。^^
ないよりはあった方がいいですよ。ただね、多くを持ち過ぎると人間変わるといいますよ。「足るを知る」で生きましょうや。^^


<< 沙漠の花(3)風船みたいな種子      沙漠の花(2)ケイパー >>