えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 06日

日本人の特殊性(7):サービス精神

日本人のサービス精神は世界に誇れるものだと思います。心からお客さんの立場になって提供されるサービスというのは本当に気持ちのいいものですね。一流ホテルのサービスは大変気持ちのいいものですが、その分たくさん料金を払っていますからありがたみは薄くなってしまいます。

このサービス精神と対抗するのが従業員の労働条件の確保でしょうか。一番はっきりしているのが英国でしょうか、午後6時にはレストラン以外のお店はすべて閉まってしまいます。働いている人のショッピングしたい時間に軒並み閉店ですから、まったくサービス精神がないと言えるでしょう。もっともそういう習慣となると買出しは週に1回というように消費者も訓練されることになるのでいいのでしょうが、その中でセブンイレブンのようなコンビエンス・ストアーが進出したらどうなるでしょうかね・・・。

安息日を大切にしたいという理由なら宗教心でしょうが、午後6時には店を閉めるというのは、仕事はほどほどに自分たちの生活を楽しみたいという精神の現れに思えます。その点アジアではお客さんがあればいつでもサービスが提供される、儲かるチャンスがあれば何でもするというカルチャーがあるようです。休暇なんてそれぞれが勝手に取ればいいという割切りもあるのでしょう。

もっともヨーロッパでも鉄道やバスなどの公共輸送手段はいつでも動いていますから、全部が全部自分たちの休暇優先だとは言えませんけどね。西欧文化で困るのは、日曜日のショッピングかもしれません。ヨーロッパ、中南米では日曜日には大きなデパートしか開いてないのです。ドイツがこれを解禁にしたのはつい最近のようだったように記憶しています。ですからショッピングは、土曜日にしないといけないということになり、しかも肝心の土曜日の午後にはマーケットは閉まってしまいます。という訳で、私がベネズエラにいたときには、毎週土曜日にゴルフをすることは困難で、土曜日の午前中にはショッピングに行かないといけないのでした。

一方東アジアや東南アジアではこのようなことはあまりありません。人口が過密なせいでしょうか、ニーズがあれば必ずサービスがあります。とにかくお客さんが必要なだけあればあらゆるサービスが提供されます。悪く言えば儲かれば何でもやるという精神が見えるということです。アジアの宗教では安息日という概念がないからかも知れません。 あるいは、大家族で食べていくことが最優先という事情があるのかも知れませんね。

日本は経済的に豊かになったせいでしょうか、お客さんを大切にするという精神がいい加減になり、従業員にマニュアルで接客言葉を教えないときちんとした接客ができなくなったと思われるのが残念な現象です。私はマニュアル言葉を話すウエイター、ウエイトレスに出くわすとまるでロボットと話をしているようで気持ちが悪くてしょうがないのですけどね。

イランでも西欧諸国と同じような現象がみられます。お客さんより自分たちの時間が優先ってことで、2時から4時頃までは大抵のお店がランチ・タイムに入ります。お客がいようがいまいが、徹底したものです。安息日に当たる金曜日にやっている店はほとんどありません。開いているレストランも少なくなるので旅行者は事前に曜日を調べておかないといけないと思います。知らないでラマダンの期間に旅行したらもっと悲劇ですけどね。昼飯にありつくことができなくなります。

サービス精神の徹底した国はタイだと思います。とにかく人間の欲求を満たすありとあらゆるサービスが存在し、しかも安価で提供されているのです。24時間営業のコンビニはもちろん、夜の遊び、ボートのチャーター、マッサージ、カラオケ、なんでも自由自在です。

