えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 05日

日本人の特殊性(6):恐縮の文化

「人前で赤面するのはドイツ人と日本人」とか「日本人はものおじする」とか言われますが、果たしてこの背景はなんでしょうか。私の目には「日本人には恐縮の文化」が根強く残っているような気がしてなりません。恐縮というのは、恐れて縮み上がるというような意味ですよね。要するに階級社会の名残のように思えてなりません。

そして日本人が愛好する「水戸黄門」だって「お上」の力そのものが背景だし、「暴れん坊将軍」なんて最たるものでしょう。日本人の心の中には相当強く階級意識が根付いているようです。「分相応」というような戒めもあるように、これもまた階級意識の現われにも思えます。

私が日本にいた頃、一流ホテルに入ることが躊躇われたものです。なんか分相応でないような気がして、「ものおじ」そのものでした。しかしよく考えてみると、ホテルだって営業の世界ですから、来訪する人を拒む理由ってないんですよね。たまに一流ホテルで珈琲を飲んで何が悪いというのでしょうか。

高校生の頃、霞ヶ関ビルの最上階の喫茶店でメニューをみたらどれも1000円以上で吃驚。一番安いものはないかと探したら、珈琲とレモンスカッシュをみつけました。それでも500円、この値段にしびれたから「ものおじ」を覚えてしまったのかも知れません。

私は若い頃から生意気でしたから恐縮というのはなかなかできなかったものです。しかし、年をとって誰かに恐縮されたりすると非常に困ってしまいます。相手は敬意を表しているつもりなのでしょうが、特段理由もないのに恐縮されるのっていうのは本当に困ってしまいます。難しいのはそれでその気になればアホだというところでしょう。日本人の人間付き合いには落とし穴が多いと思いますね。

自分の目の前にいる誰かを最上の人として恐縮してみせ、敬語を使い、一生懸命もてなそうとする・・・ 一見よさそうにみえる行為ですが、人によっては親しみのない行為とも、慇懃無礼ともとられたりしますからその運用には難しいところがあります。

恐縮とは違いますが、なにかで世話になったことについていつまでもお礼を言っているのは日本人ですね。恩を忘れないという姿勢はいいのですが、それを形式的に言っているのは日本以外の場所ではかなり異常に映ります。パーティの翌日、日本人なら必ず「夕べは大変お世話になりました。ありがとうございました」と言いますよね。この習慣は多分日本人だけでしょう。

パーティのお礼なら別れの時にちゃんと表明しているはずなんです。だから、日本人以外の人の場合、過去に遡ってお礼を言うというのは滅多にみない行為です。日本人同士でもよくありますが、挨拶代わりに「いつぞやは大変お世話になりました」なんてやられると、なんのことだか思い出せずに、「いや、どもども」なんて誤魔化していることがありますね。後で考えてもちっとも思い出せないとかあるでしょ。

日本人には恐縮していると相手への敬意になり、相手がいかにも世界で一番大事というような錯覚を与えることで社交を尽くしているようです。権威の前には逆らわず、安穏な時を過ごしたいというのが庶民の願いなのでしょう。保守的な面もありますが、かつて王様を殺してしまったフランス人にはこういう点は欠片もみられません。

赤面というのは自意識のなせる業ですから、自分をよく見せたいという願望からの緊張なのでしょう。イラン人であがってしまう人がいた話を聞いたときは意外でした。日本人以外にもいたのですね。楽器の演奏ではこの人前での緊張というのが大敵です。私はギターを演奏しますが、人前で緊張すると指が言うことを利いてくれなくなります。この問題の解消法はひたすら人前で演奏して自分自身を慣らすしかないですね。

話が戻りますが、バンコクにいたときに一流ホテルに対する私の「ものおじ」は消えました。同伴していたタイ人の若い女性はそんなこと一切おかまいなしに堂々としたものでした。この時に自分の頭の中にあった「ものおじ」の無意味さを理解させられたのでした。
[PR]

