えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 02日

アメリカノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)

ノウゼンカズラ科の「アメリカノウゼンカズラ」(アメリカ凌霄花)です。学名は、”Campsis radicans”、英名は、”Trumpet vine”です。アメリカの東南部からメキシコ湾岸に分布しているそうです。。「ノウゼンカズラ」によく似ていますが、全体に小型で、花筒が長いことが特徴です。撮影地:日本
e0031500_7234459.jpg

[PR]

by elderman | 2007-09-02 07:23 | 花と樹木(温帯) | Comments(4)
Commented by MAKIAND at 2007-09-02 07:46
おはようございます。
ノウゼンカズラっていろいろあるんですね~
基本の形は保っているようですが、少しずつ雰囲気を変えている。
育つ場所によって気候や環境に順応しているためなのでしょうか。
Commented by えるだま at 2007-09-02 09:04 x
MAKIANDさん、おはようございます。^^
そうですね。ラン科の植物でもそうでしたが、アジアとアメリカ大陸とでは、それぞれ独自に進化して来たようなので、少しずつ違って来ているのではないでしょうか。
Commented by kkagayaki at 2007-09-02 12:07
この抑えたオレンジ色もいいですね。やさしそう。ところで今日は蒸し暑くないですか?秋はまだまだ。私にとっては本当にまだまだです。最近は本当に歩かなくなりました。
Commented by えるだま at 2007-09-02 13:01 x
kkagayakiさん、この花はきれいですね。^^
アメリカノウゼンカズラにもいろいろあって、ちょっとぉ・・・というのもあります。(苦笑)
気温は上がっているかも知れませんが、風は涼しく感じます。少し秋の空気になって来たように思います。あと1か月の辛抱かな。


<< 長髪を楽しんでいます      衝動買い >>