2007年 09月 01日

衝動買い

普段、ほしい物は何にもないと言っている私ですが、今日は大きな物を衝動買いをしてしまいました。そもそもの発端は、地震が起きたらどこに逃げようかということでした。私は一日ほとんどの時間を自分の書斎で過ごしていますが、大きな地震の際にどうしたらいいかという対策ができていなかったのです。

外に逃げ出そうにも、下手に逃げたら屋根から瓦が降って来るかも知れないし、そもそもサッシが開かないかも知れません。そうなると、いろいろと上から落ちてくるものに対してどうしたらいいでしょうか。一番言われているのが、机の下に逃げるというのがありますが、私の書斎には机がありません。

書斎に机がない・・・ これは室内空間をできるだけ広くしておきたいために、部屋にあった机を追放してしまったことから今日まで机がないのです。ソファはありますが、PCなどに向かうときにはあまり具合がよくありません。腰は痛くなるし、それで疲れると直ぐに横になってしまうし、昼寝にはいいのですが、どうも日常の怠慢の原因かも知れないと思うようになりました。

現在まで簡易なPCデスクを作って使っていましたが、できれば広々とした机があるといいなぁと思うようになりました。もちろん、地震のときに避難できるように足元の空間が大きいもので、頑丈なものがいいでしょう。でも、頑丈な机となると、結構値段が張りそうです。

思いつくと直ぐに行動に移すのが私ですから、今回も地元の大きな家具屋さんに直行しました。部屋の広さを損なわないで、頑丈な机、しかも雰囲気はカジュアルなもの、そんな都合のよい机があるかどうか分かりませんが、とにかく見に行きました。

4階建ての家具屋さんですから、いろいろ展示してあります。一見高級そうなものでも、側面が張りぼての作りというものがあり、そういうものはパスです。そもそも高級感のあるものは、私の部屋には似合わないし、カジュアルで重厚なんてほとんど無理な注文じゃないかなぁと見て回りました。

最終的に見つけたのは、バラバラな部品を好みに合わせて注文するというものでした。天板、脚を希望に合わせて買うというものです。張りぼてではないし、妙に高級感のあるものでもありませんでした。あらかじめ望ましい寸法を調べておいたので、それで注文することにしました。140cm×65cmの天板です。これだけの大きさがあれば、広々とした感じになるでしょう。私は、机の上には不必要なものは置かない主義なので、広い机はそのまま使えるはずです。

机は、まずまずの値段で買えましたが、問題は椅子でした。椅子というのは高価なものですねぇ。一番気に入ったものは、なんと24万円もするではありませんか。これなら、電動のマッサージチェアーが買えてしまいます。

もちろん、ボツです。最終的にやや硬い皮製のものを選びました。私の場合、長時間使うので、非常に傷みやすいものです。イランで使っていた椅子の皮はぼろぼろになってしまいました。椅子の上で、胡坐をかいたりしているから、無理もないですけどね。(苦笑)

これだけ大きな机ですが、私の書斎の中では、必要に合わせて動かして使うつもりです。普段は壁に向けておいて、映画などを見るときは、壁に対して直角になる位置に回転させます。外の景色を見ながら机に向かうときには、反対向きに90度回転させます。

家具屋さんで脚を滑らせるパーツがほしいと言ったら、滑らなくするのが普通のようで、そういうパーツはありませんでした。これはDIYで買ってくればいいだけですが、一般には大きな家具というのは動かさないというのが常識のようですね。狭い日本の家ですから、大きな家具でも必要に合わせて動かして使えば機能的だと思うのですが。
[PR]

by elderman | 2007-09-01 16:38 | 日々の雑感


<< アメリカノウゼンカズラ(ノウゼ...      ピンクノウゼンカズラ(ノウゼン... >>