えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 12日

ラン科について勉強中

熱帯の国で過ごして多くの蘭の写真を撮影しましたが、これまであまり関心がなかったせいか、蘭についてほとんど知識がありませんでした。そこで、撮影した蘭の名称調べとともに属名など少し系統を勉強したいと思っています。

バラバラに調べていたのでは気がつかなかったのですが、蘭というのは主にアジア(オーストラリアも含む)と中南米にあるようで、アフリカ大陸には比較的少ないようです。ラン科の種数は大変多いので、属名もすべてを網羅することはとてもできません。

ラン科は、世界に700属以上15,000種があり、日本には75属230種があるそうです。ラン科の植物だけを集めても百科事典のような植物図鑑ができそうです。という訳で、下に整理したものは、代表的な属名だけです。

1.原種系

【アジア】
デンドロビウム属、シンビジウム属、ファレノプシス属、パフィオペディルム属、バンダ属、レナンセラ属、
アツモリソウ属、アスコケンダ属、アラニクス属、エリデス属、エビネ属、キンラン属、グラマトフィルム属、
コウトウシラン属、シラン属、テガタチドリ属、デンドロキルム属、ネジバナ属、ハクサンチドリ属、
ミズトンボ属、リンコスティリス属、ルディシア属

【中南米】
カトレア属、コクリオダ属、オンシジウム属、エピデンドルム属、オドントグロッサム属、バニラ属、
マスデバリア属、ミルトニア属

【アフリカ】(どれも見たことがありません)
エランギス属、エランテス属、アングレカム属、バルボフィラム属、ジュメレア属、ミスタシディウム属

2.交配系

【アジア】
アランセラ属・・・アラニクス+レナンセラの2属交配種
アランダ属・・・アラニクス+バンダの2属交配種
モカラ属・・・アラニクス+アスケントラム+バンダの 3属交配種

【中南米】
ヴィルステケアラ属・・・コクリオダ+ミルトニア+オドントグロッサムの3属交配種
コルマナラ属・・・オドントグロッサム+ミルトニア+オンシジウムの3属交配種

こうして分類して整理してみると、どうして私が混乱しているのか、その理由が分かったような気がします。似たもの同士で交配させているため、属間の境目がなくなって、さらに新しい交配種が属を作っているというのがその理由だと思います。

原種の特徴をよく覚えていて、それが交配されるとどうなりそうかというイメージを持てないと正確な名称を知ることは相当困難なようです。現在の私の実力では、アスコケンダとバンダの区別すら難しい状況ですから、これは相当な修練を積まないといけないようです。
[PR]

by elderman | 2007-08-12 03:42 | えるだまの観察 | Comments(2)
Commented by kkagayaki at 2007-08-12 15:29
えるだまさん、やっぱり本にするべきです。あの素晴らしい芸術的な写真と共に。専門家の本は沢山あるでしょうが、(あ、専門家ですよね。既に)
旅行記と共にえるだまの植物図鑑を是非出版してください。
Commented by えるだま at 2007-08-12 15:40 x
kkagayakiさん、ありがとうございます。^^
植物図鑑はまだまだでしょう。それにまだ間違いもあると思います。
カラー写真で本にするのは大変ですから、いいスポンサーがつかないと実現できません。コツコツやっているうちに機会があるかもね。^^


<< ブラッシア・ダタコーサ(ラン科)      オニユリ >>