えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 29日

麻生太郎という人

新しい自由民主党の幹事長の麻生太郎という人は不思議な人だと思う。いろいろな発言を聞いていると、小泉改革には必ずしも賛同しているようにはみえない。なのに、小泉内閣でも閣僚になっているし、小泉首相の後継者である安倍内閣でも重要な役職についている。

自己矛盾を感じていないのか、大志のために猫をかぶっているのか、国民を欺くために支持されやすい表現を選んでいるのだろうか。親しみをもたれる表情をしているせいか、マスコミも国民的に人気があると書いている。麻生太郎氏をバカだと一蹴しているブログもあるが、私にはそこまでは分からない。

麻生太郎氏は自由民主党の危機を感じて、安倍首相をサポートしようと決心したようにみえる。選挙というもっとも素直な国民の声を無視する安倍首相を支持するというのは、民主主義を尊重しない自由民主党というものを肯定したことにならないのだろうか。安倍首相をサポートするというのは自由民主党の内部分裂を恐れてのことかも知れないが、分解寸前の船に塗装し直しただけに映るのだが。

新しい閣僚を乗せた飛行機は離陸しようとしているが、ずい分重たい閣僚を乗せたようで、離陸してどこに飛んでいくのかまったく読めない感じである。麻生太郎という人が上手く軌道に乗せられるのだろうか。しかし、その前に、いったいどこを目指しているのという大きな問題がありそうである。早い話が、小泉首相時代のどこを肯定してどこを否定するのか、ここがまったく説明されていない。

ついでに書いておきたいのだが、今回の参議院選挙では自民党の強行採決で国民が大いに心配になったのだろうと思われるが、その点については安倍首相は法案を成立させた実績と考えているため、反省材料にはされていない。野党の勢力が増えたのでこれから対話すると言い出しただけである。

一触即沈と言われている泥舟内閣だが、麻生太郎氏はどうやって活路を見出していくのだろうか。彼の話をもっと聞いてみたい気がする。
[PR]

by elderman | 2007-08-29 16:22 | えるだまの観察 | Comments(2)
Commented at 2007-08-29 22:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by elderman at 2007-08-29 23:21
鍵コメさん、残念でした。というより、私は特定の新聞を読んではいません。


<< 小沢一郎という人      2年前の今頃(イラン) >>