2007年 07月 15日

タイの田舎の小学校

今回はカポー村の小学校をご案内いたしましょう。その小学校は村のほぼ中心部に位置しています。そして、門は開放ですからいつでも誰も中に入れます。外国人の私が中に入っても決して怪しまれたりはしませんでした。実際、私は中に入ってから小学校だと気がついたくらいです。

この時は午前中だったと思います。まだ授業中でした。子供たち、先生たちの様子もみることができました。挙句、校庭にある大きな木についてその名前を質問すると、教頭先生と思しき先生がインドからの木だと教えてくれました。多分、ベンガル菩提樹だろうと思います。

カメラを向けても、子供たちは素朴です。私は、こういう自然に恵まれた環境にある小学校で過ごすというのは、さぞかしいいことだろうなぁと思いました。誰もピリピリしていないし、おおらかな人たちが育つ訳です。

(小学校の正門・・・私は裏から入りましたけど)
e0031500_1913455.jpg

(まだ授業中でした)
e0031500_21351579.jpg

(やがて子供たちがぞろぞろと出て来ました)
e0031500_19153886.jpg

e0031500_19162731.jpg

(素朴な子供たち)
e0031500_19171879.jpg

(校庭にある巨木)
e0031500_1919286.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-15 19:19 | えるだまの観察


<< 熱帯の植物(17)      ルエリア・エレガンス(キツネノ... >>