2007年 06月 22日

日本食レストラン

日本を離れて40日余り、ようやく日本食にありつきました。地方都市ラノンにあるたった一軒の日本食レストランです。日本食レストランというより寿司屋さんでした。その名前は「こぞう寿司」、象を愛するタイだから「子象寿司」ということなのでしょう。^^
e0031500_18282944.jpg

店の中に掲げられている寿司ネタの案内ですが、これはバンコクでも見たことがあるので、業界には出回っているものなのでしょう。すべてのネタがあるという訳ではありませんでした。この日、イクラがありませんでした。
e0031500_18291744.jpg

私の楽しみは、やっぱり刺身と日本酒かなぁ。特上のお刺身ですから、ネタは日本からのものでした。生酒も日本からのものです。熱帯の国で飲む日本酒というのは、日本で飲むときに比べてそれほど美味しいとは思わないのが普通ですが、今回は違いました。やっぱり美味しい~♪
e0031500_1830181.jpg

天ぷらは、タイ人たちが注文したものです。エビの本場なのですが、小振りだし、これは外れだったと思います。
e0031500_18305946.jpg

エビの握り寿司の方は、大きなエビで日本のものと遜色はないようです。これもタイ人の注文したものでした。エビの向こうはサーモンですね。
e0031500_18315651.jpg

茶碗蒸しも、タイ人の注文したものです。私は食べていないので味の方は分かりません。
e0031500_18323733.jpg

私の次の目当ては、お蕎麦でした。ざる蕎麦を注文しましたが、蕎麦はまぁいいのですが、蕎麦つゆが甘くて閉口しました。しょうがないから、わさびをいっぱい入れたら、口の中にかたまりが入って来てしまいました。わさびで泣いている日本人はいないでしょうにねぇ。(苦笑)
e0031500_18332239.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-22 18:33 | 日々の雑感


<< 熱帯の蝶・・・その2      えるだまの一言(3) >>