えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 07日

日本人の特殊性(8):お米2

美味しいご飯というのも環境から作られた感性だと思います。日本人が最上だと思っている日本のご飯も世界的に見れば少し変わった性質のお米だと言えるでしょう。ともあれ日本で得られる食材との相性がいい日本人にぴったりのお米が開発され発展してきたことはラッキーですね。

外国のご飯をみて、なんて不味そうなのかと思うのはこの日本の特殊性からみた感性であることを知ることは大事です。そもそも外国ではそのご飯を不味いとは思っていないはずだし、逆に日本の最上のお米で炊いたご飯を食べてもらって感想を聞いてみるといいかもしれません。日本人には意外な答えが返って来るはずです。

米どころのタイでは、例のぱさぱさご飯が主流です。日本のもち米のような米はタイでは東北地方(イサーン)で人気がありますが、バンコクでは田舎のご飯として多少侮蔑をこめてみられています。タイ料理にはぱさぱさのご飯の方が合うし、チャーハンも普通のメニューなのでこちらのお米が向いていますね。お寿司に使うご飯で作るチャーハンって想像したくないと思いますが・・・。

お米はアジアだけでなく、南ヨーロッパ、中南米でもたくさん消費されています。副食物との相性があるのでしょうか、日本のような粘性の強いご飯はやはり違和感があります。ですから、南ヨーロッパや南米の人たちに日本人が箸でご飯を食べていると言っても信用してもらえません。一粒ずつつまむのだろうと想像しているのでしょうかね。

ベネズエラにいた時ですが、メイドがご飯を炊くときには必ずなにか香りのある野菜などを入れて炊いていました。ご飯の香りがあまりいいものでないと考えているようでした。ご飯を炊いている時に時として嫌な香りだと思うことがありますが、私にはほとんど気になりませんけどね。

イランではぱさぱさご飯ではない、同じ重さでボリュームが倍もあるようなふわふわご飯が主流です。日本のご飯のような仕上がりは失敗とみなされてしまいます。カスピ海周辺には日本のご飯のような質の米もあり、そちらが好きな人たちもいるということは聞いています。イラン全土からみれば極めて少数派ということになりますけどね。イランのふわふわご飯に慣れ、その感性で日本のご飯をみてみると、日本のご飯が妙に見えるから不思議なものです。確かにご飯の用意に失敗したかのように見えてしまいます。

イランのご飯は炊き方も違うし、油を入れるということもあるので、私自身ではやったことがありません。でも、ふわふわご飯の出来栄えはなかなかいいものです。もちろん日本食材との相性には大いに疑問があります。ですから私は醤油とか焼き海苔をイメージするとどうしても日本のご飯ということになってしまいます。

モロッコ料理にはクスクスという材料があって、稗か粟の一種だと思うのですが、小粒でスカスカの食感には抵抗を感じます。慣れないからなのだろうかと思っていますが、未だに美味しいと思ったことがありません。友人の中国人は不味いといい、フランス人は美味しいって言っていましたけどね。

という訳で、日本人がとっても大切にし、美味しいと考えている日本のお米は、世界ではあまり評価が高くないというのが今回のお話でした。日本人ってやっぱり特殊だと思いませんか。

(後日談)
いやはや感動というのは意外なところにあるようで・・・ 「日本人の特殊性」というシリーズで日本のご飯が特殊だなんて書いておりますが、久しぶりに食べた日本のご飯の美味いのなんのって・・・ 普段はお代わりをしない私ですが、今日のお昼には茶碗に2杯も食べてしまいました。

このお米、実はイランに出張している日本人からいただいたものでして、実はそれほど期待しないでお昼ご飯の用意をしていたのです。おかずは水戸納豆に唐辛子まぐろという得体の知れない缶詰、それに焼き海苔、インスタント味噌汁という献立なんですが、炊きたてのご飯を食べるともう、おかずなんてどうでもいいという世界になりました。日本からのご飯、それ自体の美味いこと、いやはや凄い、日本のみなさんは毎日こんなに美味しいものを食べているのですねぇ・・・ 羨ましい限りです。

