えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 18日

不明な花(3)

たくさん熱帯の花の写真を撮っておりますが、派手な花は割り合い簡単に名前が分かるのですが、地味なものは難しいですねぇ。どなたかヒントをくだされば助かります。

(クフェアみたいな花)
・・・調べた結果、スベリヒユ科ハゼラン属の「タリヌム・カリキヌム」(”Talinum calycinum”)のようです。”Talinum fruticosum”というものもありますが、葉の形からみて前者のようです。MAKIANDさん、ありがとうございました。
e0031500_1144162.jpg

(スジグロカバマダラのいた花・・・フタバムグラの一種かなぁ)
e0031500_11445044.jpg

(特徴のある花なんですけど、分かりません)
e0031500_11454230.jpg

(パイナップル科だと思うのですが・・・)
・・・調べた結果、オオホザキアヤメ科のコスツス・エリトロフィルス(”Costus erythrophyllus”)でした。MAKIANDさん、ありがとうございました。
e0031500_11464763.jpg

e0031500_11472842.jpg

(すごく大きな葉です。花がもっと開花したらまた撮影しようと思っています。)
e0031500_11484426.jpg

(この野草も分かりません。キク科かなぁ・・・)
・・・キク科タカサブロウ属のタカサブロウ(高三郎)(”Eclipta prostrata”)でした。
e0031500_11491948.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-18 11:48 | 花の名前探索中 | Comments(14)
Commented by MAY at 2007-07-18 14:38 x
上から4番目の写真はイチゴみたいですね。
Commented by えるだま at 2007-07-18 14:59 x
MAYさん、こんにちは。^^
あはは、食べられるかな。でも、蕾だから、きっと硬いでしょうね。
Commented by MAY at 2007-07-18 15:24 x
いつも、食べることばかりで、、自分でも何とかしたいと思っていますがこればかりは本能で(^^;食べる事で悩んでいるえるさんが醤油で少し持ち直したのを聞いて安心している今日この頃です(^○^)
Commented by えるだま at 2007-07-18 15:40 x
MAYさん、いえいえ。
食事はとても重要なことだし、一日のうちで食事に使う時間って結構大きなものです。それを楽しまないとしたら、大損というものでしょう。
私の夕食の時間は、タイでもだいたい1時間半から2時間です。^^
Commented by MAY at 2007-07-18 16:09 x
やはり、グッドさんの楽しい話と美味しい料理のおかげでそんな長い時間お食事できるのでしょうか。どちらにしても羨ましいです(^^)。
Commented by えるだま at 2007-07-18 16:27 x
MAYさん、料理は美味しいですね。^^
でも、グッドさんは忙しいから、あまり話はできません。私は、どうやったらタイ料理を飽きないでいられるかを考えたり、庭の花を見たり、子供の遊び相手になったり、その他いろいろなことを考えているかな、ぼーっとしているのと大して変わりませんね。(笑) 
最近、目新しい花が乏しくなってしまったので、レストランにいるときが一日で一番楽しいときかな。^^
Commented by MAY at 2007-07-18 16:45 x
そうですか。よかったです。食事は生きていく内で大切なものですよね
(^-^)。レストランにいる時が楽しいですか。楽しみな場所があるってなんだか生きてく上ではりになりますよね。今回のえるさんの食事の持ち直しは今後、参考にさせてくださいね。
Commented by えるだま at 2007-07-18 17:00 x
MAYさん、ありがとうございます。^^
なんとか楽しくやっております。一日中、植物の名前探しでは疲れてしまいます。(苦笑)
外に出ても、新しい花がないとつまらなくてねぇ・・・ これは計算違いだったかな。
食事の問題は、外国の田舎に長期滞在するときに起きるものでしょう。都会ならいろいろバリエーションはあるものです。中東では、ちょっと難しいけどね。(苦笑)
Commented by MAKIAND at 2007-07-18 20:19
一番上の、ピンクのお花は、
Portulacaceae スベリヒユ科 ではないでしょうか。
宿根ハゼランの花を大きくしたみたいに見えます。
葉っぱが見えないので、定かではありませんが。
Commented by えるだま at 2007-07-18 20:29 x
MAKIANDさん、こんばんは。^^
ああ、なるほど、見覚えがあるような花だと思っていました。
確かに、ハゼランのような感じですね。
ちょっと調べてみますね。いいヒント、ありがとうございます。^^
Commented by MAKIAND at 2007-07-18 22:30
4番目・5番目は、葉脈の走行も合わせて見ると、ショウガ科 Zingiberaceae の植物に近いと思います、例えば Costus とか。
また6番目はセリ科 Apiaceae のハマウドに近い印象を受けました。
でも、ハマウドそのものではないと思います。

Commented by えるだま at 2007-07-18 22:35 x
MAKIANDさん、ありがとうございます。^^
そちらの線でも調査を進めていますが、まだ該当するものがみつかっていません。
ショウガ科にはこれだけ茎のないというのも珍しいし、6番目のハマウドもいいのですが、葉の形がどうも違います。セリ科の植物であることは間違いがないと思いますけどね。
Commented by yas at 2007-10-27 23:37 x
今晩は、はじめまして。7番目はタカサブロウだと思います。
Commented by えるだま at 2007-10-28 03:23 x
yasさん、ありがとうございます。
そうですね。こちらの名称は調べがついていました。
タサブロウ(高三郎)(Eclipta prostrata)です。


<< タイ料理の和風バージョン      スジグロカバマダラ >>