えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 19日

世界遺産特集(15)バムとその文化的景観(イラン)

2003年12月26日の大地震で崩壊してしまった「死の町アルゲ・バム」です。その後、修復目的で世界遺産の危機遺産に指定されたので、できるだけ早い時期に修復がなされることを期待しています。

イランの南東、砂漠の中と言ってもいい場所、州都ケルマーンのさらに南東約200km、パキスタンへもそう遠くないところにバムという町があります。この小さな町には「死の町」の異名を持つ廃墟があり、それがアルゲ・バム(バム城砦)です。

アルゲ・バムの起源は2000年前とも言われていています。その後さまざまな勢力争いや侵略行為に翻弄され、19世紀始めに町は完全に放棄されました。私の訪問したときには、一部修復されているものの、集落は朽ち果て、まさに廃墟と化していました。

バムの起源ははっきりしていないようですが、ササン朝(224~637年)というのが最も有力な説だそうです。一説にはアルケサス朝(パルティア)時代(紀元前250~紀元後224年)にまで遡るとも言われています。私の訪問のときに残っていた廃墟のほとんどはサファーヴィ朝時代のものだそうです。その後、町は幾度も支配者が変わりましたが、東西貿易の要として栄えてきたと言います。

しかし、その後1722年のアフガン軍包囲により、完全に放棄されることになりました。一旦、人々は町に戻りかけたこともありましたが、1810年頃にふたたび侵略を受け、廃墟の一途をたどることになったと言います。

アルゲ・バムは、南北400m×東西300mほどの広さの要塞都市で、周囲をぐるりと高い城壁に囲まれています。この城壁は全長およそ2km、9世紀頃に造られたものです。当時は数箇所に門がありましたが、現在の入口は南の通りに面した門だけです。この門は、監視台の役割を兼ねていたため、内側右の階段から登ることができ、城砦を彼方に望むその景色はダイナミックであり、また奇妙なものです。

城で最も眺めがよいのは、「長官の住居」の屋上です。屋上への階段がかなり狭く急ですが、ここを上がればアルゲ・バムの全貌が手に取るように分かります。東側には、冬期に水を引いて氷を作り、夏に利用するヤフチャール(氷室)も見ることができました。

アルゲ・バムを訪れるベストタイムは夕暮れ時、夕陽に赤く染まった廃墟がとても美しいと言われています。私の時は残念ながら夕焼けにならなかったせいか、それほど赤く染まることはありませんでした。

帰り道の用心のため、できるだけ複数で訪れた方がいいとガイドブックにありましたが、迷子になるほどの迷路とは思えませんでした。

このバムという場所、他の観光地から離れているため、ここだけを目指して行かなければならず、観光ツアーのコースから外れることが多いと思います。週に1便だけ飛行機がありますが、それでは少し不便なので、私はケルマンまで飛行機で行き、その後自動車で移動することにしました。2003年5月6日のことでした。
e0031500_2275229.jpg

e0031500_2275882.jpg

e0031500_228772.jpg

e0031500_2281360.jpg

e0031500_2281926.jpg

e0031500_2282533.jpg

e0031500_2283133.jpg

e0031500_2283790.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-19 09:44 | ★世界遺産特集★ | Comments(8)
Commented by MAY at 2007-09-19 20:15 x
実は、下から4つめの写真は以前(6年くらい前から??定かではないけど)からとても気にいった写真です。砂の街って感じで好きです。
Commented by あかりん at 2007-09-19 21:30 x
すごいですね・・単体の建物はそれぞれ面白いですが、
あらら?建物だけの街の様子は・・がいこつっぽい?
人は、塀の向こうの緑のあるトコに住んでいるのかな。
Commented by えるだま at 2007-09-19 21:50 x
MAYさん、こんばんは。^^
ありがとうございます。干し煉瓦作りですから、復旧はそれほど難しくはないと思いますが、現在どこまで復旧が進んでいるのでしょうかねぇ。
Commented by えるだま at 2007-09-19 21:57 x
あかりんさん、そうですね。
屋根が抜け落ちていますから、まさに骸骨ですね。
おじいさんが、こつこつと復元作業をやっていましたが、地震でどうなったのでしょうか・・・
現在、人々が住んでいるのは、緑の見えるところですが、地震の被害が大きかったところです。
Commented by mintogreen at 2007-09-19 22:40
えるだまさん、こんばんは。
灯りが灯っている一番下の写真、これは、新しく復元されたものの一部ですか?
かわいい町なのに、もったいない。
こうして時代が移り変わっていくのですね。
Commented by えるだま at 2007-09-20 00:00 x
mintogreenさん、こんばんは。^^
文化遺産の復興も大事ですが、地震の被害は深刻だったので、人家の方が優先でしょう。アルゲ・バムは誰も住んでいない場所ですから、のんびり復元を図っていることと思います。
Commented by MAKIAND at 2007-09-21 13:36
すっごーい。。一気に映画の世界に入り込んだ気分。。
うわ~ ここは行ってみたいな~ 砂の町みたいな印象です。
私の中ではここは大ヒットです。
Commented by えるだま at 2007-09-21 13:49 x
MAKIANDさん、残念でした。
この世界遺産が復興するのには相当時間がかかると思います。
地震で完全に破壊されてしまいました。
私の訪問の後、半年後の大地震でした。貴重な写真かも・・・


<< 我が家のコムラサキ      ハイビジョン対応プロジェクター >>