えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 23日

地球の歴史と植物の進化

これまで世界に分布する植物を観察して来ましたが、今回は植物の進化という観点で調べてみました。古い植物、新しい植物を知るというのも面白いものです。

1.地球の歴史
6億年前、大陸移動。超大陸パンゲア大陸。
2億3000年前、ゴンドワナ大陸。そして今の形へ。
2億2500年前、恐竜の時代の始まり。

2.植物の出現
35億年前、スピルリナが地層から発見される。光合成でグリコーゲンを作る。
20億年前、シゾンという植物。最小の真核生物。クロレラの登場。
4億5000年前、淡水に生息した一種類の原始植物が現在の植物の祖先。

3.植物の分類方法
新エンゲラー体系
ヤナギやドクダミなど、個々の花が雄蘂と雌蘂を一本ずつ備える花が原始的な花の姿で、進化の段階でそれが増加し、形を整えていったとするもの

クロンキスト体系
モクレンに見られるような、中心に多数の雄蘂と雌蘂が螺旋に配置したものが原始的な花であると見て、それが次第に数を減らしつつ形を整えたとするもの

APG植物分類体系
従来の双子葉植物グループは、単系統群の真正双子葉植物と原始的な双子葉植物群に分かれる。原始的双子葉植物群には単子葉植物の分岐より以前に分岐したグループも含まれる。

4.植物の進化

原始的被子植物(双子葉植物と単子葉植物の共通の祖先)
アムボレラという植物が世界最古といわれている。
アムボレラ科、スイレン科、マツブサ科、シキミ科、モクレン科

単子葉植物はモクレン類からの突然変異で誕生→原始的単子葉植物

新しい単子葉植物、ツユクサの誕生(白亜紀:1億4000万年前~6500万年前)

被子植物の進化
アムボレラ科から始まった被子植物は、スイレンなどモクレン類Ⅱからセンリョウやドクダミなどのモクレン類Ⅰを経て、キンポウゲやアケビなどの初期真双子葉植物に進化してきました。

さらに進化が進むと、いよいよバラ類やキク類が登場します。(中核真双子葉植物)

真バラ類Ⅰ
  カタバミ目、キントラノオ目、ニシキギ目、ウリ目、ブナ目、マメ目、
  バラ目、ハマビシ目
真バラ類Ⅱ
  アブラナ目、ムクロジ目、アオイ目、フトモモ目

真キク類Ⅰ
  リンドウ目、ナス目、シソ目
真キク類Ⅱ
  モチノキ目、イワウメ目、セリ目、キク目

ユリやランなどは、単子葉植物の進化の中での話になります。単子葉植物は、もともと2枚あった子葉が融合して一枚になったと考えられています。

(モクレン科の植物が原始的だったとはねぇ・・・)
e0031500_13241844.jpg

[PR]

by elderman | 2007-08-23 12:20 | えるだまの観察 | Comments(10)
Commented by ひよこ.com at 2007-08-23 12:52 x
ちは!
懐かしいなー進化の話。
ゴンドワナ大陸、がんばって本とか読んだなあ。
結局一番進化してる生物は何なのよ?
とか当時思いました。

進化=変化であって進んでいるかどうかは見方次第なんですよね。
Commented by えるだま at 2007-08-23 13:16 x
ひよこ.comさん、こんにちは。^^
そうですね、学校時代を思い出します。
一番凶暴な生き物として進化したのは人類でしょうなぁ。(苦笑)
Commented by 蝦夷 at 2007-08-23 19:28 x
 僕も授業の時間にアフリカ大陸と南米大陸の海岸線がくっつくのを見せながらパンゲア、大陸移動説の話を聞いた頃を思い出しました。

 ちょっとSFな話へ脱線しますと、かつて人類のような生物がいてベタなネタですが、核戦争か環境破壊で滅びたのが1億年以上昔にいたりして。(苦笑)
Commented by えるだま at 2007-08-23 19:43 x
蝦夷さん、こんばんは。^^
そうでしょうね。植物の世界では、アジアと南米、そして南アフリカはそれぞれ別な種類が分布しているようなので、大陸移動の後に発達したもののように思われます。でも、ルーツは同じという話、いろいろ調べてみると面白いものです。
かつて高度な文明があったという話は面白いですね。爬虫類の高度に進化したものが核兵器まで開発していたとかね。それが絶滅の真相であって、また歴史は繰り返すなんていうのは哀しい話ですけど。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2007-08-23 23:24
えるだまさん、こんばんは。
うひゃ~!これは、じっくり時間をかけて何回も読まないと、頭の中に入っていかないな~。
入っても、すぐ忘れちゃうな~、困ったな~。
でも、とても知りたかったことですよね。
これは、時々開いてのぞかなきゃ。
貴重な記事をありがとうございます。^^
Commented by えるだま at 2007-08-24 07:40 x
mintogreenさん、おはようございます。^^
植物の進化、面白いものですね。今の植物が現れたのが1億年くらい前で、ごちゃごちゃしたしべから洗練されたものに進化したということくらいでいいのでは。モクレンが原始的な植物だったとは意外でした。^^
Commented by MAY at 2007-08-24 15:49 x
いずれ、人類がおわりになる予感です。強いものがのこる、当たり前な人類の進化、、、。人がいつか終わりになるのは見えてます。新しい何かに進化するのでしょうか。ダーウィーンさん(笑)。
Commented by えるだま at 2007-08-24 18:31 x
MAYさん、こんばんは。^^
人類は史上もっとも残虐で征服心の強い種に思えます。この先、どうなっていくのでしょうかねぇ。物質文明の行き着くところには何があるのでしょうか。第三次世界大戦の後に新たな超人類の誕生なんて嫌ですねぇ。
Commented by MAKIAND at 2007-08-27 20:57
面白いことを調べ始めたんですね。
うーん、時間のあるときにゆっくりよませて下さいね~
なんだか、頭が煮えて頭の中に残らないわ~

Commented by えるだま at 2007-08-27 21:33 x
MAKIANDさん、面白いことだと思っています。
あるがままに花を楽しむこともいいのですが、進化という観点で見るのも面白いことでしょう。植物に対する見方に少し影響があると思います。


<< ラバテラ・トリメトリス(アオイ科)      アイビーゼラニウム(フウロソウ科) >>