えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 21日

幸福感について

今回、タイの田舎でサバイバルライフもどきをやっていますが、このところ気になるのが、スーパーマーケットに置いてあるジョニーウォーカーの黒ラベルです。多分、3500円くらいで買えると思うのですが、現地の人からすれば高嶺の花だと思います。

現地の人たちは国産ウイスキーのメコンかそれ相当のもの、あるいは焼酎だと思いますから、150円から550円程度のものです。私が飲んでいる安いスコッチでも1300円くらいしますから、これですら贅沢なのでしょう。約1か月半、安いスコッチで我慢して来ていますが、やっぱり美味しいとは思いません。

もちろん、不味いと思いながら飲んでいる訳ではないので、精神衛生上はそれほど問題はないと思うのですが、最近ちらちらと脳裏をかすめるのがジョニーウォーカーの黒ラベルです。スーパーマーケットに置いてあるんだから、現地の人でも買うんじゃないか・・・なんて悪魔の囁きが聴こえてきます。(笑)

買いはしませんが、もしも、今ジョニ黒を買ったら、きっと「美味しい~~~」と感じ、天国にも昇る気分になるんじゃないかと思います。実は、私はジョニ黒を感動するほどにまで美味しいと思ったことはありません。いいウイスキーという程度の認識でした。

つまり、私の言いたいことは幸福感なんていうのは相対的なもので、普段からいいお酒を飲んでいると幸福感を失いますよということです。普段からいいお酒を飲んでいたら、よりいいものへと進むでしょう。ジョニーウォーカーからスイング、さらにはロイヤルサルートへと行くんじゃないかな。そして、それも普通になることでしょう。

幸福感という物差しでみた場合、普段のものといいものとのギャップがあればあるほど大きな幸福感が得られるのではないかと思います。セレブな生活に憧れ、いよいよそれが実現したときに期待していたほどの幸福感が得られないということは十分考えられませんか。

普段は質素な生活をして、たまに高級なものを味わう。こういう生活の方が幸福感を得る機会が多いと思います。

そういう訳ですから、私は安物スコッチだけでなく、タイの国産ウイスキーに慣れようと努力しています。どんどん下げればより大きな幸福感が得られるんじゃないかってね。いつかはジョニーウォーカーの黒ラベルを買うぞ~。(笑)
e0031500_1121575.gif

[PR]

by elderman | 2007-06-21 01:08 | えるだまの観察 | Comments(14)
Commented by untikusai at 2007-06-21 06:09 x
untikusaihの毎年恒例の旅は、四国の旅です。全くの貧乏旅行で、15L程度のバックパックひとつで回ります。
貧乏旅行と言いながら、心は幸せです。そんな訳で今年も出かけるつもりです。

物が多いことは、幸せにはつながらないようです。むしろ、あまり無いほうが良いようです。
この点はえるだまさんの視点は、的をえていますね。
身ひとつで自由に出来ることは、はまると怖いものがありそうです。まるでホームレスみたいで・・・・・。(*^_^*)

Commented by MAY at 2007-06-21 09:20 x
私も貧乏旅行大好きです。ニューヨークによく一人で行きしたが(独身の時)心の幸せというのを感じます。そういう時に受けたハプニングや親切は海馬に残っているものです。後で、振り返ってもいい思い出です。幸せはつらい思いをしたりするから、感じれるもののような気がします。いつもいいもの食べたりしていたら、その美味しさのありがたさもわかりませんよね。
Commented by えるだま at 2007-06-21 09:20 x
untikusaiさん、おはようございます。^^
日本でそれができる環境があるっていいですね。私にとっても四国はいい印象があります。四万十川、大歩危小歩危などかな。

