えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 12日

遥かなる遺産 Part6(4)

平山は車の中で考えていた。岡野も同じグループに拉致されたのだろう。チャガタイのグループに違いない。あのグループにもっと仲間がいたとは思わなかった。アツーサのミトラの力を防ぐために同じサングラスをしているのが、何よりの証拠である。そして、アツーサは何もできないでいる。

しかし、三人を拉致してどうするのだろうか?ミニ・シャトル狙いなら、カスピ海方面に行くはずだが、車はどんどん西に向かっている。殺すなら、こんなところまで来なくてもいいようなものだが・・・

アツーサが言った「さっきの二人、特にナスリンの方ですけど、ちょっと臭います」というのがミトラの分身を意味しているとしたら・・・ 一体目的は何なんだ?

車が止まった頃には、周囲はすっかり暗くなっていた。平山とアツーサは車から降ろされた。平山は、いよいよこれまでかと思った。アツーサは無言のままである。

男たちの一人は、車のヘッドライトを当てたところの草をどかしてる。小さな扉が出て来た。まるでエレベータのような扉である。エレベータの押しボタンまでがある。

扉が開くと、4人は中に入った。こんなところにエレベータがあるとはいえ、周囲には何もないようなところであった。エレベータは下降を始めた。地下に行くようである。

エレベータでは距離感が分からないが、どうやら3階分くらい下降したようである。エレベータの扉が開くと、そこは洞窟の中だった。薄暗いが電灯による照明が付けられている。洞窟と言っても、単なる穴ではなく、どうやら鍾乳洞らしい。

平山とアツーサは命令されるままに歩いた。通路にはところどころ水が溜まっている。洞窟はかなり長く、先には大きな空洞があるようだ。地下水が溜まっている部分が見えた。全体は暗くて見えないが、大きな水溜りのようである。平山が思い出したのは、地底湖であった。ケルマンシャー州やハマダン州には地底湖があることを旅行のガイドブックで見たことがあった。

平山とアツーサは、鉄格子のある洞穴に入れられた。鉄格子の出入り口に鍵をかけると二人の男は立ち去った。

「アツーサ、大丈夫?」
「はい、なんとか・・・」
「殺されるのかと思ったけど、そうでもないみたい」
「そうですね。でも、どうして監禁するのでしょうね?」
「私たちに動かれては困るということか・・・」
「では、ミスター・岡野の失踪と関係があるのですね?」
「そうだろうなぁ」
「では、ミスター・岡野もここにいるということでしょうか?」
「その可能性はあるだろうな」
「では、どうして一緒にしないのでしょう?」

(つづく)

(注)こちらはフィクションですから人名など実在するものとは一切関係ありません。
[PR]

by elderman | 2007-12-12 03:54 | Comments(2)
Commented by MAKIAND at 2007-12-12 20:20
わ。今度はサスペンスドラマになってきましたね。わくわく。
Commented by えるだま at 2007-12-13 04:07 x
MAKIANDさん、どうも。^^
この長い小説もボチボチ最終段階に突入です。
どうなるのでしょうか、お楽しみにね。^^


<< 遥かなる遺産 Part6(5)      実際問題、大変なんです >>