えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 13日

お金持ちの家(1)イラン

お金持ちの家を拝見すればその時代、その国の人々が素晴らしいものと考えていたものが分かるというものです。カシャーンの町には、バラ水と絨毯以外にはこれといった産業はないのですが、約150年前に大金持ちの家族が二つあったそうです。当時の首都はテヘランですが、カシャーンまでは約230km程度離れています。

今回はそのうちの一つである「ボルジェルディー家」をご紹介いたしましょう。ボルジェルディー氏は商人で巨万の富を成したそうです。さすがにペルシャ商人ですね。カシャーンにある家は19世紀前半に立てられた私邸ですが、家というよりも宮殿のようです。現在は博物館として一般に公開されています。

商人と言っても、やっていたことは今日の商社のようなことだと思います。西洋と東洋の商品を扱って貿易を行っていたのでしょう。壁画にはフランスの兵隊や洋式の衣装を着たものが飾られていました。猪の狩の様子や阿片でくつろいでいる絵もありました。

ガジャール朝の王様が訪問したのでしょう、肖像画が客間に当たる部屋に壁画にされていました。地方豪族としては、大きな名誉と考え、誇りにしたのでしょうね。凝りに凝った天井の写真をアップしておきました。モスク以外でこれほど凝った建築物は少ないと思います。

写真の中で通風口のような塔に見えるものは、バードギールという外気を取り込んで室内に冷たい空気を送るシステムの空気取り入れ口です。高いところから空気を取り入れるせいでしょうか、ひんやりした空気が入って来ていました。

最後の写真は、この家の正門の扉です。ノックする金具の形が男性用、女性用と別々になっています。形だけでなく、男性用のものは太く低い音、女性用のものは高い音が出ます。これなら奥からでも判別できるというものです。
e0031500_04656.jpg

e0031500_045154.jpg

e0031500_052552.jpg

e0031500_055627.jpg

[PR]

by elderman | 2005-09-13 00:05 | Comments(8)
Commented by 村野かかし at 2005-09-13 09:47 x
これが個人の家なんですか......ため息が出ますね。
個人の家でも、立派な文化遺産ですね。ああ、一度行ってみたい!

日本も「金持ちは後世に残る建築物を建てて暮らすべし」としたら面白いかも知れません。あ、でもとんでもないものばかりになってしまう危険性があるからダメだな。
Commented by elderman at 2005-09-13 11:01
村野かかしさん、こんにちは。^^
意外と素直な感想ですね。私はひねくれているせいか、栄枯盛衰というのを感じてならないのですけどね。財をなして優雅に暮らしていても150年後には子孫が住んでいなくて、博物館になってしまっている。
あの世というものがあって、ボルジェルディーという人がこの様子を見たらさぞかしがっかりしているのではないかなんて考えてしまいます。
Commented by 猫姫 at 2005-09-13 15:18 x
この前に天井に似ている、、、
こんなお家で、下男下女、そして、ばあやに囲まれて、
お姫様生活してみたひ、、、
Commented by elderman at 2005-09-13 15:25
猫姫さん、こんにちは。^^
モスクの入り口にあった門の天井のことでしょうか。
夏は暑いので風通しという点で共通した形になるのでしょうね。そこへの装飾となるとこれも似てくるのはしょうがないかな。
お姫様ってやっている方は楽しいのでしょうけどねぇ・・・ 周囲の人は大変だ。(笑)
Commented by kyoko7 at 2005-09-13 22:11 x
猫姫さんに同じ~~ o(*^▽^*)o~♪
それにしても 豪邸ですね。お金持ちの考えることは何処も同じかな?
後世、朽ち果てるより 博物館になってキチンと管理されてる方が良いのではないかしら?
Commented by elderman at 2005-09-13 22:22
kyoko7さん、こんばんは。^^
豪邸に住みたくなるものなのでしょう。^^
朽ち果てるじゃなくてイスラム革命で末裔は他所の国に移住したのでは?(笑)
Commented by kenbon at 2005-09-14 00:10 x
確かに・・・日本でも「何家旧家」とかって文化財ありますもんね

・・・しかし、凄いね^^;;;
Commented by elderman at 2005-09-14 00:16
kenbonさん、すごいですね。^^
日本にもあるんじゃないですか、どこかの豪商とかね。木造だから残りにくいということもあるかも・・・


<< 沙漠の花(1)枝・棘・花      日本人の特殊性(12):なんでも師匠 >>