えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 09日

世界遺産特集(5)メキシコシティ歴史地区

世界遺産としては、メキシコシティ歴史地区とソチミルコとが一緒になって1987年に登録されたようです。ソチミルコには行ったことがあるのですが、どういう訳か写真を撮らなかったようです。カメラは持っていたはずなのですが、どうしてなのでしょうねぇ。

ソチミルコ、多分期待して行くと、そこがただの水郷地帯のようなのでがっかりするかも知れません。これが世界遺産なのかと意外に思うことでしょう。実際、私は観光のための船でビールを飲んでいました。メキシコシティにこんな場所があったのかぁという感想だけでした。

メキシコシティがテスココ湖の中の島に築かれ、その後どんどん埋め立てられたという歴史を知っていれば、ソチミルコは当時を偲ばせるものとして貴重なものなのでしょう。私はベネズエラから遊びに行ったということもあり、事前に知識を仕入れていなかったのがいけませんでした。

メキシコシティ歴史地区にはソカロ広場というところがあって、かつてアステカ人の政治・宗教の中心地だった場所です。ところが、16世紀にスペインが征服し、アステカの都を徹底的に破壊して、この地に新しい建物を建ててしまったのでした。

新しい建物の代表であるカテドラルも今ではすっかり古くなり遺跡のような雰囲気ですが、その地下にアステカの遺跡が眠っていて、アステカの都テノチティトランの大神殿があったというのですからすごいものです。

(ソカロ広場)
e0031500_858323.jpg

(カテドラル)
e0031500_858409.jpg

(テノチティトランの一部)
e0031500_8584769.jpg

(周辺の遺跡)
e0031500_8585775.jpg

e0031500_859478.jpg

e0031500_8591153.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-09 08:59 | ★世界遺産特集★


<< デスクが来ました      家にいるのに不在通知 >>