えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 19日

ハエジゴク(モウセンゴケ科)

モウセンゴケ科の「ハエジゴク」(蝿地獄)です。学名は、”Dionaea muscipula”、英名は、”Venus's fly trap”といいます。北アメリカに分布しているそうです。「ハエトリソウ」とも呼ばれるようです。撮影地:千葉市花の美術館
e0031500_662514.jpg

e0031500_66339.jpg

[PR]

by elderman | 2007-08-19 06:06 | 花と樹木(温帯) | Comments(2)
Commented by MAKIAND at 2007-08-19 18:22
千葉市花の美術館では、虫が飛ばないように管理しているんでしょうか。
虫が入ると汚く見えてしまいますが、どれも、かなり綺麗ですね。
Commented by えるだま at 2007-08-19 18:33 x
MAKIANDさん、どうなんでしょうねぇ。
食虫植物の展示会は、7月末からやっているはずなのですが、この地域にハエなどの昆虫がいないのかな。自然の姿を見てみたいものです。もっとも、閉じた葉を開けてみたらハエの死骸というのでは、ちょっとねぇ。(汗)


<< えるだまの一言(6)      日本の夏の花(1) >>