えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 02日

長髪を楽しんでいます

現在の私の髪は、生まれてから一番長い状態にあります。これまでに長髪だった時期というのは、学生時代とベネズエラ滞在中にパーマをかけていたときがありますが、そのときよりも今が一番長い髪になっています。肩までは軽く届くから、やや短い髪型の女性よりも長いといえるでしょうか。

長髪をしているといろいろと知らなかったことが分かってくるものです。どうやって、ポニーテールの女性がゴムを髪をとめているのかなんて、実際にやってみないと分からないことでした。現在、私がポニーテールにすると、尻尾の部分がブラブラして邪魔になって来ました。高い位置でとめても、首筋に当たるので鬱陶しく感じ始めたのです。

そこで、ポニーテールではなく、髪の束を折り返してそこをゴムでとめてしまっています。つまり、チョンマゲスタイルです。見かけは悪いけど、髪の毛が邪魔にならなくて気持ちのいいものです。長髪でも髪の毛をきちんととめていると、すっきりしていて夏でも鬱陶しくないということは今回の経験で分かったことですが、さらに長くなるとまた別な問題が出てきたようです。

さらに、観察をしていくと、いよいよチョンマゲについていろいろ思いをめぐらし始めました。本当のチョンマゲにするには、まだ長さが足りません。もちろん、月代(サカヤキ)のない浪人ヘアースタイルを想像しています。映画などに出てくる柳生十兵衛のような髪型にするのにもまだ長さが足りません。

チョンマゲといえば相撲ですが、学生相撲出身の若い力士など、大銀杏を結える長さになるまでに相当時間がかかるのをみた記憶があります。2年くらい伸ばし続けないと、必要な長さにはならないのでしょう。一年間で伸びるのはせいぜい12cm程度ですからね。

しかし、髪の毛の長さが十分になっても、どうやって頭のてっぺんのチョンマゲを固定するのでしょうかねぇ。とても自分ひとりではできそうもありませんし、固定するための整髪料が必要になるでしょう。現在では、モヒカンスタイルでも固定できるから、チョンマゲスタイルを固定することは難しいことではなさそうです。もちろん、やる気はありませんけどね。(笑)

今、まだよく分からないのが、ロングヘアーの女性が頭の後ろで髪の毛をぐるぐる巻きにしてとめている方法です。家内は、ヘアピンでとめると教えてくれましたが、いったいどうやってとめるのでしょうねぇ。私がやったら、直ぐにバラバラになってしまいそうです。

などなど、しばらくはロングヘアーで遊んでいられそうです。チョンマゲで寝るときどうしていたのかとか、シャンプーの頻度はとか、疑問はまだまだ尽きません。
e0031500_9365520.gif

[PR]

