えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 23日

ロンコン(センダン科)

ロンコン、実は私にとっては二回目になります。以前、マレイシアに滞在していたときに食べたことがあり、味は忘れてしまいましたが、果実の皮に独特の粘りがあったのでそのことは覚えていました。何で洗っても落ちないしつこさでした。

当時の名称は忘れてしまいましたが、多分「ランサート」という名前だったのではないかと思います。今回紹介する「ロンコン」はその変種だそうです。学名は、”Lansium domesticum”といいます。ベタベタする皮には変わりはありませんが、マレイシアで食べたものに比べて程度は軽いようです。水で洗っても、洗剤をつけてもなかなか落ちてくれません。

食べ方は簡単です。外皮が柔らかいので、爪で簡単に引き裂くことができます。種はあるようですが、ほとんど気になりません。これから種が成長するのでしょうか、たまに硬くなった種があったりします。中身は、6分割くらいに分かれています。私は面倒だから、一個そのまま口に放り込んでしまいますけどね。

さて、肝心の中身の味ですが、わずかな酸味と上品な甘さがあります。この果物は、今回の大発見です。日本人だったら、誰もが美味しいと絶賛することと思います。変な香りはありません。熱帯果物の女王「マンゴスチン」といい勝負じゃないかなぁと思うほどです。個人的には、味の上品さではこちらが勝っているような気がします。
e0031500_17481898.jpg

e0031500_17485833.jpg

(注)このロンコン、ランサートの改良種のようで、変なお店で買うと、ランサートと混ぜられているなんて話がありました。タイでも、本物を手に入れるのは難しいかも知れません。産地は、タイ南部だそうです。マレイシアのはどこまで改良されているのか分からないので、今度KLに行ったら調べて来ますね。
[PR]

by elderman | 2007-06-23 17:53 | 花と樹木(熱帯) | Comments(14)
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 18:55
まったく知らなかった果物です。
一見中を割って見せてくれていなければ、イモ類かと思ってしまいました。
そんなにおいしいのでしたら食べてみたいですね。
Commented by えるだま at 2007-06-23 20:37 x
MAKIANDさん、そうでしょうねぇ。
見かけはパッとしませんが、中身は見かけからは想像できないものです。何か人間みたい。(笑)
これは美味しいですよ、他のサイトも当たってみてくださいな、美味しいという評価が見られると思います。
Commented by まつかめ at 2007-06-23 22:29 x
知らなかった!
ロンコンとラムヤイ(ロンガン:竜眼)が別物だったなんて。。。
Commented by えるだま at 2007-06-23 22:38 x
まつかめさん、こんばんは。^^
私も、ロンコンと聞いて、ロンガンじゃないかと思いました。でも、実が違うでしょ。調べたら、別物で、しかも、私には食べた経験があったのです。^^
Commented by あじゅるえずめ at 2007-06-23 23:37 x
わぁ、食べてみたい。
見た目は新じゃがなのに上品なお味なんですか♪
Commented by えるだま at 2007-06-23 23:42 x
あじゅるえずめさん、こんばんは。^^
あはは、新じゃがですかぁ。(笑) 人と果物は見掛けによりませんよ。(笑)
この果物は、珍しく私のお勧めです。不精な私は果物の皮をむくのが嫌いだけど、これはその美味しさに、つい食べてしまいます。^^
Commented by mintogreen at 2007-06-24 01:12
えるだまさん、美味しいくだものにも出会えて、↓ず~と拝見させていただきましたが、充実した毎日を過ごされている様子が伺えて、こちらまで楽しい気分になります。
あ~、ますます行きたくなりました~。^^
Commented by えるだま at 2007-06-24 01:18 x
mintogreenさん、ありがとうございます。^^
のんびりしている割には、いろいろやることがあって、忙しいとは言わないけど、充実している感じです。何もしない一日でも作らないといけないかなぁ。(苦笑)
8月4日までおりますが、どうぞお越しくださいな。^^
Commented by japonikk-la at 2007-06-24 04:50
里芋とジャガイモの中間のお芋の紹介だとばっかり思って読んで行って最後に中が白いみかんみたいな果物の写真で意外な展開で面白かったです。
Commented by えるだま at 2007-06-24 08:50 x
japonikk-laさん、あはは、そうですか。^^
確かに見かけは芋の類に見えなくもないかな。それだと、房状になっているのが不思議でしょ。
米国では食べるチャンスがなさそうですね。タイ人がいたら聞いてみてくださいな。
Commented by ♡momonga♡ at 2007-06-24 10:00 x
はじめてみました。いただいてみたいなぁ~
見た感じは、ジャガイモ?ε=(>ε<) プッー!
きっと鳥たちもすきなんでしょうね
えるだまさんのにっこり顔、みえるようですね^^
Commented by えるだま at 2007-06-24 10:10 x
♡momonga♡さん、美味しいですよ~♪
ジャガイモねぇ・・・(笑) この種類はきっと大事に栽培しているものだと思いますね。ランサートより高く売れるんですから。^^
Commented by kaze at 2007-06-24 14:12 x
たしかに一見するとジャガイモですね。
割って見せてもらわなければ
解りません。
でもそんなにおいしいとは、
初めて聞いた名前です。
機会があったらぜひ試したいですね。

どうして日本には輸出しないのでしょう。
Commented by えるだま at 2007-06-24 14:57 x
kazeさん、こんにちは。^^
kazeさんまでが、ジャガイモですか。(笑)
どうしてなんでしょうねぇ、日持ちしないのか、絶対量が少ないのか、その両方かな。
今では日本への熱帯果物の輸出は可能になっているので、パパイヤ、マンゴー、マンゴスチンなどはスーパーでも見かけることができるでしょうね。


<< チーク(クマツヅラ科)      タイの長距離バス >>