えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 21日

遥かなる遺産 あとがき

全体が妄想のような話でしたが、念のため事実のところを強調しておきたいと思います。

文献を総合してまとめると、

ミトラ教は、アーリア人がミトラを神とした宗教で、イラン北西部にいたイラン・アーリア人のミトラ信仰が元になって、ミトラ教が作られた。その後、分派として拝火教が作られた。

拝火教では、善の神アフラ・マズダと悪の神アーリマンが絶え間なく戦い、最後に悪は敗北し、世界は終末を迎え、人は最後の審判を経て救済されるという。

ユダヤ人は拝火教から終末論を採用し、ユダヤ教を作り上げた。それがキリスト教にも受け継がれている。

一方、インド・アーリア人は、ミトラ信仰を元に、土着の信仰を取り込んでバラモン教を作り、そこからさらにヒンドゥー教や仏教が作られた。仏教の「弥勒」の起源もミトラといわれる。

ユダヤ教とキリスト教、それにイスラム教が同じ起源をもつことは周知のことであるが、ミトラ教まで遡ると、ヒンドゥー教や仏教まで同じ起源といえる。

となります。

イラン北西部で生まれたミトラ信仰が、今世界にある有力な宗教の起源になったようです。仏像やイエス・キリストや聖母マリア、その他聖人たちの頭の上にある光の輪は共通したもののように見えます。オーラだったら全身から出ていてもいいように思いますが、なぜか頭の上だけのようです。

拝火教は、ゾロアスター教とも言いますが、善と悪との戦いという考えは、現在世界中で起きていることをみると、今でも成立しているように思えます。3,000年前のイラン人が作り出した信仰だとすると、全世界に影響を与えたことになりますから、素晴らしい天才がいたのでしょうか。あるいは今回のお話のように宇宙人によってもたらされたものなのでしょうか。

善と悪、両者を仲介して健全な進歩をもたらす可能性のある、ズルワーンという神の知恵、それを私たちが見つけ出さないと人類は破滅の方向に進んでしまうかも知れません。



最後にもう一つ。先日ルーブル美術館の番組をみていたところ、サモトラケのニケという有名な像が映し出されていました。スポーツ用品などで有名な「ナイキ」がこの「ニケ」から来ていることをご存知な方もいらっしゃることでしょう。

サモトラケのニケは紀元前2世紀頃の作品だそうで、勝利の女神ニケの彫像だといわれています。ギリシャ神話がミトラ教の影響を受けていたことを考えると、この優美でダイナミックな姿を持ち、翼を広げた女神像は、ミトラ像かも知れないと思いました。
[PR]

by elderman | 2007-12-21 04:29 | Comments(6)
Commented by MAKIAND at 2007-12-21 12:03
私の想像は本題から離れてSFへと向かっていました。
終わったのですね。とっても勉強になりました。
Commented by 安房守 at 2007-12-21 12:32 x
新聞小説のように毎日楽しんでいました。
私のイラン勤務が終わるころ若いイラン人夫妻が私たちを食事に招待してくれました。
2人ともイランでは今となっては少数派のゾロアスター教徒でした。
独学ながらきれいな英語を話す理知的で洗練された本当に気持ちのいい人たちでした。
そんな遠い記憶をたどったり、ミトラを介して宗教のマクロな鳥瞰図について考えたりして楽しませていただきました。
Commented by はしばみセーラ at 2007-12-21 14:14 x
長い連載お疲れ様でした。
中東を舞台に、宗教と歴史的なものに、科学的な思考を織り交ぜたスケールの大きなお話を楽しませていただきました。
確かに今の世の中、人類を滅亡に導く脅威に取り巻かれて暮らしていますが、それを防ぐ知恵というのも、実は人の中に組み込まれているのではないかしら?願いとか、祈りのなかに、そのスイッチがあるのではと思います。
考える機会をありがとうございました。
Commented by えるだま at 2007-12-21 14:25 x
MAKIANDさん、こんにちは。^^
長い連載、お付き合いありがとうございました。
遥かなる遺産・・・というのは、遠い未来から来た遺産という意味でした。^^
Commented by えるだま at 2007-12-21 14:27 x
安房守さん、こんにちは。^^
なんと!毎日読んでくださっていたとは全然知りませんでした。
ありがとうございます。イランという国、いろいろとインスピレーションを与えてくれるようです。
Commented by えるだま at 2007-12-21 14:29 x
はしばみセーラさん、こんにちは。^^
長い小説にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
自然科学優勢の現代ですが、精神科学についても進歩させないとおかしな世の中になっていくような気がします。変な宗教に依存するのではなく、個人個人の覚醒した自覚というものが必要な気がします。


<< 我が家の遅い南天の実      遥かなる遺産 Part6(13) >>