えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 24日

どうでもいいこと(7)髪の毛

私が髪の毛を伸ばし始めてから既に1年以上が経過しています。その長さは背中の真ん中に届くほどになりました。夏になると暑いので、首筋を露出させるために髪の毛を頭の後方で折り曲げてゴム輪で固定しています。つまり、ちょんまげのような形になっています。(笑)

ところで、私の髪の毛の抜け毛は昔からすごいもので、毎日大量に発生します。抜け替わるのだから問題ないとずっと考えて来ましたが、「あれ?待てよ?」と思うようになったのは最近のことです。

確かにたくさん抜けても髪の毛は存在しています。年齢のせいで少しは量が減ったようですが、禿げる血統ではないので心配はしていません。そこでふと思ったのですが、髪の毛が抜け替わるなら、どうして長い髪の毛が存在するのだろう?ってね。

チリ(犬)の毛は全部抜け替わるのでしょう。だから、長くはなりません。長くなってカットしなければいけない犬もあるようですが・・・ それは別な話として、全部抜け替わるなら、抜けないでいる長い髪の毛ってどうしてあるんだろう?という疑問を持ってしまいます。

髪の毛には、抜けないものと抜け替わるものの二種類があるのでしょうかね。抜け毛をみているとやはり白髪の方が多いようです。毛根が弱って抜けてしまうのでしょうか。そして、そこから出てくる髪の毛はもうないのか、あるいは白髪なのか。

髪の毛が長くなってくると、いろいろ観察ができます。ちょんまげを結うのには相当な長さが必要であること。長い髪を後ろに落とすと、夏は暑くてたまらないこと。長い髪の毛の女性の仕草について、その意味の理解。などなど、まだまだ面白い観察ができそうです。
[PR]

by elderman | 2008-07-24 10:51 | えるだまの観察


<< 更新が疎かになっている訳 (汗)      紫陽花の花 >>