えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 07日

世界遺産特集(3)パンタナール大湿原(ブラジル)

パンタナールの大湿原、アンデス山脈とブラジル高原の間にあるおおまかに言えば盆地状の台地です。私は世界遺産に指定されているとは知りませんでした。もっとも、世界遺産の指定は、私の行った後の話だと思います。調べてみたら、2000年に登録ということでした。

パンタナール、アマゾンと大きな違いはないと思います。私たちが行ったのは、5月の末でしたから、乾季の始まりの頃でした。ボートをチャーターしてのオプショナルツアー、雰囲気はまるでジャングルツアーという感じです。周囲の森が厚くないのでまるでデズニーランドのアトラクションみたいな気分でした。

パンタナールの森林には、生命の楽園といわれるように、野生の猿、カピバラの親子、イグアナ、ワニ、さまざまな鳥などがいました。川にはピラニアが住んでいます。一通り見終わると、私たちは実際にピラニア釣りを楽しみました。肉食のピラニアですが、その種類には大小いろいろありました。

ピラニア釣りで面白かったのは、水面を木の枝で叩いてピラニアたちの関心を引くことでした。肉片を釣り針につけて竿など使わずにそのまま釣り糸を垂れます。案内人はどこの深さにピラニアがいるのかよく知っていました。

そして釣れたピラニアは彼らに処理を任せないといけません。ピラニアの鋭い歯で指など簡単に噛み切られてしまうからです。怖い釣りですね。私の釣りの成果は小さなピラニア以外ほとんどありませんでしたが、グループとしては大漁でした。

そんなことをしている私たちの周りの岸辺にはワニがうようよ。怖いですね。夜になると二つの赤い目が輝いていました。そんな中、南十字星が天の川の中で一際輝いていました。

夕食では釣り上げたピラニアがご馳走です。釣れなかったらどういう夕食になっていたのでしょうか。幸い大漁だったので、ピラニアは刺身、フライなどに料理されてたっぷりと食卓に上りました。味にクセはなく、刺身もフライも美味しかったですよ。
e0031500_750249.jpg

(ボートでみるパンタナール)
e0031500_751619.jpg

e0031500_842026.jpg

(現地の人の家)
e0031500_7514131.jpg

(ワニ)
e0031500_7521278.jpg

(鳥)
e0031500_7523071.jpg

e0031500_7524659.jpg

e0031500_7525386.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-07 07:53 | ★世界遺産特集★ | Comments(4)
Commented by untikusai at 2007-09-07 09:06 x
南米の観光旅行は一度もありませんが、行ってみたくなりました。
移動に楽で、途中の乗り継ぎで観光も出来、ブラジルへあっという間に着くなんて企画無いでしょうね?
もっと近くにあったら良いのにね。せめて5~6時間ぐらいなら・・・・。

今年の秋はまだ予定がありませんが、安近短でも狙ってみようかな。
(´Ω`)
Commented by えるだま at 2007-09-07 09:16 x
untikusaiさん、おはようございます。^^
そうですね、南米は本当に遠いです。しかも、お金が掛かりますね。
1か月くらいの休暇が取れれば、メキシコ観光、ブラジル観光という組み合わせはいかがでしょうか。ペルー、ベネズエラもあるけど、そこまで欲張ったら強行軍になってしまいます。100万円が飛んでしまいますから、いい計画を練ってくださいな。
Commented by MAKIAND at 2007-09-08 10:27
いいですねえ。ここが世界遺産に登録されたのはうなずけますね。
大自然ですねえ。自然の中に生息する野生の動物たち守りたいですね。
Commented by えるだま at 2007-09-08 11:18 x
MAKIANDさん、こんにちは。^^
そうですね、まさに大自然といった感じです。暗闇に光るワニの目はいただけませんが、こういう場所で生活したら楽しいと思います。^^


<< 世界遺産特集(4)ブラジリア(...      世界遺産特集(2)イグアス国立... >>