えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 10日

テロとの闘い

一般の人を巻き込む無差別なテロをなくそうということに反対を唱える人はまずいないでしょう。テロ撲滅は急務だと思います。ただ、「テロとの闘い」という表現にはどうしても引っ掛かります。広い意味での「闘い」ということなら分かりますが、本当に武力をもって鎮圧するという意味での「闘い」ということなら、そんなことが果たして可能なのかという疑問を持たずにいられません。

私はキリスト教徒ではありませんが、「右の頬を打たれたら左の頬をも向けなさい」といったのはイエス・キリストだったはず。米国はキリスト教徒の多い国だと思いますが、この精神よりも「やられたら100倍にして仕返しをする」という考えの方が支持されているように思えてなりません。

真珠湾攻撃で3,000人を失えば、広島で30万人を殺すという仕返しをするし、911の同時多発テロで3,000人の被害者が出たら、その仕返しの矛先を関係のないイラクに向けて占領してしまうし、その過程でイラク人の15万人あるいはそれ以上が亡くなったと言われています。

でも、問題はテロをなくしたいのでしょう。テロリストは国という単位じゃないから、テロをやりそうな人たちを殲滅しない限り、なくならないし、暴力で無理やり鎮圧しても次から次へとテロリスト予備軍を生み出してしまうことは明らかだと思います。

米国の政治家がそんなことも分からないとは考えられないので、分かった上でやっているとしか思えません。テロをなくしたいんじゃなくて、自国の武器を使いたい、テロリストに武器を売りたいんじゃないかとさえ勘繰ってしまいます。実際、武器をなくそうというよりも反対にどんどん製造して売っているという現実があります。直接テロリストに売らなくても、テロリストたちがそういう武器を手に入れることは難しいことではないと思うのですが。

欧米の人たちの精神には、歴史的に何に対しても「征服」という考え方が根付いているようで、アジアの人々の「調和」、「協調」という考え方とは対照的だと思っています。ヨーロッパでは、その結果、小さな国がどんどん出来てしまったといえるでしょう。今はその反省か、EUという大きな集団としてまとまろうとしていますが、これは進歩と捉えたいものです。

日本政府は、米国の現在の「テロとの闘い」に本気で協力する気なのでしょうか。同盟国として協力するのはある程度仕方がないと思いますが、そもそもそのやり方が間違っているとしたら、日本まで果てしない「テロとの闘い」に引き込まれるだけになってしまうでしょう。米国のやり方とのお付き合いには慎重であってほしいと思うのでは私だけではないと思います。

日本の政治家に理念や良心があるなら、米国に向かって「今のやり方は間違っている」というメッセージを勇気を持って発信してほしいものです。
e0031500_705740.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-10 06:49 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by mintogreen at 2007-09-10 09:27
えるだまさん、おはようございます。
タバコ産業、軍需産業・・・、などなど・・・、一部の人間を潤わせるために、多くの犠牲者を生み出す。
それを支援する人達がいて・・・。
頭のネジを99本位、緩ませないと生きていけない人達の仕業かと・・・。
それをまた正当化する人達も、ネジを88本位緩ませて・・・。
恐ろしい世の中ですね。
Commented by えるだま at 2007-09-10 09:46 x
mintogreenさん、おはようございます。^^
いろいろな間違いに気がつくといいですね。戦争を正当化し、利用する人たちには困ったものです。でも、次第にその素顔が見えてくるとしたものでしょう。いつまでも騙されてはいられないはずです。
まずは、今日からの国会の展開に注目です。
Commented by MAKIAND at 2007-09-11 10:15
国会は呆れてものが言えまくりです。
情報量、人々の意識からして、世界的に昔とはかなり変わってきたと思いますが、資本主義だから何をしても良いという考え方は、ヨーロッパのようにもっと建設的な意識を持つようになって欲しいものですね。
私たち自身にも言えることですが・・
Commented by えるだま at 2007-09-11 10:37 x
MAKIANDさん、面白い表現ですねぇ。
「呆れてものが言えまくり」(笑) 「呆れて開いた口が塞がらない」というのなら普通ですけど・・・
できれば、米国でなく西欧諸国を見習ってほしいのですが、どんどんアメリカナイズが進んでいますね。いい面ならいいのですが、悪い面を見習っているようで困ったものです。
Commented by untikusai at 2007-09-15 08:56 x
最近、愛猫が居なくなって寂しく思っているuntikusaiです。
国会で言いたいことだけ言ってさっさと辞めてしまう人もあきれますが、待てましたとばかり、次期ポスト選びに地道をあげる人にもあきれます。
所詮これが政治家なんでしょうね。
ますます税金は払いたくなくなりますね。
(´Ω`)
Commented by えるだま at 2007-09-15 09:06 x
untikusaiさん、おはようございます。^^
猫ちゃん、他界されたのですか、それはお気の毒です。
国会の会期中に自民党の総裁選びをやっているのですから、呆れたものです。もっと責任感のある総裁を選ばなかった党の責任だと思います。潔く解散して、政権交代をやってみればいいのにと思います。


<< ヘナ(ミソハギ科)      世界遺産特集(6)古代都市テオ... >>