えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 16日

こうなったら相手を変えるか自分が変わるか

「こうなったら相手を変えるか自分が変わるか」というくらい、深刻な私のタイ料理苦手シンドロームです。今日は、行きつけのレストランに日本の醤油を持参しタイ風のジンギスカン鍋をレモン醤油味でいただきました。タイのソースが美味しいのは知っていますが、それに口をつけたらまたタイ料理を食べられなくなりそうなので、和風味に徹しました。

レストランのシェフ、グッドさんには悪いのですが、私の問題について一生懸命説明しました。多分、分かってくれたと思います。今晩は、ジャガイモを用意してくれると言ってくれました。私は、それならバターを持ってくると約束しました。さらに、グッドさんは私がキッチンで料理をしてもいいとまで言ってくれました。自分で料理するなら下宿先でもできますけど、ありがたい申し出でした。^^

ま、とういう訳で、今日はタイのジンギスカン鍋をレモン醤油味でいただきました。レモンと言ってもスダチのようなものですから、和風そのものでしょう。料理を用意してくれているグッドさんには本当に申し訳ないと思います。ですから、私は、一生懸命、今私の遭遇している問題について説明しました。どこまで分かってくれたかなぁ・・・

(タイ風ジンギスカン鍋・・・醤油とレモンで和風で食べました)
e0031500_1545353.jpg

(ミャンマーの子・・・どうしてここにいるのかは、まだ謎です)
e0031500_15461519.jpg

(スーカップ・・・懐いている雌犬です)
e0031500_15465745.jpg

(お馴染みのスーア(虎)ちゃん)
e0031500_15473290.jpg

(注)
まつかめんさんのご指摘のとおり、タイ風のジンギスカン鍋は、「ムーガタ」と言います。「サラパオ」は蒸したお饅頭のようなものを指す言葉のようです。

(追伸)
夕食にまた行きつけのレストランのバイクワイに行きました。ラノン市で買ったバターとベーコンを持参してです。レストランのシェフのグッドさん、ベーコンは玉子と一緒に朝食として食べるということは知っていました。私のリクエストはジャーマンポテトでしたから、朝食用ではありません。ビールとよく合うと説明すると、それは理解したようでした。

面白かったことは、グッドさん、ジャーマンポテト用にジャガイモを茹でてくれたのですが、丸のままやったそうで、一時間掛かったと言っていました。私が、スライスして茹でれば、5分で済むと言ったら苦笑しながら納得していました。

ジャーマンポテト、本当はこれにピーマンが加わるのですが、残念ながらカポー村ではピーマンを見かけたことがないので、それは諦めました。大きな唐辛子では、やはりピーマンの代わりにはならないようです。パプリカならラノン市で買えるのですが、そこまでするかどうか・・・

材料が揃えば、グッドさん、さすがプロです。上手に炒めてくれました。胡椒も粗挽き胡椒を使ってくれました。粉胡椒より香りが高いということは、料理人としては常識なのでしょうね。バターに塩が含まれているということを知っていてくれて、味付けの塩は控え目でした。飲兵衛には多少、塩辛くても問題はないのですけどね。(笑)

ジャーマンポテトに満足した私は、酔いの勢いも手伝って、さらに注文を出したのです。タイ料理には豆腐がよく使われますから、豆腐があるかどうかと訊きました。やはり、ありました。そこで、私は豆腐に小麦粉をまぶして厚揚げ豆腐を作るように依頼したのです。

出来上がった厚揚げ豆腐は、私のイメージしたものとは大分違いましたが、ま、それはそれ、食べられるだけいいとしたものです。生姜をおろすものがないので、包丁で刻んでいたのには驚きました。豆腐の天ぷらみたいになってしまいましたが、日本から持参した醤油と刻んだ生姜でいただきました。

今日は、一日タイ料理から離れたので、明日は存分にタイ料理を楽しめることと思います。^^

[PR]

