えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 23日

タイの長距離バス

私のいる村からラノンに行くには、プーケットとラノン、クラビとラノンを結ぶ2ルートの長距離バスがあります。そして、官営と民営の二種類が運行しています。私がラノンに行くときは民間のバスを利用し、帰りは官営のバスを利用します。

片道約1時間ですが、民間のバス料金は約180円、官営のバスだと約240円です。民間の料金は安いですが、バスそのものに程度の違いはない感じです。乗務員は運転手を含めて3人います。官営のバスの乗り降りは前扉だけ、民間のものは前後両方です。

どちらもバスストップでないところでも停まってくれます。私の下宿先は道路に面しているので、家の前でバスに乗れます。降りるときも、家の前で降ろしてもらえます。こういうところは田舎の柔軟性というのでしょうか、いいものです。

乗務員の人たちは、官営、民営を問わずとても親切です。私が外国人だからという訳ではなく、老人たちにもとても親切にしています。昨日のバスでは、ドリアンの臭いが強かったですが、誰かがお土産にドリアンを持っていたのでしょう。私はあまり気にしませんが、嫌いな人にはたまらないでしょうねぇ。(笑)

官営と民営では、バスターミナルが全然違っていました。官営の方はラノン市のそれらしいところですが、民営の方はバスターミナルとはとても思えないような場所でした。普通の道路の、しかも傾斜地でした。民営には公共の場所が与えられないようです。

ともあれ、これらは長距離バスの話で、短距離になるとエアコンのない普通のバスが別にあります。これにはまだ乗ってないので料金は分かりませんが、相当安いはずです。以前にバンコクで乗った記憶では、20円とかそんなんじゃないかと思います。

ところで、ラノン市にある官営バスのターミナルですが、そこからプーケットなどに向けてバスが出発します。そこには、チケット売り場があり、待合室もあります。面白いのは、チケット売り場の職員のための扇風機はありますが、待合室にいるお客さん用には扇風機がないし、職員が使っているものの向きを変える様子もありません。

なるほど、官営となると職員の態度も違うなぁと面白くなってしまいました。チケット売りのユニフォームを着た女性にはタイスマイルはなく、こちらがニコニコしながらチケットを買っているのに、彼女はムスッとしていました。どこの国でも官庁というのはこういうものなのでしょうかねぇ。(笑)

タイ人の友人に、タイスマイルのない人について意見を聞いたら、「そういう性格なのでしょ、別に悪い感情を持っているということじゃないですよ」でお仕舞いでした。私は、どんな人でも住みやすいのがタイだなぁって思いました。

私には、この田舎の良さを十分に説明できないのがつらいところですが、何をしていてもこちらも自然に笑顔になっているというのが一番いいところだと思います。朝自転車で村を走っていると、知らない人ですけど、「食事していかないか?」なんて声を掛けられます。
e0031500_1232233.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-23 12:33 | えるだまの観察 | Comments(6)
Commented by kyoko7 at 2007-06-23 16:23 x
えるさん こんにちは。
官と民 面白いですね。 このバスは官? まぁまぁ綺麗ですね。
昨日 久し振りに所要が有って出帳所に行ったのですが、
扉を開けたとたんに‘こんにちは’と男性職員声が・・・・・
私は思わず周りを見て誰も居ないのを確かめて こんにちは と
返しました あははは。  こんな事はかって無かったからね。
ともあれ、好い方に意識が変るのは好い事です。(笑)
Commented by えるだま at 2007-06-23 16:49 x
kyoko7さん、こんにちは。^^
写真のバスは、民間のものです。官営のバスもほとんど変わりません。今日のバスには、ミネラルウォーターが置いてありました。
日本では、官の意識が変わり始めましたか。いいことですね。公僕って言葉があるくらいですから、威張っていいはずはありません。^^
Commented by zenmz at 2007-06-23 17:04 x
初めまして。
私も東南アジア大好きです。これまで、マレーシア、インドネシアなどを旅いたしました。すっかりタイの田舎に根を下ろして生活しておられるご様子、楽しく拝見しております。
素晴らしいですね。深い感銘をうけました。
Commented by えるだま at 2007-06-23 17:24 x
zenmzさん、はじめまして。^^
タイの田舎、日本人が昔もっていた、いい面をそのまま残しているところがります。自然に笑顔になるなんてところ、本当に天国のようなところだと思います。
タイ人の国民性もあるかも知れませんが、マレイシアの田舎でも同じような経験を持っています。インドネシアも似たような民族ですから、素朴で優しい人たちがいっぱいいることでしょうね。私はバリ島しか知りませんが、昔バリ島のまだ観光地化していないところに行ったとき、そこの住民の素朴さが思い出されます。
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 18:49
いいですねえ、やっぱり行ってみたくなりますね。
自然に笑顔になるようなところで暮らすって素敵ですね。
ここを読ませていただいて、自分がそこに行ってみた場合の事を想像してみました。
私も優しさに包まれた気分になりました。
Commented by えるだま at 2007-06-23 20:13 x
MAKIANDさん、こんばんは。^^
少しは雰囲気が伝わりましたでしょうか。是非おいでくださいな、天国のご案内をして差し上げましょう。^^
タイスマイルのない人もいますけど、そんなことはマイペンラーイ(気にしない)。^^


<< ロンコン(センダン科)      ギンコウボク(モクレン科) >>