バンコクの地元名は「クルンテープ」(本当はもっとずっと長い名前です。)と言い、「天使の都」という意味です。あらゆるサービスが可能であるという観点からみたらまさに「天使の都」かも知れません。
[PR]

by elderman | 2005-09-06 00:06 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(4)
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-06 15:01 x
こんにちわ。14~15年前、豪州は、日曜日など休日の営業はありませんでした。皆無だったか?記憶は定かではありませんが、その代わり、レイト・ナイトショッピングというのがあって、木曜日とかに限り夜8時とか9時まで店が開いています。確か欧州もそんな習慣のある国が多いのではないでしょうか?でも、近年は日曜日も開けるようになったと思いますけど。豪州に住んでいた当時、日曜日が開かないのは、不便だなと思いつつ、なれれば、買い物の仕方(生活の計画の立て方)でなんとかなるもので、それほど苦にならなくなりました。ところが、近年、日本に帰ってきて不便だと思うことは、銀行のキャッシュを引き出す機械です。24時間じゃないんですよね。成田空港の両替所も早くしまってしまう。デパートが日曜休みでも、街角のキャッシュディスペンサーは24時間開いているっていう国、けっこうありますよね。人間、サービスには、ないものねだりなのかしら?日本の、デパートとかの 包装は今でもサービス過剰だと思います、配偶者が、「包まなくて好いです」といったら逆に嫌な顔をされたとか、、、。不思議な国です。
Commented by elderman at 2005-09-06 15:22
宇宙和里さん、こんにちは。^^
そうですね、ベネズエラに住んでいた時は土曜日の午前中にショッピングでした。だから土曜日にゴルフはやれなかったですね。ショッピングのために週末の1日を潰すのはもったいなかったなぁ。でも、当時はインターネットもまだあんまり普及していなかったので時間潰しには良かったかも知れません。^^
ただ、大きなショッピングモールは日曜日でも例外的に開いていました。そうでないと休日の楽しみが本当になくなってしまいますからね。キャッシュ・ディスペンサーはあっても動かなかったり、お金がなかったりで当てにならないものが多かったです。夜やっていたのかなぁ・・・忘れてしまいました。(苦笑) そういえば、夜は治安が悪いのでほとんど外出しませんでした。
へぇ、日本でも不便なことがあるのですか、夜キャッシングするってあまり必要性を感じたことはありませんが・・・
デパートなどの過剰包装はなかなかなくなりませんね。まだステータスなんて意味があるのでしょうか、不思議な気がします。外国では買い物袋を持っていないと買わないといけませんね。イランでは、プラスティックの袋か使い古しのダンボール箱が使われています。
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-07 12:57 x
追伸: late night shopping について書いたあとで思ったのですが、日本みたいに、残業があらゆるところであふれている、当たり前とされているところでは、 late night shopping は、できないだろうな~って。
生活様式(人々の意識)と こういうサービスとかのシステムは切っても切れないのでしょうね。 ☆ 確かに、夜、お金を引き出す必要ってあまり考えないけれど、日本って(今は、少し延びました。24時間のところもあるみたいです、でも手数料が高い。)、夕方の7時とかで閉まるでしょ?それこそ、残業とか、うっかりしていると夜、外出している最中に、「あ、お金!」って言うときに困るんですよ、^^そしたら、意外にも他国では24時間でしかも手数料とかってほぼ無関係・・・サービスって何なんでしょうね?。
Commented by elderman at 2005-09-07 13:26
宇宙和里さん、こんにちは。^^
バンコクでもデパートが遅くまで開くようになったのは7年くらい前じゃなかったかなぁ。日本は別にして平日にショッピングを楽しめるというのはいいサービスでしょうね。
日本の場合は残業が当たり前になっているのであまり役に立たないかも知れませんね。ちょっと悲しい習性に思えます。
今の日本の銀行の金利では手数料はしょうがないことなのでしょう。景気が良くなれば手数料で儲けようとは思わなくなるでしょう。つまり、今でも景気が悪いと言えるのだと思います。政府の発表では景気回復なんて言っていますが、今もデフレ基調だし、人材派遣のせいで失業率が減っているだけだしねぇ。


<< ルーマニアの花(52)オオハン...      ルーマニアの花(51)セリ >>