えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 01日

不思議なこと

日本国の首相、参議院選挙で歴史的な惨敗を喫していながら、その責任は取らない上に、国民は、「美しい国、戦後レジームからの脱却を支持している」と発言できる神経が不思議でならない。

一回でも国民の審判を受けたことがあるならまだしも、前首相の後釜になっただけで、国政選挙は今回が初めてのはず。

国民の代表者といえば国会議員という論理なのだろうが、自分の党の議員の意見ばかり聞いていたのでは、判断が間違うというもの。それにしても、直接国民の声を聞くことのできる選挙結果を得て、それを無視していられるというのはどういう神経なのだろう。

どうやら、日本という国はとんでもない人物を首相に持っているようだ。
e0031500_949216.jpg

(追伸)
この疑問、当然ながら、私だけじゃないようで、首相との記者会見で質問になったそうです。

三十日の記者会見では安倍首相の「政策の基本路線について国民の理解を得られた」という発言に「その根拠は何か」という質問が飛びました。答えは「演説の聴衆の反応で分かった」。首相一人の肌感覚でした。

取り巻きの反応を見て国民の意思と感じたというのだから、お粗末。

[PR]

by elderman | 2007-08-01 09:46 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by MAKIAND at 2007-08-01 11:27
そうですよね~
これじゃあ、国民の意思を無視しているとしか言いようがないですね。
Commented by えるだま at 2007-08-01 13:28 x
MAKIANDさん、こんにちは。^^
日本には民主主義が定着していないと言われる訳ですねぇ。困ったものです。
Commented by Mook at 2007-08-01 21:27 x
日本は、ちと困った状態になってます、何が本当かを再度考えましょ
Commented by えるだま at 2007-08-01 21:48 x
Mookさん、こんばんは。^^
日本国民の賢明さを信じましょ。今回の結果で、民主党に政権をとってもらいたいと考える日本人が多いかどうかは疑問です。自民党にお灸をすえたという感じがあります。ま、自民党の反省もさることながら、問題は野党第一党の民主党のこれからでしょう。
Commented at 2007-08-01 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by elderman at 2007-08-01 22:17
鍵コメさん、コメントありがとうございました。


<< 熱帯の蝶・・・その3      着生種に覆われた枝 >>