2007年 09月 20日

テレビをあまり見なかった私ですが

NHKスペシャルやニュースを1時間くらい見る以外には、あまりテレビを見ない私でしたが、少し状況が変わって来ました。世界遺産やチベットの山奥、アフリカなど自分で行けそうもないところの様子がハイビジョンで見られるというのですから、番組を探してしまいます。

BSのアンテナは、HNKのBSをみたかったので以前から導入していましたが、次男に「BSにつなぐとNHK以外の番組も見られるよ」と言われ、早速接続したのです。果たして、有料CHは別にしても10CHくらいBSでも見られました。

現在は、フルハイビジョン対応のプロジェクターが来ていないので、VTR一体型HDD&DVDレコーダーという長い名前の機器でハイビジョン放送を録画しています。HDDにTS録画という方法では、ハイビジョンの画質がそのまま記録・再生できるというのですからすごいものです。

でも、DVDにはいろいろな規格があるようで、TS録画したものを変換しないとDVDにはコピーできないようです。果たしてDVDにまでコピーして保存したいと思う映画やドキュメンタリーがどれほどあるか分かりませんが、いずれHDDの容量がパンクしたらコピーするようになるかも知れません。

なるかも知れないというのは、VTR一体型HDD&DVDレコーダーという長い名前の機器のせいで、マニュアルがすごい厚さなもので・・・(汗) 全部読んで理解するのが苦痛でしょうがないのです。(大汗) 全部の機能を理解できる人がいるのかねぇ・・・なんてぼやいてしまいます。

機械が扱うメディアがいろいろ(HDD,DVD,VTR)あるからマニュアルも厚くなってしまうのでしょうが、それにプラスしてDVDの録画方法の種類があるし、録画予約や同時に二つのことをやれたりするものだから、理解するのが大変です。

「昔のラジオやテレビジョンの操作は簡単だった」なんてぼやくようになっては老化というものでしょうか。とほほ。それにしても、こういう多機能を使いこなさなければいけない現代人って大変ですね。私は携帯電話を持っていませんが、携帯電話のマニュアルも分厚そう・・・
[PR]

by elderman | 2007-09-20 16:12 | 日々の雑感


<< 世界遺産特集(17)シギショア...      世界遺産特集(16)イスタンブ... >>