えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 06日

白いベニカノコソウ

ベニカノコソウ(紅鹿子草)だと思うのですが、白花ですから変な感じです。
オミナエシ科ベニカノコソウ属で、赤、桃、白という花色があります。学名は、”Centranthus ruber”といいます。
e0031500_2355539.jpg

(参考)ベニカノコソウ
e0031500_23573256.jpg

[PR]

by elderman | 2007-11-06 00:05 | 花と樹木(温帯) | Comments(8)
Commented by MAKIAND at 2007-11-06 11:48
白いのに紅なのですね。
ヤマブキの花にも白があるのですが、やはりシロヤマブキと呼ぶんです。でもヤマブキとは違うようなんです。
名前のつけかたって、どうなってるんでしょう?
Commented by えるだま at 2007-11-06 12:33 x
MAKIANDさん、こんにちは。^^
はい、カノコソウという植物もあって、花の色は白いのですが、違う種類です。
紅カノコソウと命名したら、白い花もあったということでしょうかね。^^
Commented by ショコポチ at 2007-11-06 13:20 x
「スベスベケブカガニ」みたいですね。先に見つかった種類(体の節が7つある仲間)が、毛深かったために「ケブカガニ」と命名したら、毛がないのも見つかった、という話をどこかで聞きました。生物の分類って、大変ですよねえ(^o^)
でも、白もピンクも、かわいい花ですね。
Commented by えるだま at 2007-11-06 16:25 x
ショコポチさん、わはは。(笑)
それは面白いですねぇ。
ケブカハゲ・・・ って人間にいそう。あ、差別用語なのかな。(苦笑)
Commented by めだか at 2007-11-06 20:47 x
う~む 命名方って 笑えてしまいますね。ギャグの連発じゃないですか。まるで 大阪人の会話みたいです。
 紅鹿の子草 時々見かけますよ。 欲しいなと思いながら 育てていない花の 一つです。
Commented by えるだま at 2007-11-06 21:52 x
めだかさん、こんばんは。^^
そうですね、不思議な名前ですね。
このベニカノコソウ、初めて見たときに何科の植物かすら分かりませんでした。オミナエシ科だったとは・・・ 意外なことばかりです。^^
Commented by mintogreen at 2007-11-06 23:45
えるだまさん、こんばんは。
わはははは~~~♪
えるだまさんのレスに、声を出して笑ってしまいました。^^
私の近くにいるんですよ~。実は。^^

こんな可愛い花から、こんなコメントに発展するなんて、命名者は、知る事も無いんですもんね~。


Commented by えるだま at 2007-11-06 23:59 x
mintogreenさん、こんばんは。^^
わはは、不謹慎でしたね。すんまそん。^^;
ツルツルケブカハゲ・・・ (笑)
花とはまったく関係のない話です。


<< 遥かなる遺産 Part3(15)      遥かなる遺産 Part3(14) >>