えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 04日

タヌキとタヌキの化かし合い(続編)

どうも謀略臭い大連立の話でしたが、小沢代表の傷は予想以上に大きいようです。今、代表辞任の記者会見があったところです。

大連立の提案を受け、どっちに転んでも非難されるという難しい立場になった小沢代表ですが、その場で拒否しないで持ち帰ったということでかなり非難を受けてしまいました。

大連立というのは、民主党が自民党に吸収されるという話ではないのですが、どうも日本人には大政翼賛会という悪いイメージがトラウマになっているようです。万年野党のスタンスに慣れている共産党、社民党の批判は政策参加という意味では、ほとんど意味がないでしょう。批判する政党としてその存在価値を発揮してもらえばいいのですからね。

二大政党というなら、民主党にも担当能力があるという実績を示さないといけないというジレンマがあると思います。実際問題、いつ衆議院選挙をやっても自民党が過半数割れを起こすまでにはならないというのがもっともらしい予測ではないでしょうか。

社民党のように自民党がやることはすべて悪というような意見を持つ野党と共闘するというのは難しいと思うし、参議院選挙の結果で野党の意見が生かせるようになったというところで満足しているようでは、政権担当能力を疑われてもしかたがないでしょう。

そもそも、民主党というのは、自民党に近い議員、社民党に近い議員が集まっているので、このままの状態ではいつまでもまとめることは難しいような気がします。

今回、自民党の苦境の中、誰が仕組んだか、大連立というショッキングな提案で民主党が敵失という姿になってしまったようです。

ここで転んではどうにもならない、と考え、起死回生の手に出るしかないのでしょう。それが小沢さんの代表辞任だと思います。所詮、タヌキですから、辞任が認められないという読みじゃないかなぁ・・・ 大連立の話は終わってないような気がします。
[PR]

by elderman | 2007-11-04 17:32 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< 遥かなる妄想 Part3(13)      セイタカアワダチソウ >>