2007年 09月 12日

地上デジタル放送

このところちょっと忙しいというのは、実はこのことでした。私の部屋ではプロジェクターを使っているので、デジタル・ハイビジョン対応のプロジェクターが手軽な値段で発売されているということを知って、その気になったものです。

実は、私はあまりTV番組を見ないのですが、世界遺産の特集番組などには興味を持っています。できれば、そういう番組がきれいにみられれば嬉しいものです。最近話題の地上デジタル放送が、かつてNHKの放送で見たアナログ・ハイビジョン並みの画質ならば、是非ほしいと思いました。

電気屋さんでみた地上デジタル放送の画像は、一応きれいに見えました。一応というのは、薄型ディスプレイでべたっとした画像だったので、少し違和感があったからです。

ところが、地上デジタル放送対応のプロジェクター、チューナー、UHFアンテナを買って来たのはいいのですが、地上デジタル放送の受信ができないのです。せっかく買ったシステムなのに、地上デジタル放送が受信できないのではがっかりです。

いろいろ調べたところ、どうやら地上デジタル放送の電波の受信強度が弱過ぎるようでした。ブースターを買って来て取り付けましたが、まだ足らないようです。その原因は、私の家が二階建てのアパートに囲まれているせいかも知れないと気がつきました。

やはり二階建ての屋根の上にアンテナを出さないといけないようです。今使っているVHFのアンテナの上に取り付けることができればいいのですが、調べてみると錆び付いているので、付け直しをすると壊す覚悟が必要なようです。なにか問題があれば、その解決策を考えるのは私の趣味のようなものですから、深刻な状況とはいえ、心の中では喜んでしまいます。

幸い、UHFのアンテナは小さくて軽いので、既存のアンテナのマストに別なパイプを一本抱かせることで解決することにしました。これだと、UHFアンテナはVHFアンテナの下になってしまいますが、一応屋根の上に出すことが出来ます。これでダメなら、なす術がないということでしたが、なんとか地上デジタル放送の受信に成功しました。

期待していた地上デジタル放送の画質ですが、思っていたよりもいいものではありませんでした。プロジェクターを使っているせいかも知れませんが、どうにもピントが甘く感じられます。電気屋さんで見た薄型ディスプレイの画像に対する違和感はありませんが、ちょっと欲求不満という感じです。

今日は首相の突然の辞任のニュースばかりで、年配の政治家のすごい顔がアップになるので、NHKのアナログ・ハイビジョン並みの画質でなくて良かったと思いました。(笑)

新しいプロジェクターでは、PCの画像は鮮明に表示されます。ただし、横1024ピクセルという大きさですけど、文字まで鮮明に表示されます。これまでのプロジェクターでは文字がぼけてしまい、ここまでは表示されませんでした。プロジェクターでブログを見たりはしませんが、鮮明に表示されることは嬉しいことです。

実は、DVDの画質についても大きな改善を期待していたのですが、これについてはあまり改善を感じることはできませんでした。DVDがNHKのアナログ・ハイビジョンほどの画質を持っていないんじゃないかと思っています。

因みに予算ですが、プロジェクター約15万円、チューナー約7万円、UHFアンテナ約4千円、ブースター約1万円でした。スクリーンは既存のものを使っています。工事は全部自分でやりましたから、工事費はゼロです。
[PR]

by elderman | 2007-09-12 18:30 | 日々の雑感


<< ★世界遺産リスト(2)中近東      ミサキノハナ(アカテツ科) >>