えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 04日

たまには仕事のことでも

私は大気汚染の専門家として国際協力の分野で働いています。落下傘部隊のように単身で発展途上国の政府の中に入っていって技術移転をすることを業務としています。12年間この仕事をしているので、今では日本人プロジェクトチームの中で仕事をすることには多少苦手意識を持っています。幸か不幸かそういう経験はほとんどありませんけどね。(例外的に国際機関での仕事はありました。)

私には、どちらかというとどっぷりとその国に入り、その国の人たちと一緒に仕事をして行くことが合っているようです。私の技術移転の方法は、現地に派遣されてから試行錯誤ということもありますが、どうしたら一番効率がよく、成果が上がるかというのが一番の関心事ということになります。

どこの国でもそうですが、良好な人間関係が築けないと仕事は上手く進みません。ラテンの国々だけでなく、イランもそうです。アミーゴ(友人)の世界を構築して行かないと吹けど踊らずという状況になってしまいます。

イランはどういう訳か、私の性格に合っているのかも知れません。イラン人は個人主義の性格が強いですが、個人個人にはかなりの能力があります。役所ですからいい加減な仕事ということはあるでしょうが、人間関係で縛りがあるとさぼったりはしないものです。能力が高いという自負心が強いので、こういう部分は多いに利用できます。持ち上げてどんどんやってもらうことにしています。^^

私はテヘラン州局で3年間にわたり技術移転を進めて来ました。幸い相手方の人材に恵まれ、一般的には困難な相手と言われるイラン人ですが、なんとかスムーズに技術移転ができました。テヘラン州局で一緒に仕事をした人たちはみんな親友のような間柄です。

今は本庁に移り、テヘラン州での実績から本庁及び全国の各州を対象に業務を拡大しております。大統領が新しくなって今は人事異動の最中ですが、こんな時にどういう訳か突然大きなオフィスが提供されました。6人の技術者を放り出して部屋を空けてくれたのだから驚いたものです。

現在、4人でその部屋を使用しておりますが、もともと応接セットがあったくらいですから十分な広さがあります。今日までに「大気汚染情報センター」としての機能を整え、なんとか業務開始の準備が整いました。上手く機能すれば、本庁の中でもっとも役に立つセンターとして機能できると思っています。

これまでの根拠もなく、明確な資料もなく、ただ話しだけで済ませるイラン人政府高官の対応ではもはや済まされないと考えています。新しいセンターがどこまで定着できるかはこれからの仕事次第です。とりあえず、イラン全土の大気汚染情報は収集し、どうやってそれを提供し、さらにはもっと進んだ行政施策を提案するか、もっと踏み込んだ業務へと発展させたいと考えています。

私以外は全員女性なので、多少賑やかなのが気になりますが、静かで無関心というよりはいいでしょう。とりあえず、みんなやる気になっています。私は無理をせず、少しずつ実績を積み重ねて行こうと思っています。

やるべきことはいっぱいあるのですが、最初から大きなビジョンを示し、そのための業務を示しちゃうとうんざりされても困るので、少しずつ小出しで参ります。できることから少しずつ、欲張らずにやって行くことにします。利益追求の民間事業ではありませんから、精神衛生上余裕があるものです。できれば楽しく仕事をやりながら、役に立つ仕事をしたいものです。

本庁内部の話はともかく、私の仕事のターゲットはむしろ地方の州の技術の底上げなので、こちらへも今後どんどんアプローチして参ります。イランで気を吐いている専門家と言われるくらい頑張りましょう。^^
e0031500_16381546.jpg

e0031500_16393440.jpg

人気blogランキング 面白いと思われたら是非クリックをお願いします。m(_ _)m
[PR]

by elderman | 2005-09-04 16:39 | 日々の雑感 | Comments(14)
Commented by あさや at 2005-09-04 22:00 x
やっほ~☆あさやデス♪
お久ししてました(・ω・;A)アセアセ…

えるだまさんって、なんだか凄い仕事をしてるんだね(汗)