by elderman | 2007-07-16 15:48 | 日々の雑感 | Comments(14)
Commented by MAY at 2007-07-16 16:09 x
醤油とレモンというとやはり、日本で言うポン酢なのでしょうか。ところで、味に満足できましたか?
Commented by えるだま at 2007-07-16 17:29 x
MAYさん、こんにちは。^^
ん~、満足というか、違った味を求めていたので、それなりに成功でした。タイ料理の味以外なら大歓迎という具合でしたからねぇ。(苦笑)
Commented by MAKIAND at 2007-07-16 17:31
良かったですね。さっぱりしたものを食べることが出来たんですね。
お肉は、何でしょう。
Commented by えるだま at 2007-07-16 17:38 x
MAKIANDさん、はい、そうですね。^^
タイのタレもさっぱりはしているのですが、レモン醤油味というのはまた違った味わいです。^^
いつもは、豚肉と鶏肉なのですが、今回は海老と鶏肉でした。
Commented by kyoko7 at 2007-07-16 18:36 x
食べ物で相当 苦労していますね。
仕事でも有ればまた別なのでしょうが・・・・
その国に住めるかどうかはやはり、食べ物に寄るのかしら。
Commented by えるだま at 2007-07-16 18:42 x
kyoko7さん、こんばんは。^^
そうですね、人によって期間は違うでしょうが、私の場合は2か月でした。
仕事と食べ物、関係があるのですか?
長期滞在の経験がないとピンと来ないかも知れませんね。食事は一番重要なことだと思います。
Commented by kyoko7 at 2007-07-16 20:41 x
仕事が有れば気が紛れると思ったのですが、
関係無かったですね(笑)
外国生活の経験が長いから、耐えられるかな・・・・と思ってました。
私は10日やそこいらの期間ですから、感じた事は有りません。
Commented by えるだま at 2007-07-16 20:56 x
kyoko7さん、こんばんは。^^
気が紛れても、味覚は誤魔化せないでしょ。(笑)
私のこれまでの外国生活では、その国の食事べったりということはありませんでした。ですから、今回は初めての挑戦です。
で、結局、2か月が限度でした。(苦笑)
これからは、一日おきでいろいろな料理をグッドさんに作ってもらおうっと。^^
Commented by kaze at 2007-07-16 22:01 x
良い方に巡り会えて良かったですね。
さもなければ料理のために早々とリタイヤもあったかもしれませんね(笑)。
生まれながらの食生活というものの重要性を再認識させてくれました。
今回は得るもが多い田舎暮らしですね。
Commented by えるだま at 2007-07-16 22:15 x
kazeさん、そうなんです。^^
面白いものですねぇ、挑戦の度ごと違った体験をすることになるでしょうが、そこはそれ、なんとか切り抜けるというものでしょう。
食生活というのは、やはり重要だと思います。「飽き」というのが、今回の大敵になりました。(苦笑)
Commented by mintogreen at 2007-07-17 00:56
やはり、食事は重要ですね。
本当に何も無ければ、何でもいいから~って事になるのでしょうが、食材は探せばあるのですから工夫をしながら食べる・・・と。
しかし、恵まれてますね。それがえるだまさんの運命か。^^
なんとかなるものですね~。^^
Commented by nmariomama at 2007-07-17 07:01 x
こんにちは^^ ちょとバタバタしておりまして、ご無沙汰しました。
中々美味しそうですね。 
それにしても融通をきかせてくれるグッドさんは本当に素敵な方ですね。
こちらでもそうですが、どうしてモロッコ人はモロッコ料理だけで飽きずにいられるんだろうとつくづく思います^^
で、私が思うに、日本人がいろいろな味覚に対して大変許容範囲が広いというのは、ひとつの味覚に対して飽きっぽいではないだろうかと。。。
飽きっぽいから何か別な味覚を求め、その結果いろいろな物を食するということになったのでは、、、新し物好きってこともあるかなあ、なんて気がしています。
まあ、いずれにしても、なるべく食べたいと思うものを何とか調達して、後、3週間ですか? うまく乗り切ってください。
食は大事ですのであまりご無理のないように。。。
Commented by えるだま at 2007-07-17 10:23 x
mintogreenさん、そりゃぁ重要なことですね。^^
今回は、「飽きる」ということについて考えさせられました。贅沢な感じですが、拒食症気味になりましたから、結構深刻なものです。
活路は探せばなんとかなるもので、これも日々の行いの賜物でしょうか。えへへ。^^
Commented by えるだま at 2007-07-17 10:31 x
nmariomamaさん、お疲れさまでした。
ブログ復帰お待ちしていました。^^ いいレストランがあったのはラッキーでした。^^
「飽きっぽい」のでしょうね、そしてそれは味覚が鋭いからだと思います。同じものを食べ続けられるというのは、やっぱり少し鈍感なんじゃないかと思いますねぇ。飽きっぽいから変化を求めたというのは順序が逆なような・・・ 貧しくいろいろなものを食べないといけなかったから、味覚が広がり、それでいろいろなものを欲するようになったんじゃないかと思います。
タイ料理は美味しいのですけどねぇ・・・ 変化があるようでいて、そうでもないというところでしょうか。


<< ディレニア・スフルティコサ(ビ...      タイ料理に飽きて一工夫 >>