えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 21日

世界遺産特集(17)シギショアラ歴史地区(ルーマニア)

シギショアラはブカレストから北西に約300km、トランシルヴァニアの中心に位置する町で、12世紀にその端を発しているそうです。15-16世紀には繁栄の絶頂期を迎えたそうです。世界遺産としては、古い街並み全体が指定されているようです。

そんな歴史のことはつゆ知らず、休暇を楽しむ私たちはこの町の名物の時計塔に案内されました。ノーテンキな私たちは、また教会に連れてこられたのかとほとんど義務感で車を降りました。こちらでも観光客が多く見られましたが、夏休みの家族旅行か外国人観光客なのでしょう。

この時計塔の歴史は大変古く、14世紀に商工ギルドによる自治都市となったのを記念して建てられたものだということです。17世紀に大火で消失しまったそうですが、その後再建されて現在に至っています。時計塔の時計は、からくり時計で定時になると人形が表に現れるというものです。

トランシルヴァニアに行ったら、時計塔は確かに訪れるべきところでしょう。ところが私の関心を引いたのは、その近くにあった喫茶店です。まるで魔女の家のような演出をしてあるので、嬉しくなって入ってしまいました。そこで白ワインを注文して、じろじろと室内の装飾を見て楽しみました。ホテルも経営しているようなので、こういうところに宿泊するのもいいかなと思ったりもしました。
e0031500_13594168.jpg

e0031500_13594768.jpg
e0031500_7391019.jpg

e0031500_7391659.jpg

(魔女の家・・・喫茶店)
e0031500_7392694.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-21 07:32 | ★世界遺産特集★ | Comments(8)
Commented by untikusai at 2007-09-21 09:07 x
店の前にあるオープンデッキを見ると、何だか前に来たような錯覚に陥ります。よくある光景なんで、自分の記憶にダブるんでしょうか。
また出かけたくなりました。
(´Ω`)
Commented by えるだま at 2007-09-21 09:13 x
untikusaiさん、おはようございます。^^
オープンデッキ・・・懐かしい表現かと思ったら、オープンリールデッキのことじゃないんですね。(笑)
ま、よくある光景でしょう。お近くにはありませんか。でも、金沢の街並みには合わないかもね。
Commented by MAKIAND at 2007-09-21 13:28
昔のままの建物を残すことができるのも、建築素材がしっかりしたものということと、地震がないからこのような素材を使えるし、残していけるんですね。
良いですねえ。
Commented by えるだま at 2007-09-21 13:44 x
MAKIANDさん、そうですね。^^
ヨーロッパの国々では、石造りの文化が見られますね。
東欧の諸国、今の時代では機能的ではないかも知れませんが、魅力的な建築物がいっぱい残っています。
Commented by ショコポチ at 2007-09-21 13:48 x
建物の意匠と古い石畳のせいでしょうか。なんだか風景が奇妙に歪んでいる感じを受けて、クラクラしました(笑)えるだまさんの他の写真でそんな印象を感じたことはなかったので、やっぱり、この街にはなにかあるのか…(笑)
喫茶店、いいですね!うちの娘が大喜びしそうです♪
Commented by えるだま at 2007-09-21 13:54 x
ショコポチさん、こんにちは。^^
写真が曲がっているのを直さなかったせいでしょう。すいません。(汗)
いつも直しているのですが、今回は手抜きでした。(大汗)
この喫茶店、いいでしょう。なんだか楽しくなって来ます。本当に泊まってみたかった。^^
Commented by mintogreen at 2007-09-22 01:11
えるだまさん、こんばんは。
魔女の家らしき喫茶店に、扇風機があるのが愉快。^^
日本では見られない本物の石造りの町、大切に保存して欲しいですね。
Commented by えるだま at 2007-09-22 07:01 x
mintogreenさん、おはようございます。^^
あはは、確かに扇風機は場違いですね。(笑)
石造りで変化のない町ってなんだか不思議な感じがします。飽きないのかなぁ。慣れの問題なのでしょうね。


<< 世界遺産特集(18)ドナウ川三...      テレビをあまり見なかった私ですが >>