2007年 07月 16日

タイ料理に飽きて一工夫

連日のタイ料理にいささか嫌気がさして来たので、打開策について作戦を練りました。まずは、料理を食べたいという気を起こさせるために、少し食事を控えました。空腹になれば、贅沢は言わなくなるものでしょう。

次なる作戦は、あまりタイ風に味付けされていない料理を注文し、和風の味付けにしてみるということです。

今日は、例のジンギスカン鍋(タイ語で「サラパオ」「ムーガタ」といいます)を注文して、タレに醤油とレモンを使ってポン酢味風にしてみようかと考えています。これなら和風の焼肉みたいなものでしょ。これに日本酒でもあればいいんだけど・・・ ま、ビールでいっか。^^

問題は、他のアイデアかな。焼肉はいいとしても、これだけではしょうがないですからねぇ。

天ぷらもどき(海老やかき揚げ)も、生姜醤油でいただけばいいかな。これでさらに一品追加できますね。タイのさつま揚げも生姜醤油で食べれば和風ですね。醤油を持参すれば、さらにいくつかの和風メニューが作れそうです。^^



最近気がついたのですが、タイ料理には私の好きなイモ類を使ったものがないようです。デザートにタロイモが使われているのをみたことがありますが、サトイモ、サツマイモ、ヤマイモなど朝市でも見かけません。存在していないというか、あっても食べる習慣がないのかも知れません。

一番不思議なのが、ジャガイモです。朝市にはあるのですが、タイ料理でジャガイモが使われるメニューを知りません。朝市にあるということは、タイ人は食べているはずなんですが、どうやって食べているのでしょうかねぇ。因みにピーマンも朝市にはありませんでした。唐辛子ならいろいろあるんですけどねぇ。
e0031500_11303380.gif

[PR]

by elderman | 2007-07-16 11:32 | えるだまの観察


<< こうなったら相手を変えるか自分...      ガーリックバイン(ノウゼンカズラ科) >>