えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 03日

日本人の特殊性(5):威張る

単に威張っている人というのはどこの国でもみかけるものです。面白いことにそこに共通しているのは、最高地位の人たちではないということ。つまり組織の中で中間的な地位の人たちにみかけることが多いということです。国の出先機関の長などで妙に威張っている人が典型的な存在かも知れません。

私は「威張る」という行為は、劣等感の表れだと思っています。劣等感のない人は決して威張らないし、劣等感の裏返しとして威張るという行為が表れているのでしょう。国の出先機関の長の場合は、多分本庁の人事に不満があるのだろうし、組織の中の中間管理職の人も部下に対してそのような態度をとる人もいます。

人間というのは長い間部下に阿られていると次第にその気になってくるもので、それが態度に出てくるようになると問題だと思います。確かに組織の中ではその地位から敬意を払われてしかるべきでしょうが、その気になり過ぎて自身の所属する組織以外の人々の前でも威張っているようになると問題でもあり、滑稽にもみえます。

組織を離れた人間対人間の場合、尊敬や敬意というものは自然に現れてくるべき性質のものかと思っています。もちろん年長者に対する敬意をないがしろにするものではありませんが、年長というだけで敬意を払われてもあまりいい気分ではないでしょう。長く生きていればそれだけ経験も多いし、思慮もあるでしょう。接していればそういうものが滲みでてくるものです。

さて一般論はさておいて、日本人の特殊性がテーマのこのシリーズです。10年近く前になりますが、バンコクのレストランでウエイターに威張り散らしている日本人を見かけました。そのウエイターは私の友人であるタイ人で25歳くらいなのですが、彼はサービスの点で失敗するような人間ではありません。どうしたのかと思って耳を澄ませて聞いていると、その日本人、日本が経済大国であるということで威張っているのです。東南アジアの国々が貧しくて、文化水準も劣っているということをあからさまにウエイターにぶつけていたのです。日本が経済大国なのは事実としてもその日本人とどういう関係があるのでしょうね。その日本人が今日の日本の繁栄をもたらしたなら私も感謝しないといけませんがね。

やがてその日本人から解放されたウエイターが私のところにやって来ましたが、変な日本人に妙な言いがかりをつけられて気の毒だと言ったら、彼はあまり気にしてないようでした。多くの好感の持てる日本人とも接することもあれば、今回のような妙な日本人に遭遇することもあるのでしょう。日本人は何国人ということで一緒にまとめて考える傾向が強いのですが、東南アジアの人々は日本人として特別な固定観念を持つようなことはしていません。国は国、個人は個人という意識で接してくれます。冗談として国民性を極端に表現することはとても面白いのですが、それを本気にするようでは困ったものです。

威張り散らしていた日本人は滑稽過ぎましたが、その思考の背景にあるものは結構一般の日本人にも少なかれあるものだと思います。人となりをみるよりも、その人の所属組織で評価してしまうということです。集団の中で常に均一性を求められる日本人だからこの発想を持ちやすいのだと思います。

経済大国日本の恩恵を被っているとしたらそれは単に日本に生まれたからの幸運でしかないのでしょうか。もしもタイに生まれたら同じ生活水準が維持できたでしょうか。タイ人の中で同じような社会的、経済的地位にとどまると考える方が妥当だと思います。たまたま生まれた国の国力を背景に貧しい国々の人を見下すというのはどう考えてもおかしなことだと思います。

アジアの国々は歴史が長いので、その目では日本の今日の繁栄は成金的にしかみていないということも事実です。成金で威張っているような日本人としてはみられたくないですね。
[PR]

