えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 11日

ジャーマン・パブレストラン

マレイシアの三日目は、前に働いていた職場とは離れて、インド系マレイシア人の友人セルヴァム氏と過ごしました。翌日の早朝にタイに戻る予定だったのですが、セルヴァム氏に夕食を招待されたので、飲み過ぎるんじゃないかと懸念して、延泊を決定したのでした。

二日酔い状態で、早朝から飛行機に乗り、プーケットに着いてから4時間半もバスに乗らなければいけないのですから、慎重にもなります。そして、そもそも急いでタイに戻る理由もありません。セルヴァム氏のメルセデスで、マレイシア航空のチケットカウンターに行き、フライトの変更をし、レイクガーデンに連れて行ってもらいました。

セルヴァム氏は仕事があるので、12時半に迎えに来てくれるということで、私は、レイクガーデンの中にあるオーキッドガーデンとバタフライパークを見学しました。その他にバードパークやハイビスカスガーデンなどもあり、クラルンプールの中の観光名所になっているところです。

私がいた頃に日本からのお客さんたちを案内したりしたので、この場所には何回か足を運んだことがあります。10年振りの来訪ということになるでしょうか。この地区は、昔のままでした。変わったのは、日本人観光客が減って、中東からの観光客が増えているということでしょうか。話をした人は、イラン人、オマーン人でした。イラン人、ペルシャ語で言葉を交わしたのに、イラン人には珍しく無愛想な人たちでした。(苦笑)

蘭と蝶については別にご紹介いたしますね。

12時半にセルヴァム氏とクマール氏が現れ、何を食べたいかと聞かれたので、私は洋食を食べたいとリクエストしました。夜はインド料理に決まっていますから、何でもいいと言うとインド料理のレストランに連れて行かれてしまう可能性がありますからね。(笑)

最初に案内されたレストランには、ワインが置いてありませんでした。私は、「ワインのない洋食なんて意味がない、洋食に飢えている今は妥協できない」と言うと、セルヴァム氏はその店を出て、次に案内してくれたのが、ジャーマン・パブレストランでした。マレイシアはイスラム教の国でもありますが、こういうお店があるというのが嬉しいところです。値段も高くありませんでした。

マレー系マレイシア人とのお付き合いでは飲酒はできるだけ控えますが、インド系マレイシア人とは自由に楽しめます。中国系マレイシア人も自由ですね。昔ちょっと付き合いのあった中国系の人、名前も連絡先も忘れてしまいました。(汗)

(移動はいつもこのメルセデス)
e0031500_048399.jpg

(ジャーマン・パブレストラン)
e0031500_0494633.jpg

(三人の写真・・・私は赤ワイン、彼らはビール)
e0031500_050478.jpg

(私の食べたステーキ・・・インド人の前で牛肉を食べちゃった。汗)
e0031500_052735.jpg

(チキンの唐揚)
e0031500_0525263.jpg

[PR]

by elderman | 2007-07-11 00:53 | 日々の雑感 | Comments(4)
Commented by kkagayaki at 2007-07-11 11:22
うわぁ、ダイエット中ではなくてもこの手のものは駄目って言うか、入りませんよ。でもえるだまさんはお酒と一緒に美味しかったことでしょうね。^^。
Commented by えるだま at 2007-07-11 11:25 x
kkagayakiさん、こんにちは。^^
タイで田舎暮らしのお陰で体重を気にすることはなくなりました。適度な運動とタイ料理が効いているのでしょう。
私は、重い食事は一日に一回で十分なので、この日は夜の招待もあったので栄養過多でしたけどね。(苦笑)
Commented by kyoko7 at 2007-07-11 21:05 x
わぁ~ 美味しそうなから揚げ! 
から揚げ暫らく食べてないもので・・・・・(笑)
タイの田舎はダイエットに好いですか・・・・
Commented by えるだま at 2007-07-11 21:11 x
kyoko7さん、こんばんは。^^
はい、美味しい唐揚げでした。一つ味をみさせていただきました。^^
やっぱり、土地の人はどこで美味しいものにありつけるかよく知っています。
タイの田舎、そうですね、動かないと生きていけませんから。(笑)


<< マレイシアの蝶(1)      アリストロキア・ブラジリエンシ... >>