あさやの知り合いの友達(かなり遠い(笑))に、国連で働いている人がいたけど、その人の存在を知った時よりもビックリした。

なんだか、カッコいいねぇい( *´д)(д`* )ネー
これからも仕事頑張って下さい♪
Commented by たま子 at 2005-09-04 22:14 x
今晩は。 こちらはただ今雷雨です。
とーっても素敵なオフィスですね。一人1台パソコンがあって、日本と変わらないですね。 明日から、求職活動に入るのですが、えるだまさんにやとっていただこうかしら、、、、。
Commented by elderman at 2005-09-04 22:30
あさやさん、こんばんは。^^
短編が出来上がってすっきりですね。^^ 
私のやっていることは所詮個人ベースですから、できることは知れています。それでも、少しずつ技術移転活動を進めて参ります。^^
Commented by elderman at 2005-09-04 22:32
たま子さん、こんばんは。^^
政府の本庁ですからPCは一人一台はありますね。もちろんLANでインターネットにも接続してあります。素敵なオフィスに見えますか、写真だとアラが出なくていいかもね。^^
どうぞ、イランにおいでください、1週間で帰りたくなると思います。(笑)
Commented by 猫姫 at 2005-09-04 23:37 x
両手両足に花??
いつもこんな大画面で、インターネットしてるの?
Commented by elderman at 2005-09-04 23:40
猫姫さん、こんばんは。^^
まぁ、髭もじゃのむくつけき男性よりはいいですけどね。^^
このプラズマ・ディスプレイは表示用でインターネットにもつながっていませんよ。^^ 目玉が疲れちゃうでしょ。(笑)
Commented by dada at 2005-09-05 07:17 x
>私以外は全員女性なので・・
 向上心のある女性なのですね。。。またしっかりしたオフィスですね。dadaも、頭に布巻いて仕事しようかな。。。まだクーラー効いているし・・。まき方教えてください。m(__)m モデル=えるだま さんで。。。
Commented by elderman at 2005-09-05 10:01
dadaさん、どうも。^^
役所のオフィスで女性たちが頭に被っているものは、ヘジャブと呼ばれるもので布に穴があいているものです。ですから、被るのは簡単です。
でも、実際問題、夏は暑そうで本当に気の毒です。(苦笑)
Commented by 宇宙和里 at 2005-09-05 13:13 x
こんにちわ~。 いかに効率よく& 人間関係を円滑に、、どこも同じように大変ですよね。イランには「館内(社内)融和」なんていう言葉あるのかな?でも、女性達はきっと賢いでしょうから、ボスを見習いうまくやっているんでしょうね。 地域の底上げ、これは、ホントに難しいと思います。日常の物事に関しての考え方でさえ、中央(都会?)と地方とかって違いがありますよね? そのいろんな地域を相手に底上げっていうのは・・・。 ご健闘をお祈り申し上げます^^。 (でも、地域・地方を知ってこそ、その国も解る、って私は思います。)よいお仕事ですね^^。
Commented by elderman at 2005-09-05 13:23
宇宙和里さん、どうも。^^
イランですよ、融和や調和なんて家族、親戚、友人関係以外にはまったくないですね。(笑) それぞれが個性豊かにやっております。だから、一層アミーゴの関係を持たないと大変だということになります。(苦笑)
女性も活発に自己主張はしますが、男性に比べれば少し我慢しているようです。
地方はやはりのどかだし、純朴な人々の性格に接することができます。テヘランが人口1000万以上の巨大都市ですが、他の地方都市はどこも200万人もないです。タブリーズ、エスファハンを除くと残りは30万人以下でしょう。
Commented by japonikk-la at 2005-09-05 13:51
素晴らしいお仕事ですね。テヘランの大気汚染は本当にひどいというのを聞いているので、えるだまさんがそういう関係のお仕事に携わってイランの改善に力を添えて下さっている事、本当にありがとうございます。
Commented by elderman at 2005-09-05 16:58
japonikk-laさん、こんばんは。^^
ありがとうございます。微力ながら少しずつ努力しております。
お陰さまで少しずつ改善が見えてきたことは喜ばしいことです。今日も比較的空気は澄んでいます。^^
Commented by kaze at 2005-09-05 22:37 x
うらやましい環境ですね。
イランの方に喜ばれて、
美女に囲まれて、
日本に帰りたくない気持ちになりますね。
あれ?そんなこと無いですか。
Commented by elderman at 2005-09-05 23:29
kazeさん、そんなぁ。(笑)
日本には帰りたいですよ。今回のさらに1年の任期延長についてはずい分悩んだものです。でも、需要がある限り、専門家としては技術移転をすることを止める訳にはいかないようで、本望というか、仕事本位ですね。(苦笑)


<< ルーマニアの花(49)オオバギボウシ      ルーマニアの花(48)ヤマラッ... >>