えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 23日

彼岸花

お彼岸ですから、家内と一緒にお墓参りに行って来ました。お墓の周りには、名前のとおり、彼岸花がいっぱい咲いていました。
e0031500_15501283.jpg

e0031500_15445351.jpg

e0031500_15445958.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-23 15:45 | 花と樹木(温帯) | Comments(8)
Commented by kkagayaki at 2007-09-23 19:22
やっぱりね、えるだまさんが写すと別の種類のお花が見えてくるんです。
強烈な個性の彼岸花がやさしく見えるのも凄いですね。本当にきれい!
Commented by madamkase at 2007-09-23 20:45 x
写真はやっぱりセンスが大きくものをいうと思いますが、実は被写体(ここでは彼岸花)が、カメラを
向けている人のセンスや腕前を瞬時にしてキャッチし、身構えるのだろうと思います。
人間には分からないある種のカンが働くのでしょう。こんな説はいかがですか。
えるだまさんの写された多くの花を見て私はいつもそう思います。というより確信しています。
それほど見事な曼球沙華です、これは。
Commented by kyoko7 at 2007-09-23 21:17 x
こんばんは☆
彼岸花 綺麗ですね。 縁起が悪いなどと 言う人もいますが、
わたしは大好きですよ。花に罪は無いしね。 o(^▽^)oキャハハハ
雄しべでしょうか・・・・繊細な線が好いですね。
Commented by mintogreen at 2007-09-23 23:07
えるだまさん、こんばんは。
お墓参りをすると、気持ちが安らぎますね。
昔の人は、いい事を考えたものです。
ところで、おはぎ召し上がりましたか?え、甘いもの苦手でしたっけ?^^

えるだまさんの彼岸花、正統派の彼岸花。ほんとにやさしい彼岸花だ。
Commented by えるだま at 2007-09-24 00:21 x
kkagayakiさん、こんばんは。^^
ありがとうございます。彼岸花、遠目でも赤い色がきれいですね。
ヒガンバナ科の代表選手ですから、精一杯その美しさを捉えたいと思いました。
Commented by えるだま at 2007-09-24 00:25 x
madamkaseさん、こんばんは。^^
確かに、花の写真の撮影というのは花との対話のようですね。
あなたは美しいよ、だから精一杯の美しさを見せておくれ・・・
そうやって近づいて、うん、いいね、いいね、そうもうちょっと笑顔ね。^^
・・・ってな感じかな。
本当のことを言えば、これは困った被写体だなぁって感じていましたけど・・・ 花だけポコリンってあるんですもの、絵にならないなぁ・・・ってね。(苦笑)
Commented by えるだま at 2007-09-24 00:30 x
kyoko7さん、こんばんは。^^
確かに、花に罪はないですね。誰も来てくれないお墓に花を添えているのかも。
赤い色と雄しべのすっきりした形が魅力的だと思います。
Commented by えるだま at 2007-09-24 00:33 x
mintogreenさん、こんばんは。^^
おはぎですかぁ・・・ 家内が買ってましたけど・・・ 私はお酒飲んじゃったしなぁ・・・ 明日食べてみようかなぁ・・・ たまーに、食べたくなることはあるんですけどねぇ。(苦笑)
彼岸花の赤、これがなかなか上手く撮影できないんですよねぇ。


<< 世界遺産特集(20)クロンボー...      世界遺産特集(19)ロスキレ大... >>