日本のご飯っていうのは、本当に芸術品ですね。これほど美味しい主食ってないんじゃないかなぁ・・・ 今回の経験で私はすっかり日本人に戻ってしまいました。
[PR]

by elderman | 2005-09-07 06:56 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(6)
Commented by dada at 2005-09-07 12:01 x
イランは、油を入れるんですね。。今度試したいのが・・ビールやコーヒー味でご飯を炊いてみたいなぁ。。。なんて。dadaも今まで、MSNでまとめてきたのを、アルクの方に持ってきて、保存版作成してみようかと思案中。
Commented by elderman at 2005-09-07 12:37
dadaさん、こんにちは。^^
昨晩、MSNにアクセスできませんでした。いったい何をやっているのでしょうね。油って石油じゃないですよ。(笑)
保存版ですか、最初に密かにやっておかないと難しいんじゃないの?
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-07 13:22 x
こんにちわ~。おコメの中には、八十八の神様がいる、って言うんでしたっけ?!八百万の神じゃないですよね?! いつも疑問なのは、どうして、主食なのに、日本ではおコメの価格が高いのか?ってことです。ヨルダンで、豪州米(中粒米)を5キロ買っても、500円です。我が家はこれで満足です。もっと安いエジプト米も日本人には合うらしいですけど、逆に、高くて合うのは、イタリア米、でもせいぜい1000円強。日本ってどうして高いの?輸入しているわけじゃないのに~~。例の約10年前、米不足の時、タイ米が敬遠されてましたが、日本人向けの食べ方をしようとしたから無理があったんですよね。炒飯には、好適だったのに。せっかく助けてもらっておきながら、タイ米はまずいってテレビとかで言われて、日本人ってここまで贅沢・自分本位になったか、と思いました。おっしゃるとおり、同じ米でも、品種、食べ方など各国とは違いがあるのだから・・・。油と読んで思い出しました、ドイツで知り合ったトルコ人が、作っていたピラフ、炒めたトマトとか牛肉とかと煮込む(炊く)んです。日本のお米だとくっつきすぎるけれど、中~長粒米では、美味しくできます、炊飯器でなくても^^。
Commented by elderman at 2005-09-07 13:57
宇宙和里さん、どうも。^^
日本のお米は政府によって保護されているから高い訳で、それがないと農家は潰れちゃうでしょう。日本の人件費が高いというのが原因ですね。自動車メーカーだけが儲かっている現状はなんともねぇ。(苦笑)
タイ米の話はちょっと間違った印象を日本人に与えたようで残念な思いです。あの時はBクラスの米を緊急で入れたはずですが、タイ人でも美味しくないという代物だったはずです。もっとも、一番よいタイ米でも日本の米とは質が違いますから不評でしょうけどね。
粘着性の強いお米を好きなのは日本人を除くと極めて少数派です。こういう米は箸では食べにくいですけどね。(笑)
Commented by japonikk-la at 2005-09-07 14:19
こっちではイラン料理ではインドのバスマティー米を使うんですが、イラン料理にはおいしいけれども、消化に良く無いし、私もにおいがなんとなく気になります。チャイニーズのご飯もやっぱり匂いが鼻につくんです。結局、行き着く所は、日本のご飯が一番ってね。おにぎりなんて凄く素朴なものなのに、私毎日お昼におにぎりだけでも飽きずに食べれそう。サンドイッチより、よっぽど美味しいなあと思うなあ。いつも日本からこっちに戻ってくる時、お腹が空くかもと、母親がおにぎり作って持たせてくれて、成田空港でそれを食べるんですけど、どんなごちそうより美味しいです。あ〜、思いだしながら目がウルウル。
Commented by elderman at 2005-09-07 14:46
japonikk-laさん、こんばんは。^^
かなり日本人やってますね。^^ パサパサご飯ではお握りは作れませんね。(笑)
ご飯の匂いが気になる人って多いのですね。幸い私はほとんど気にしないので問題ないですね。確かにサンドイッチよりはお握りの方がありがたいけど、そんな贅沢はできないし、現地の人たちが食べているもので満足しないとね。
お母さんのお握りですか、いいですねぇ。^^


<< 世界のお城(2)フランス      日本人の特殊性(8):お米 >>