えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 25日

ドナウデルタのペンションへ(ルーマニア)

ドナウ川の河口をモーターボートで抜けていきます。大型客船が見られました。大型客船のスピードでは4時間半もかかるという話でした。モーターボートのチャーターという少し贅沢な気分を味わいながら水路のようなドナウ川を進みます。

川岸には柳とポプラの樹木が二列になって並んでいます。ポプラは背が高く30mくらいあるでしょうか、背の低い柳の木は葉が少し明るい灰色かかっているので好対照です。ポプラもヤナギ科の木ですが、ずい分印象が違うものです。川岸に時折ピンクの花をつけた木が見えます。遠くからではっきりしませんでしたが、これは多分ギョリュウです。

空は青く、真っ白な雲がいくつも浮かんでいました。緑と青と白だけの世界、夢のようなドナウデルタの観光が始まりました。景色はやがて単調になって来て、一瞬自分がパンタナール(ブラジル)の川を走っていた時を思い出してしまいました。もちろん川岸の樹木が全然違いますが、雰囲気は似ています。

やがて水路に葦が多く見えるようになり、モーターボートは脇道に入って行きました。白い鳥が木にとまって休んでいます。ボートが接近するとその音で飛び立つものもいます。突然青い小さな鳥が水面に近いところを低空飛行することがあります。カワセミです。綺麗な青い色をしています。

1時間半かけて私たちは目的地であるペンションに着きました。そこは完全な離れ島で電話もなく、電気は自家発電です。すごいところに宿泊を予約してくれたものです。自然を楽しむのにまさに格好のロケーションと言えるでしょう。地元の人の助けがなければこんなツアーは実現不能でした。「じゅき~た」さんに再度感謝です。
e0031500_031372.jpg

e0031500_035792.jpg

[PR]

by elderman | 2005-08-25 00:04 | Comments(2)
Commented by aki at 2005-08-25 14:28 x
あーいいなぁ、カワセミ見れたなんて。美しいですよね。あの青色は。
剥製しか見たことなくて、こういう生き物は生きてる姿を見て初めて美しいのだと、飛んでいる姿を見たいとつくづく思ったんです。
Commented by elderman at 2005-08-25 20:23
akiさん、そうですね。^^
カワセミの低空飛行、本当に綺麗ですよ。^^


<< ルーマニアの花(28)アメリカ...      ルーマニアの花(27)ルリトラノオ >>