2007年 06月 25日

タイを好きにさせてくれた人

私はラッキーだったと思っています。初めてタイに派遣されたとき、タイ人女性が積極的にタイ国を外からでなく、中から案内してくれたからです。そのとき、私が滞在したのは100日間でした。この3か月強は、忘れられない思い出になっています。そして、タイに対して好感を抱き続けている理由だと思います。

その彼女、今は日本人と結婚して東京周辺に住んでいます。私が、タイが好きで田舎で生活しているのとは好対照ですね。彼女にとって日本人のイメージが良かったのか、求婚者が良かったのか、両方かな。日本に行って生活してみて、どうなのか聞いてみたいところです。

当時の私は、東南アジアをほとんど知りませんでしたから、文化・習慣の違いで驚きの連続でした。彼女はほとんど毎週末、私をあちこちに案内してくれました。家族にもお会いして、家族ぐるみのお付き合いもさせていただきました。最後に会ったのは、彼女が出産でタイに帰国していたときだったかなぁ。もう赤ちゃんが産まれていましたけどね。

写真に写っているもう一人のタイ人女性も、日本人と結婚して日本に住んでいます。二人は親友ですから、二人で日本人と結婚するなんて夢でも持っていたのでしょうか。そして、それは果たしましたが、今の日本で幸せになれたのかな。外国人、特に東南アジア人に対して冷たい日本人ですが、彼女たち二人とも美人ですから、嫌な思いはしていないことと思います。

バンコクに再び派遣されたとき、その彼女のところへ電話したことがあります。幸運なことに、彼女は出産のためにタイに帰国している最中でした。前回私がタイにいたとき、彼女は英語で会話をしていたのに、今度は日本語で話をするので不思議な感じがしました。当時彼女は全然日本語がしゃべれなかったのですが、ずい分上手になっていました。

私の初めてのタイ体験、小説の形で残してあります。小説ですから、事実とは違いますが、カルチャーショックのようなことについては、私が当時感じたことを記述しています。興味とお時間のある方は、是非お読みくださいね。タイトルは「天使の都」です。ブログの右側にあるカテゴリに「えるだま小説」というのがあります。そこをクリックしていただければ、「天使の都」というタイトルがみつかると思います。
e0031500_23305385.jpg

e0031500_23312890.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-25 00:01 | 日々の雑感


<< イランイラン(バンレイシ科)      ホヤ・メリフルア(ガガイモ科) >>