えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 09日

世界遺産特集(5)メキシコシティ歴史地区

世界遺産としては、メキシコシティ歴史地区とソチミルコとが一緒になって1987年に登録されたようです。ソチミルコには行ったことがあるのですが、どういう訳か写真を撮らなかったようです。カメラは持っていたはずなのですが、どうしてなのでしょうねぇ。

ソチミルコ、多分期待して行くと、そこがただの水郷地帯のようなのでがっかりするかも知れません。これが世界遺産なのかと意外に思うことでしょう。実際、私は観光のための船でビールを飲んでいました。メキシコシティにこんな場所があったのかぁという感想だけでした。

メキシコシティがテスココ湖の中の島に築かれ、その後どんどん埋め立てられたという歴史を知っていれば、ソチミルコは当時を偲ばせるものとして貴重なものなのでしょう。私はベネズエラから遊びに行ったということもあり、事前に知識を仕入れていなかったのがいけませんでした。

メキシコシティ歴史地区にはソカロ広場というところがあって、かつてアステカ人の政治・宗教の中心地だった場所です。ところが、16世紀にスペインが征服し、アステカの都を徹底的に破壊して、この地に新しい建物を建ててしまったのでした。

新しい建物の代表であるカテドラルも今ではすっかり古くなり遺跡のような雰囲気ですが、その地下にアステカの遺跡が眠っていて、アステカの都テノチティトランの大神殿があったというのですからすごいものです。

(ソカロ広場)
e0031500_858323.jpg

(カテドラル)
e0031500_858409.jpg

(テノチティトランの一部)
e0031500_8584769.jpg

(周辺の遺跡)
e0031500_8585775.jpg

e0031500_859478.jpg

e0031500_8591153.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-09 08:59 | ★世界遺産特集★ | Comments(4)
Commented by madamkase at 2007-09-09 13:58 x
カテドラル前面の彫刻の前に立ったら思わず息を呑むようでしょうね。
その後ろにまたこうした遺跡があるなんて、溜息が出ます。
人類の大切な文化遺産、大切に保存してほしいですね。
トルコには何層にも積み重なった時代時代の建造物があるのですが、
残念ながら軍事予算はたっぷりでも、文化事業にかける予算が非常にすくないとみえて、
未発掘や野ざらしのままになった遺跡が多すぎます。ユネスコの援助を待っている状態です。

ところで、先日思い出しました。ドイツのお城。ノイシュヴァン・シュタイン。
このほかに、ギリシャだったか、本当に切り立ったものすごい岩山の頂上に、モナストリーがあって、これも世界遺産のはず。今度はこちらが気になってしまいました。



Commented by えるだま at 2007-09-09 14:08 x
madamkaseさん、こんにちは。^^
カテドラルそのものも既に遺跡みたいですね。そしてその下にアステカの遺跡があるというのですからすごいものです。
トルコも歴史のある国ですから、いろいろ世界遺産がありそうですね。世界危機遺産に指定されるようでは、困ったものですが。
ノイシュヴァンンシュタイン城は、いずれ世界遺産として登場することになりますが、岩山の頂上という感じではありませんけど、見る角度によってはそう見えるのかな。修道院だと切り立った岩山の頂上というのがありそうです。
ホーリーモナストリーはトルコこそ得意なのでは?トルコには9個の世界遺産がありますね。申請さえすればもっと登録されそうなものですが。
Commented by MAKIAND at 2007-09-11 10:04
すごい。しかし、遺跡以外の一般住民はは、蜂の巣生活なのでしょうか。
周りにアパートのようなものが立ち並んでますね。
Commented by えるだま at 2007-09-11 10:32 x
MAKIANDさん、そうですね。
メキシコシティは大きな街ですから、住宅地区にはたくさんのアパートがありますね。その他にもいろいろな地区があります。下手に宅地開発をすると遺跡がぼろぼろ出て来るんじゃないかなぁ。


<< デスクが来ました      家にいるのに不在通知 >>