by elderman | 2005-09-03 11:43 | えるだま雑記【案内画面】 | Comments(12)
Commented by あいあい at 2005-09-03 14:17 x
えるだまさん、こんにちは。
「威張る」という行為は、劣等感の現れ・・・同感です。今のボスが発する威圧感が怖かったのですが、近くに来てみて彼から「孤独」や「コンプレックス」のようなものも感じるようになりました。もちろんビジネスでは、ある程度の武装も必要でしょうが、彼自身もやはり緊張しているようです。
最近、縁あって出会う人はみんな人生の先生だと思うようにしています。とはいっても、気持ちが乱れることもあるし、試練もあるでしょうが、何が学べるかと思うと楽しみでもあります。
Commented by elderman at 2005-09-03 14:36
あいあいさん、こんにちは。^^
上手くやっていけそうですか。武装が空威張りでは悲しいものがありますね。(苦笑)
あいあいさんの優しさでカバーしてあげてくださいな。余裕がないとできないかな。
反面教師というのもあるけど、まだまだ長所を発見する楽しみがあるでしょう。^^
Commented by dada at 2005-09-03 15:16 x
たぶん、カルシウムが足りない・・・。
Commented by elderman at 2005-09-03 15:35
dadaさん、こんにちは。^^
魚をたくさん食べる日本国民なんですけどねぇ・・・ 骨まで食べないといけないのかもね。(笑)
Commented by go_to_rumania at 2005-09-03 16:14
なるほど~。
>国は国、個人は個人という意識で接してくれます
こういう寛大さ、見習わないとですよね。(Espルーマニア人も;;!?)
Commented by elderman at 2005-09-03 16:47
go_to_rumaniaさん、こんにちは。^^
ルーマニア特集は終わってしまいましたが、これからもよろしくお願いいたします。また、何か思い出したら記事をアップするかも知れません。
日本人とはとステレオタイプで見られたら辛いですから、逆に外国人に対しても個人個人として接して行きたいものです。
実際問題、イラン人は多様ですよ。信心深い人もいればそうでない人もいるし、自己中心の人もいれば謙虚な人もいます。^^
Commented by mooksM at 2005-09-03 20:32
うむ、嫌な奴ほど、良いところを見つける、これぞ秘訣ですぞ、サラリーマン(ウーマン)
Commented by elderman at 2005-09-03 20:42
mooksMさん、そうですね。^^
ついでに弱みも握っちゃいましょ。(笑)
Commented by japonikk-la at 2005-09-04 00:13
そうですか? アジア人達はステレオタイプで外国人を判断しないんですね。すごいですね。
ところで、これはパワーハングリーの典型ですね。特に今までは虐げられたりした人達がなんかの地位を与えられるとこういう態度にでるんですよね。ステレオタイプになっちゃうけどこっちの黒人に多いです。すごい横柄で気分悪いですよ。あと、いつも会社で上司に怒られてばかりいるから、家に帰って奥さんに威張るっていうのもある。これはただ単に、ストレス発散ですかね?
Commented by elderman at 2005-09-04 00:21
japonikk-laさん、こんにちは。^^
アジア人・・・ 東南アジア人です。東アジア人はちょっと違うような・・・
特にマレー系の人たちは根に持たないって感じです。熱帯の国だからそうなるのかなぁ・・・ でも、ありがたいことです。マレイシアでは老人から日本語で話しかけられたことがありますが、戦争中の日本語教育のせいなんですね。なんだか申し訳ないような、奇妙な気分になりました。
Commented by Sasha at 2005-09-04 03:47 x
日本人だから威張る?のか不明ですが、似たような事例はよくあります。本当のトップの人は威張らず、その中間が威張るって。なんで威張るんでしょう。よく分からない。
私転職してその職場では新人なんですね。で、必然的に電話を一番先に取るのが役目なんですが、電話を掛けてきたひとが自分が誰か名乗らずにいきなり、誰々さんと指名してきます。でも、誰からの電話か不明なまま取り次げないので、「どちらさまですか?」と聞いたら、その人「○○(←会社名)さんですよね?」との回答。その人は「俺の声が分からないのか!○○なのに」って言ってるわけです。新入社員で、初めてその人からの電話を受け取って、どうやって声でその人がどこの誰だか判断出来るんでしょう。奢っていると言うか、電話をかけたら、聞かれる前に自分からどこの誰だか名乗るのは電話を掛けた際の最低のマナーだと思うんですけど、私がおかしいのでしょうかねぇ。でも誰なのか名乗る人はきちんと仕事の出来る人に多いです。ってことはきっとその人は威張りたいだけの入人なのかもしれません。
Commented by elderman at 2005-09-04 08:44
Sashaさん、こんばんは。^^
電話で名乗らない人というのは照れ屋さんなのかも知れませんね。それはそうとしても、「俺だが、○○はいるかな?」なんて口調だと日本だったら、早速覚える対象にしないと後が大変そう・・・ 電話での対応は恐いですよね。
イランでの間違い電話で多いのが自分で名乗らずにこちらの名前を聞いてくるタイプです。間違い電話ですと言っているのに3回も掛けて来られるとさすがに頭に来ます。イラン人の対応をみていると間違い電話を掛けられても丁寧に応じているのにはびっくりしますけどね。
イラン人が日本人の電話出方を真似していました。「もしもし、○○ですけど・・・」ですって。(笑)


<< ルーマニアの花(46)アレチヌ...      スペインの花・・・シクンシ >>