えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 29日

ジンジャー

ショウガ科のジンジャー、ジンジャー・リリーとも言われます。温帯の植物というより、熱帯の植物という方がいいかも知れません。和名では「ハナシュクシャ」(花縮紗)と呼ばれます。
e0031500_23254742.jpg

[PR]

by elderman | 2007-10-29 00:05 | 花と樹木(温帯) | Comments(6)
Commented by MAKIAND at 2007-10-29 10:29
うちのジンジャーとおなじだと思いますが、こんなに一気に花がが開いてはくれません。
見事に開いていますね。
Commented by えるだま at 2007-10-29 10:44 x
MAKIANDさん、おはようございます。^^
ジンジャーにはそれほどバリエーションはないでしょう。同じくジンジャー・リリーと呼ばれ、もっと花がいっぱい咲くものはありますね。
Commented by めだか at 2007-10-29 23:12 x
沖縄の月桃見たいな感じですね。月桃は我が家の薔薇の 消毒薬になっています。香りがすばらしく爽やかなので 他の消毒薬 使う気になれせん。
 生姜も茗荷も 古い日本の香草ですね。どちらも 好物です。(^-^ )
Commented by えるだま at 2007-10-30 06:37 x
めだかさん、おはようございます。^^
沖縄の月桃ですか、上を向いて咲くからでしょうか。
消毒薬の役割をするなんて優れものですね。
Commented by nmariomama at 2007-10-30 19:19
こんにちは^^
ジンジャーってこんなに綺麗な花が咲くんですね^^
こちらではマラケッシュの庭園で植えられているのを見たことがありますが、いつも葉っぱばかりで花を見たことはありません。
気候的に合わないんですね、きっと。

ヒメツルソバを見たのは日本です^^ 
こちらにはないですね。 今までのところ、見たことありません。
Commented by えるだま at 2007-10-30 21:00 x
nmariomamaさん、こんにちは。^^
ご存知でしょうが、ジンジャーって根を食用にする生姜とは種類が違いますね。庭園にあるのは、花を楽しめるはずでしょう。いつの日か、ということでお楽しみに。^^
ヒメツルソバは、湿潤な日本の気候に合っているのでしょう。


<< 遥かなる遺産 Part3(7)      遥かなる遺産 Part3(6) >>