2007年 07月 24日

方針変更

タイ料理に飽きてしまい、レストランのグッドさんにいろいろと協力してもらって、少し和風の味覚を楽しんでいました。しかし、やはりどうしても一つのレストランということでは、限界があるのか、飽きの問題は続いていました。

そして、同時に、未知の熱帯植物が乏しくなってしまい、外出してもしょうがないので、やることがなくなって来てしまっています。それならと、発想の転換をしたのは、再び自炊の開始です。時間があるなら、その時間で料理を楽しめばいいんですね。経済的だし、レストランでぼーっとしているよりはいいでしょ。

ということで、昨日朝市に行って、いろいろ仕入れて来ました。タロイモ、絹サヤ、オクラなどと、玉葱、人参、じゃがいもなどの日常的な野菜、そして豚肉を買いました。今回は珍しくパクチーを買おうとは思いませんでした。本当にタイ料理に辟易している自分を確認してしまいました。

昨日は、タロイモを里芋のように料理してみましたが、味はいまいちということで課題は残ったままです。まだ少し残っているので作戦を練り直して再挑戦してみたいと思います。今日のお昼は、絹サヤのバター炒めと目玉焼き、チーズトーストという朝食メニューみたいなものになりました。

今晩は、カレーにでもしようかなぁ。カレーは4度目の挑戦かな、なかなか日本で食べるような味にはなりませんが、少しは改善して来ています。タイのカレー粉には特有の味があるので、何でそれを消そうか考えています。今回は、胡椒を多目に入れてみようかな。生姜を入れてみたい衝動にかられますが、聞いたことないし、ま、止めておきましょ。

(追伸)
誤解のないように説明しておきますね。私の見栄というか、日本人の名誉のためというか、下宿先の人に、「日本人ってこんな不味いもの、粗末なものを好んで食べているんだ」とは思われたくないのね。だから、彼らが残ったものに手を出しても、味覚の違いはしょうがないけど、それなりのものを作っておきたいのです。タイでは、男性は料理などの家事をしませんから、私の料理もそんなものだろうと見られています。ま、これは味覚の違いがあるから、変わらないだろうけど、少しでも抵抗したいところです。
e0031500_14182277.gif

[PR]

by elderman | 2007-07-24 14:18 | 日々の雑感


<< ナンヨウアブラギリ(トウダイグサ科)      パールグラス(ゴマノハグサ科) >>