2007年 06月 07日

タイの焼酎みぃ~つけた。

タイ語を読めない私ですから、タイの国産焼酎をみつけることは至難のことです。瓶を見ても酢なのか調味料なのか分かりませんからねぇ。ところが、昨日いつものスーパーマーケットで買い物をしていると、地元の若い男性がボトル一本だけの買い物をしていました。

私はすかさず「これ、なに?」と訊きました。その答が「ウォッカ」というものでした。店員が外国人の私に合わせて外国語で答えてくれたんです。私もほしいというと、その若い男性はタイスマイルをみせてくれました。こうしてついにタイの国産焼酎を手に入れることができました。

下宿先に持ち帰り、ラベルを見てみると、どうも麦焼酎のようです。文字じゃなくて絵で解釈しているんですけどね。数字に18というのがありましたが、どうやらそれはアルコール度数のようです。日本の焼酎は25度くらいですから、蒸留精度が悪ければ18度というのは頷けます。 (訂正)アルコール度数は30度だそうです。これは経済的です。

そして肝心の味の方はというと、美味しくはありませんが、不味くて飲めないというほどの代物ではありませんでした。ただ18度なので妙なもので割ることはできませんから、氷を入れて飲むのかなぁ。果たして飲み続けることができるか、ちょっと自信がないですね。

どのくらい経済的なのか、例によってアルコール換算で比較してみました。

今回買った焼酎 170円 アルコール1cc当たりの価格=1.4円 0.8円!
国産ウイスキー  540円 アルコール1cc当たりの価格=1.9円
安物のスコッチ 1276円 アルコール1cc当たりの価格=4.6円

やっぱり、安物とはいえ、スコッチは高いですねぇ。国産ウイスキーはちょっとそのまま飲めないので、強壮ドリンクを一緒に使うから、もうちょっとコストがかかります。

月額にすると、

今回買った焼酎  3183円 1819円(安い!)
国産ウイスキー  6614円(強壮ドリンク込み)
安物のスコッチ 10208円

日本でのアルコール類の毎月の出費の平均はだいたい16000円でしたから、7分の1の物価のタイで月に1万円もアルコールに使ってはいけませんね。焼酎に切り替えるかなぁ。(苦笑)
e0031500_114974.jpg

(参考)月額経費
朝飯、昼飯:どちらも80円くらいだから合計で160円くらい。
夕食:外食を平均すると、一回450円くらいです。
タバコ:一日10本で80円くらい。
これで30日分だと、20,700円、安物スコッチ代を加えると、30,900円くらい。
その他、諸経費が掛かります。洗剤、トイレットペーパー、ティッシュ、電気代など。
月300ドル(約3万6千円)の予算では、少しはお小遣いが必要なので、安物とはいえ、スコッチを飲んでいると赤字になりそうです。焼酎の導入を考えないといけないかな。

P.S.
今日、この焼酎の飲み方をいろいろ検討してみましたが、癖の強い香りが口の中にいつまでも残るので、相当工夫しないと飲めない感じです。強壮ドリンクと混ぜても、焼酎の癖が勝るようで、強壮ドリンクの前で存在を失ってしまうタイ産のウイスキーが軟弱に思えました。10回くらい無理して飲めば、美味しいと思うようになるかなぁ・・・

[PR]

by elderman | 2007-06-07 11:04 | えるだまの観察


<< 今日もすごくいい天気      マングローブ林とアンダマン海 >>