2007年 07月 16日

こうなったら相手を変えるか自分が変わるか

「こうなったら相手を変えるか自分が変わるか」というくらい、深刻な私のタイ料理苦手シンドロームです。今日は、行きつけのレストランに日本の醤油を持参しタイ風のジンギスカン鍋をレモン醤油味でいただきました。タイのソースが美味しいのは知っていますが、それに口をつけたらまたタイ料理を食べられなくなりそうなので、和風味に徹しました。

レストランのシェフ、グッドさんには悪いのですが、私の問題について一生懸命説明しました。多分、分かってくれたと思います。今晩は、ジャガイモを用意してくれると言ってくれました。私は、それならバターを持ってくると約束しました。さらに、グッドさんは私がキッチンで料理をしてもいいとまで言ってくれました。自分で料理するなら下宿先でもできますけど、ありがたい申し出でした。^^

ま、とういう訳で、今日はタイのジンギスカン鍋をレモン醤油味でいただきました。レモンと言ってもスダチのようなものですから、和風そのものでしょう。料理を用意してくれているグッドさんには本当に申し訳ないと思います。ですから、私は、一生懸命、今私の遭遇している問題について説明しました。どこまで分かってくれたかなぁ・・・

(タイ風ジンギスカン鍋・・・醤油とレモンで和風で食べました)
e0031500_1545353.jpg

(ミャンマーの子・・・どうしてここにいるのかは、まだ謎です)
e0031500_15461519.jpg

(スーカップ・・・懐いている雌犬です)
e0031500_15465745.jpg

(お馴染みのスーア(虎)ちゃん)
e0031500_15473290.jpg

(注)
まつかめんさんのご指摘のとおり、タイ風のジンギスカン鍋は、「ムーガタ」と言います。「サラパオ」は蒸したお饅頭のようなものを指す言葉のようです。

(追伸)
夕食にまた行きつけのレストランのバイクワイに行きました。ラノン市で買ったバターとベーコンを持参してです。レストランのシェフのグッドさん、ベーコンは玉子と一緒に朝食として食べるということは知っていました。私のリクエストはジャーマンポテトでしたから、朝食用ではありません。ビールとよく合うと説明すると、それは理解したようでした。

面白かったことは、グッドさん、ジャーマンポテト用にジャガイモを茹でてくれたのですが、丸のままやったそうで、一時間掛かったと言っていました。私が、スライスして茹でれば、5分で済むと言ったら苦笑しながら納得していました。

ジャーマンポテト、本当はこれにピーマンが加わるのですが、残念ながらカポー村ではピーマンを見かけたことがないので、それは諦めました。大きな唐辛子では、やはりピーマンの代わりにはならないようです。パプリカならラノン市で買えるのですが、そこまでするかどうか・・・

材料が揃えば、グッドさん、さすがプロです。上手に炒めてくれました。胡椒も粗挽き胡椒を使ってくれました。粉胡椒より香りが高いということは、料理人としては常識なのでしょうね。バターに塩が含まれているということを知っていてくれて、味付けの塩は控え目でした。飲兵衛には多少、塩辛くても問題はないのですけどね。(笑)

ジャーマンポテトに満足した私は、酔いの勢いも手伝って、さらに注文を出したのです。タイ料理には豆腐がよく使われますから、豆腐があるかどうかと訊きました。やはり、ありました。そこで、私は豆腐に小麦粉をまぶして厚揚げ豆腐を作るように依頼したのです。

出来上がった厚揚げ豆腐は、私のイメージしたものとは大分違いましたが、ま、それはそれ、食べられるだけいいとしたものです。生姜をおろすものがないので、包丁で刻んでいたのには驚きました。豆腐の天ぷらみたいになってしまいましたが、日本から持参した醤油と刻んだ生姜でいただきました。

今日は、一日タイ料理から離れたので、明日は存分にタイ料理を楽しめることと思います。^^

[PR]

by elderman | 2007-07-16 15:48 | 日々の雑感


<< ディレニア・スフルティコサ(ビ...      タイ料理に飽きて一工夫 >>