by elderman | 2007-09-02 09:35 | 日々の雑感 | Comments(14)
Commented by madamkase at 2007-09-02 10:10 x
う~む、なるほど。
ザンギリ頭を叩くようになってからビートルズ出現までの間、日本男児の髪は短いのが常識でしたから、
いざ伸ばしてみるといろいろな疑問が生じるのでしょうね。
こちらでも長髪の人はたくさんいて、髪の上部半分をつむじの辺りで結び、残りを肩にさらさらと垂らしている、
女学生風な髪型の人が振り返ったら、むくつけき髭オヤジだったりしてがっくりすることもあります。
朝青龍の再起を祈って、私も髪を伸ばそう、なんて気は更々ないです。
洗ってもすぐ乾く短髪推奨派でございます。
Commented by えるだま at 2007-09-02 10:59 x
madamkaseさん、おはようございます。^^
これからお休みになられるのでしょうか、相変わらずの夜更かしですね。
長髪という未知の体験、結構面白いですよ。面倒といえば、シャンプーのときかな。でも、今やシャワーですから、それほど問題にならないですね。そもそも、長い髪の女性がいるのですから、不都合があるはずもないでしょう。
ショートヘアーが好きな方は、それはそれでいいんじゃないでしょうか。私もいつの日か、さっぱりしたショートカットにしてしまうかも知れません。髪はなくならないと思っていますけど、なくなってしまっては話にもなりませんけど・・・(笑)
Commented by kkagayaki at 2007-09-02 12:09
画家だった父は昔からロングヘアー、一つに結んでいました。はしりでしたね。でも、人間って髪型によって顔まで変ってしまいますよね。
Commented by めだか at 2007-09-02 12:31 x
あはは おもしろ~い えるだまさん。肩なら 私と 一緒よ~。
職場の同僚が 先日タイから帰ってきました。海外協力隊の一員ですが どこに行っても ご飯が美味しいといって 太って帰ってきます。
彼は 面倒だって言って 海外に行く時は 切っています。水が無い地域に行くことも多いからだそうですが、井戸掘り専門みたいです。
 あ 違う、ビールと食べ物専門だわ。 
Commented by えるだま at 2007-09-02 13:04 x
kkagayakiさん、そうでしたか。^^
長髪も慣れてくるとなかなかいいものです。寝癖も気にしないで済むし、きちんととめているから、あまり乱れないしね。^^
Commented by えるだま at 2007-09-02 13:08 x
めだかさん、こんにちは。^^
肩まであると言っても、そのままではちょっと外出できませんけどね。(苦笑)
仕事や作業をする人にとっては、長髪は邪魔じゃないかな。後ろでとめれば、邪魔でもないけど、バンドでとめないとやっぱり邪魔かもね。短い髪でそのままシャワーという方が気持ちいいのでしょう。
タイ料理、飽きないで過ごせればいいでしょうね。美味しいとは思います。タイではビールも美味しいし、太るというのは分かります。^^
Commented by MAY at 2007-09-02 15:09 x
はは、そうなんですね。えるさん。リンスをおすすめします。なぜなら、長い髪だとリンスかコンディショナーまたは、トリートメントをしないと美しい髪にはなりませんよ(女性の考えです)。せっかく長い髪なんだから美しいほうが??なーんて、流してくださいね。
Commented by えるだま at 2007-09-02 15:24 x
MAYさん、こんにちは。^^
はい、リンスはいいですね。髪が柔らかくなります。でも、ゴムが直ぐに緩くなるけど・・・(苦笑)
整髪料を使わないと、ボサボサになるのが問題です。(笑)
Commented by nmariomama at 2007-09-02 17:26 x
こんにちは^^
えるだまさん、本当にいろいろと考えをめぐらせて、楽しいですねえ。
うちも息子が今長髪にしてるので、長い時には短い時よりもっと手入れに注意しなさい、なんて言ってます^^;
確かに長くてもピシッとゴムで留めてしまえばすっきりで見栄えは悪くないですよね。
でも、ちょんまげにまで考えをもっていくとはおもしろいです。
あれはやっぱり絶対ひとりでは無理ですよね(笑)
Commented by えるだま at 2007-09-02 19:19 x
nmariomamaさん、こんにちは。^^
今度、チリの後ろ髪もまとめてとめてみようかな。(笑)
長髪は汗臭いのが直ぐに気になりますから、清潔にしているのでは?
もっと長くして、チョンマゲに対する理解を深めましょう。^^
ただ、ソファなどに頭をもたれられないのが、ちょっと残念かな。些細な問題がいろいろ出て来ています。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2007-09-02 23:01
いいぞ、いいぞ、えるだまさん♪^^
えるだまさんって、本当に好奇心旺盛といか、研究熱心というか。嬉しくなってきちゃいます。
あ、かんざしなんかいかがでしょう?
私は、セッティングクリームをたっぷりつけてから、逆さまになって髪を高い位置でしばり、くるくる巻いてからかんざしで、チクッと。
暑い時は、これが一番。^^
これから涼しくなったら、ロン毛をなびかせて歩けるし~。
トマトちゃんの評判は上々のようですね。^^
ちょんまげは似合いそうだけど・・・恥かしい?だろうな~。^^やっぱし。
Commented by えるだま at 2007-09-03 03:12 x
mintogreenさん、こんばんは。^^
なんでも未体験の世界というのは面白いものです。実際にやってみるといろいろと発見があって楽しいですね。
髪の毛を高い位置でとめるのには、もう少し長さが必要なようです。首筋に近い部分の髪の長さが足らないので、まだ難しいようです。あと半年くらい必要かな。
簪なんて楽しそう・・・ どうやって使うのか興味津々。セッティングクリームが必要なんですか。ソフトクリームみたいなヘアースタイルも面白いかな。(笑)
Commented by MAKIAND at 2007-09-03 12:38
長い髪にあこがれて昨年まで長くしてましたが、私は髪の毛の量が多すぎて暑い。。
挫折して切ってしまいました。
今でも長い髪良いなあと思いますが、私は方はこるし暑いしで残念です。
Commented by えるだま at 2007-09-03 12:55 x
MAKIANDさん、こんにちは。^^
女性の長い髪というのはいいですねぇ。自分自身では憧れませんけど。(笑)
しかし、長い髪ってシャンプーも大変そうだし、手入れが大変だろうなぁって眺めていました。これからもっと長くなったら、本当にそうなるかも知れません。でも、せっかく伸ばしたから、もうちょっと楽しんでみようかな。


<< 我が家の萩      アメリカノウゼンカズラ(ノウゼ... >>