2007年 12月 27日

小さな日曜大工

我が家の一階の勝手口には半畳ほどの小さな土間があります。昔ガスで風呂を沸かしていたのでそこにバーナーがあったからなのです。今でもガスを使っていますが、給湯関係は家の外にあるボイラーを使っています。

そういう訳で、その小さな土間の部分を使えるスペースにしようと通常の床の高さにすることにしました。そうすれば、そこが収納スペースにできます。勝手口は床を作った後でも使えますが、実際上使用することはないので、開かずの扉になると思います。床の下は収納スペースに使えるし、部屋は広くなるし、一石二鳥のアイデアでした。

床ですから人間が乗ります。つまり簡単な作りではすまないですね。まさに大工仕事ということになります。小さな工事なので、割高な木材をDIYで買って来ました。総額7千円程度ですからそれほどの負担ではありません。

今回の作業には助手がつきました。次男の嫁です。手が4本あるといろいろ便利なものです。普段は自分だけでやっているので、いろいろな工夫が必要ですが、助手がいると楽なものです。あっと言う間に出来上がりました。^^

次男夫婦の新しい生活空間はまだまだ仕上がっていません。以前からあったものの処分、新しい収納スペースの確保、長男の残してある不要な品々の整理・処分、年内には終わりそうもありません。(汗)
[PR]

by elderman | 2007-12-27 11:20 | 日々の雑感


<< またやられた      言葉シリーズ(21)ジャージ >>