by elderman | 2005-09-05 00:08 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(15)
Commented by dada at 2005-09-05 07:12 x
>日本人の人間付き合いには落とし穴が多いと思いますね。
はい。dadaは、よく落とし穴にはまります。なんでこんなことに落とし穴つくるんだ!!と、作った方を尊敬。はまったdadaは、お馬鹿(^^ゞ 
Commented by elderman at 2005-09-05 09:58
dadaさん、おはようございます。^^
どこの世界でもそうですが、社交辞令の部分はその気になるといけませんね。(笑)
イランの社交辞令は日本よりすごいですよ。「あなたの代わりに死にましょう」とかね。「では、お願いします」とは言えないでしょ。(笑)
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-05 12:46 x
今回も、面白かったです。何かをしてもらって、相手に”恐縮です”っていう場面がよくありますが、字からして、ちょっと微妙なずれがあるかもしれませんね。ありがとうございます、で置き換えられるところをわざわざ恐縮です、って付けたりするとか・・・。なるほど~と思いました。カジュアルな場合は滅多にぶつからないのですが、配偶者の仕事関係などだと、私も”恐縮”の輪の中にいましたね。 赤面についてですが、幼い頃にはなんでもなかったのに、小学3,4年以上になって、私も人前であがる・緊張するという体験をしました。これも、暗黙のうちに周囲の社会ルールが影響していたのでしょうかね?! >>権威の前には逆らわず>> ありますね~ 日本人には特に この傾向が強いかも・・・。 他の民族にも 王様とか地主とかいたはずなのに、どうしたんだろう、日本人・・・???
Commented by elderman at 2005-09-05 13:01
宇宙和里さん、ありがとうございます。^^
恐縮って普通に考えると妙な態度ですね。おっしゃるように恐縮しないで感謝すれば済むことが多いんじゃないかな。階級性の名残とい意味で日本が特殊ということではなく、恐縮して見せる習慣が特殊だという意味のつもりです。
イランは長い間王政でしたが、その後のイスラム革命のせいか国民性のせいか恐縮という態度はほとんど見られません。みんな対等というような感じなので好ましく思われることもあります。
赤面の方は少しでもよく見せようという下心があるからでしょう、あるがままでいいと割り切れば緊張も意味がないってことですね。失敗するのが常ならそれもまた自然ということで。(笑)
Commented by えいじ♪ at 2005-09-05 13:15 x
一流のホテルでものおじするっていうの、わかりますね。日本人は貧乏な時代が長かったためか、超高級な絨毯はかえって針のむしろになることがあるみたいw 国内でも「そこそこ豪華」でなくていけない。だからやっぱり国産車は「クラウン」あたりが限度一杯なんでしょう。それが美徳なのかどうかは分かりませんが、あの車を見ているとそんな風に感じる。
Commented by elderman at 2005-09-05 13:26
えいじ殿、(この呼び名だけは変えられないな。笑)
分相応って意味を考えると嫌な感じがしますが、質素で謙虚ってやっぱり美徳じゃないかな。「足るを知る」これがいいですよ。^^
Commented by japonikk-la at 2005-09-05 14:11
私もビバリーヒルズのロデオドライブのお店なんて引いてしまってとても入れません、一人では。恐縮という態度はイラン人から感じられないけれどもイラン人も人間だから赤面もすれば緊張もしますよ。夫はかわいいところがあって、だれかが卑猥なジョークをいうと赤面します。それから、彼はひどくはないけれども、どもりがあって、これは緊張からくるのかなと私は思うんだけれども。そして、パーティーとかお世話になると必ず、帰って来てからとか翌日電話してまた、お礼を言いますよ。
Commented by fairysilva at 2005-09-05 16:33
先ほどはコメントありがとうございます。
どこの国にも同じ植物が咲いていて嬉しいですね~

TBですが、まず相手方のTBをクリックしアドレスをコピーします。
次に自分のTBしたいページを開き編集をクリックします。
編集ページが出たら下の方にあるトラックバックURLのところに先ほどコピーしたものを貼り付け送信します。
パソコンのベテランに申し上げるのはおこがましいのですが・・・
Commented by elderman at 2005-09-05 17:01
fairysilvaさん、どうもありがとうございます。^^
これは大変親切なご教示です。助かります。普段あんまりやっていないので今日まできてしまいました。(汗)
Commented by elderman at 2005-09-05 17:03
japonikk-laさん、どうも。^^
それは日本人のような旦那様ですね。^^ イラン人には多くのアジア人の感性があることも事実ですが、お話の内容はちょっと意外でした。^^
Commented by あいあい at 2005-09-05 22:45 x
赤面について・・・入社の手続きの仕事に携わっていたとき、手続きにきたアメリカ人とオーストラリア人の社員が赤面したときには、少々驚きました。よく考えたら、彼らだって緊張もするし赤面もしますよね。
でも「私の英語の発音が悪くて、何か恥ずかしいことを言ってるのかも?」なんて悩んだりして。・・・やだ。本当にそうだったらどうしよう。
Commented by あいあい at 2005-09-05 22:49 x
上のコメント、アメリカ人社員とオーストラリア人社員は、二人一緒にきたのではなくて、全く別の時期にきたんですよ。
なんだか、私の方がトンチンカンなことをしたような気がして、言い訳がましくいコメントを書いてしまいました(笑)
Commented by elderman at 2005-09-05 23:32
あいあいさん、なんだかおかしいですね。^^
赤面されてこちらがまた恥ずかしいなんて・・・(笑) ひょっとしてあいあいさんの前で緊張したんじゃないですか、男性だとあり得ますけどね。^^
Commented by japonikk-la at 2005-09-06 00:05
トラックバックのやり方私もちょっと悩んでいたので参考になりました。
Commented by elderman at 2005-09-06 00:21
japonikk-laさん、こんにちは。^^
こちらのブログで紹介(クリックで飛ぶ)まではいいのですが、相手方に知らせるということがコメント以外でできないので、まだ完全とは言えません。(汗)


<< ルーマニアの花(50)ペチュニア      ルーマニアの花(49)オオバギボウシ >>