欲は際限がないですから、質素な生活がいいようです。今回の体験はいろいろな成果を与えてくれるようです。
ホームレスですかぁ、気持ちがいいものかな。あらゆるしがらみから逃れて自由な身ですか。^^
Commented by えるだま at 2007-06-21 09:25 x
MAYさん、おはようございます。^^
へぇ、NYでできるのですか。それは驚きです。大都市で貧乏旅行ですか、それはすごいなぁ。そういえば、バンコクにもバックパッカーは多いかな。大都市のみせる別な一面でしょうか。
田舎にはないからいいけど、大都市では美味しいものが目の前にありますから、貧乏旅行というのはちょっとつらそうですけどね。(苦笑)
Commented at 2007-06-21 12:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MAY at 2007-06-21 15:43 x
もっぱら夜はサラダやビールなどをかってきてホテルで食べたり、お昼はデリで軽食、またはマクドナルド、朝はベーグルとお決まりでした。観光が目当てだったんですけど。。今考えたらそんに貧乏旅行じゃなかったかもしれません。そんなに辛くなかったですよ。
Commented by elderman at 2007-06-21 15:58
鍵コメさん、私もそう思います。^^
Commented by えるだま at 2007-06-21 16:00 x
MAYさん、こんにちは。^^
意識の問題だと思いますね。独身時代ならなんでもできたでしょう。
今、それなりの年齢になるとちょっとつらいものがあるかも知れません。
それにしても、貴重な経験だと思います。一生の思い出になっているでしょ。^^
Commented by Mook at 2007-06-21 21:02 x
私の上司は、サントリーホワイトが嘗ての銘酒と未だに呑んでます

その状態 好き!
Commented by えるだま at 2007-06-21 21:34 x
Mookさん、こんばんは。^^
サントリーホワイトならいいなぁ、帰国したらそれを標準にしますね。^^
Commented by nmariomama at 2007-06-21 21:55 x
こんにちは^^
ほんとにそうですね。 深くうなづいております^^
私もこちらで、昔はこのくらいで天にも昇る幸福感だったのになあ、、、という例をたくさん持ち合わせています。 そしてそれは日本に一時帰国する度にギャップとして目の前に現れ、こちらに帰ってきてから、何とか埋められないものだろうかとあがくのです。
やっぱり、どうしても日本が基準になってしまう。 20ん年間、その繰り返しだったような気がします^^;
しかし、えるだまさんの例えはいつもウィスキーなんですね^^
でも、まあ、私も数知れない例の中にワインも入ってますが・・・^^ゞ
Commented by えるだま at 2007-06-21 22:46 x
nmariomamaさん、こんばんは。^^
基準をどこに置くかは個人の経済状態によるでしょうけど、高く設定すればするほど幸福感を味わう確率が減りますね。そして、さらにお金が掛かる。これでは困ったものです。
日本にいたって基準は変えられますからね。今回の研究成果を活かさないと。^^
ウイスキーが例えなら、現実味がなくていいでしょ。(笑) ワインですかぁ・・・ ずっと飲んでないや。(苦笑)
Commented by ♡momonga♡ at 2007-06-22 07:54 x
そう、ほんとにそうですね。物を与えられすぎてそだった子供はかわいそうです。トルコに行って一番恋しかったのはシャワレットでした。自分の毎日使っているものがある世界へ帰れるとおもうとそれはそれで幸せかなと思いました。でも、いまの自分の生活をあえてシンプルにしていくこと
そして精神世界を充実することが少し先の自分の幸せにつながるのかも知れないと思いました。
えるだまさんのコメントでいつも忙しいわたしは、立ち止まっていろいろ考えることができます。ほんとうにありがとうございます
Commented by えるだま at 2007-06-22 10:27 x
♡momonga♡さん、こちらこそ。
コメントありがとうございました。田舎暮らしでは、考えるのが趣味みたいなものですから。^^
シャワレットってウォシュレットと同じでしょうか、私はもう忘れ始めていますけどね。帰国したら、幸せって思うのかなぁ。
まだまだ考えるべきテーマはいくらでもあります。引き続きお付き合いくださいね。


<< ゴレンシ(カタバミ科)      熱帯の植物(15) >>