えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 23日

熱帯の蝶・・・その2

熱帯の蝶の第二弾です。花の写真を撮っていると蝶を見ることが多いのですが、今いる村のある場所には特に蝶が集まって来ます。センニチコウが咲き乱れていますが、それが目当てのようです。

(シロオビアゲハのベニモン型・・・ややこしい名前ですが、擬態のようです。ベニモンアゲハという蝶の真似をして外敵から身を守っているといいます。)
e0031500_2247113.jpg

(カバマダラ・・・イランでも見ましたが、日本では難しいようです。おっとりしているので撮影しやすい。^^ なぜ、おっとりしているかって?毒があるから外敵がいないのね。)
e0031500_2245172.jpg

(ヤエヤマシロチョウ・・・どことなく上品なデザインかな)
e0031500_22473467.jpg

(キシタウラナミシロチョウ・・・長い名前ですねぇ。この蝶、表は白色と黄色のツートンカラーなんです。飛んでいるときには綺麗なんですが、止まると羽をたたんでしまうので見られません。何回も撮影を試みたのですが、すべて失敗、諦めました。)
e0031500_22481547.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-23 00:01 | えるだまの観察 | Comments(4)
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 11:10
カバマダラという蝶は、身体に模様があるのですね。
毒がある虫はやはり綺麗ですね。
ヤエヤマシロチョウも涼しげでいいですね。
キシタウラナミシロチョウ、表と裏の色が違うんですか。
飛んでるところを見て見たいものですね。
でも、飛んでないと見れネイから難しいですね。
長たちがとまっている花も、日本では見たことがないような。
Commented by えるだま at 2007-06-23 11:41 x
MAKIANDさん、おはようございます。^^
カバマダラ、体まで模様があります。遠くからでも分かるほどの模様ですね。俺は毒だぞ~って主張しているみたい。(笑)
キシタウラナミシロチョウ、残念です。是非写真を撮りたかったのですが、止まれば閉じちゃうし、飛んでいるときしか見られませんでした。
最初のパゴダフラワーは、熱帯特有ですね。その他の花はそれほど珍しいものではないですよ。アフリカン・マリゴールド、コトブキギクでしょう。
Commented by MAKIAND at 2007-06-23 14:15
アフリカン・マリゴールド、コトブキギク、私は初めてでした。
勉強不足です。こちらで知ってよかったです。
マリーゴールドは庭の線虫よけになるらしく、クリーム色のアフリカンマリーゴールドは植えていました。
Commented by えるだま at 2007-06-23 14:45 x
MAKIANDさん、そうでしたか。^^
フレンチマリゴールドはよく見かけると思いますけどね。ちょっと目、ハキダメギクのようなコトブキギクですが、日本ではあまり見かけないかも知れませんね。
アフリカンマリゴールドはタイではよく飾りに使われています。見慣れたせいで無視しがちですが、クローズアップの写真にすると意外な表情を見せてくれるものですね。


<< タイの田舎の日常      日本食レストラン >>