えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 23日

ギンコウボク(モクレン科)

モクレン科オガタマノキ属のギンコウボク(銀香木)です。学名は、”Michelia alba”です。インドネシア、フィリピンが原産で、高貴な香りがあるといわれているものです。
e0031500_903639.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-23 09:00 | 花と樹木(熱帯) | Comments(6)
Commented by kkagayaki at 2007-06-23 10:21
形とか色も高貴な感じがします。どんな香りなのでしょうか?
Commented by えるだま at 2007-06-23 10:38 x
kkagayakiさん、どうなんでしょうねぇ。
花まで遠くて、とても香りを嗅ぐ訳にはいきませんでした。
高貴な香りって知っておくにはいいチャンスですね。また探してみましょう。
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 11:24
細長い花びらが優しくて、色も咲き方も高貴な感じですね。
このお花の高貴な香しり、知りたい気がします。
Commented by えるだま at 2007-06-23 11:49 x
MAKIANDさん、そうですね。^^
私が香りを嗅いでも、とても説明できそうもありませんから、少し解説しましょうか。中国では、花そのものを香水代わりに身につけたそうです。西洋では香水の原料にしたことがあるそうです。
日本でも観葉植物として販売されているようですから、そういう売り場で目にすることがあるかも知れません。
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 14:23
そう言えば、上海に行ったとき、夜の街角で小さな花を売っている農婦のような女性がいました。若い女性が買って服につけているので、私も真似して買ってみました。
とってもいい香のする花だったので香水をつけているようでした。
あれはくちなしの花だったと思います。
安全ピンをつけてあってそれで服につけられるようにしてありました。
私もそれをつけている間いい気分でした。
Commented by えるだま at 2007-06-23 14:50 x
MAKIANDさん、そうですね。^^
クチナシも、いい香りを持っていますね。天然の香水、いいかも知れませんね。私は香水でも強烈な匂いが苦手なので、自然の花ならいいかなぁ。^^


<< タイの長距離バス      タイの田舎の日常 >>