えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 20日

タロイモとゲソの煮付け

里芋の味が恋しくなりました。私のいるタイの田舎では、多くのサトイモ科の植物をみますが、どういう訳か里芋を朝市で見かけることはありません。代わりにみつけたのが、大きな里芋のようなものです。タロイモというのでしょうか。

その大きさは、煙草の大きさと比べると分かると思いますが、普通の里芋10個分くらいありそうです。切ってみると、芋の部分には紫色の斑点があって、日本のヤツガシラみたいです。この瞬間私の頭に閃いたのは、毒はないのかな・・・ということでした。

朝市で買ったものですから、食用には違いありませんが、事前処理が必要なものってありますから、ちょっと心配になりました。下宿先のおばさんに聞いたら、あっさり食べられるというので安心しました。

先日イカを買って、バター焼にしたゲソが残っていたので、一緒に煮てみることにしました。コトコト煮ること5分程度、タロイモは意外にも直ぐに柔らかくなりました。今回使ったのは全体の3分の1程度ですから、今回の経験を活かして、残りの料理方法を考えないといけません。

このタロイモ、味は全然サトイモのようではありません。そもそもヌメリはないし、ジャガイモと里芋を足して二で割ったような感じです。出来上がったものは、期待していた味とはまったく違うものでしたが、食べられないというものではありません。(苦笑)
e0031500_11551678.jpg

e0031500_11555150.jpg

(注)後から調べると、やはりタロイモにはシュウ酸塩が含まれているようです。湯がけば問題はなくなるそうですが、エグイ味がするそうです。今回のものは、灰汁は捨てましたが、湯がくという事前処理はしていません。エグイ味は特に感じないのですが、次回はしっかりと湯がくことにします。
[PR]

by elderman | 2007-06-20 11:56 | 日々の雑感 | Comments(6)
Commented by MAKIAND at 2007-06-20 22:09
タイでお料理するというのは、どんな味付けをするのか興味ありますね。
Commented by paraissez at 2007-06-20 22:37 x
ご無沙汰しております。カンボジアで休暇を楽しんだ後、ホーチミンでウイルスにやられてえらい食中毒にかかりました。無理やり帰国し、すぐに医者に行くと、急性肝炎の疑いがあるといわれて、大きな病院に直行。
肝炎ではありませんでしたが、2週間も消化不良が続きダウン。
ついに10日間も会社を休んで自宅療養中。本当に家から一歩も出る気も食事を取る元気もないので、そうとう強い外来種におそわれたと思います。どうぞお気をつけてお過ごしください。でもアンコールワットは最高でした。あたしはめげずにまた絶対に行く。今度はベトナムは避けて、タイ経由で行きたいです。
Commented by mintogreen at 2007-06-20 22:49
えるだまさん、こんばんは。
タロイモ・・・パプアを思い出すな~・・・。
イカと芋の煮物、美味しそうにみえますけどね~。
シュウ酸塩が含まれているんですか。
残りは、お味噌があれば、豚汁みたいに何でもぶち込んだスープにしたらいかがですか?^^
Commented by えるだま at 2007-06-20 23:40 x
MAKIANDさん、こんばんは。^^
今回のものは、タイ料理ではないので、日本の醤油味です。
タイ料理には、普通、ナムプラーかオイスターソース、トムヤム味かな。
Commented by えるだま at 2007-06-20 23:41 x
paraissezさん、こんばんは。^^
あらま、大変なことでしたね。お大事になさってください。
私の方は、いまだに下痢すらせず、健康に過ごしております。
アンコールワットも候補地でしたが、今回はマレイシアに行くことにしました。いつかアンコールワットに行きたいと思っています。
Commented by えるだま at 2007-06-20 23:47 x
mintogreenさん、こんばんは。^^
このタロイモにはシュウ酸はほとんど含まれていなかったようです。
当初は期待と違った味だったのでがっかりしましたが、後で食べたら案外いけました。(笑)
お味噌?そんなものありません。(笑)


<< 便利さと引き換えに失ったもの(6)      今後の予定について >>