2007年 06月 01日

ちょっと遠出してみました

人間というのは不思議なもので、いい天気だと家の中でじっとしていられないもののようです。私はかなり出不精なんですが、今日は朝から快晴で、夕方までは雨は降りそうもない空に見えました。さて、そうなると朝ぐずぐずしていても、出掛けないと損な気がして来ます。

ということで、先日目標の8)に掲げた、自転車でアンダマン海まで行ってみるというのを達成いたしました。先日車で行ったので道はなんとなく覚えていました。それでも片道20kmありました。家を出たのが8時40分でした。あまり遠ければ途中でも止めて引き返そうとは考えていましたけどね。

先日車で行ったとき、幹線道路から入ってからかなり走ったのを覚えていました。だから、途中で止めてもしょうがないかとは思っていたのです。その長い道路、マングローブの林を抜けて行きます。車から見ると単調な印象なのですが、自転車ではずい分違いました。

マングローブの林は、私がマレイシアにいた頃、かなり大きなものを見たことがありますが、当時植物に関心が薄かったということもあり、あまり面白いとは思いませんでした。花がないというのがそのときの印象でした。ところが、今回は違いました。花があるではありませんか。

マグローブ林の中で咲いていた花の写真は別にアップしますが、いろいろな花が見られたので長く続くマングローブの中の道路は大変興味深いものでした。家を出てから3時間近く自転車で走ったでしょうか、マングローブの中の道路沿いには売店が一軒もありません。タイでは道路沿いならどこでも売店があるので、私は飲料水を持たずに出かけたのです。

別に喉の渇きを覚えた訳ではないのですが、3時間近く自転車をこいで汗をたっぷりかいているので、脱水症状、熱中症を恐れました。喉が渇いていなくても水分の補給をしないといけません、それにお腹も空いてきました。それでもマングローブの道路は延々と続いています。人家らしいものは全然見えて来ません。やばいなぁ、引き返そうかな、でも引き返すと20分くらい掛かりそう、ここまま行ったら直ぐ着きそうなんけど・・・

この辺りからはもうマングローブ林への関心は薄れ、人家が現れることを祈りつつ自転車を走らせました。しばらくして、気分的には30分かな、やっと一軒人家が見えて来ました。橋の近くで川に面したところにバルコニーがあります。青年3人がおしゃべりをしていました。私は屋台をみつけたと思い、自転車を止めて「水が飲みたい、お腹が空いた」と言ったのです。「飲めますか?食べられますか?」と聞くと「はい」という返事です。

自転車を降りて家のバルコニーに行くと、ちょっと様子が変です。「あ、ここ、普通の家じゃん。たはは。ま、いっか」ということで、普通のお水とお魚の料理でご飯をいただいちゃいました。もちろん、お金を受け取ろうなんてしません。私は心から感謝しました。思えば、最初、家の人たちの反応は少し当惑気味だったのです。私は自分のタイ語の発音のせいだろうと思っていましたが、突然見知らぬ通行人が水と食事を求めて来たので驚いていたんですね。

食事の後、つくろがせてもらって、十分休憩できました。若者たちは少しはにかんでいましたが、すごく素朴な感じでした。二人の子持ちの女性、そしてそのお母さん、突然の珍客に対してみなさん優しかったです。

アンダマン海までの距離を聞くと、あと1kmだって・・・ もちろん、私は食事の後アンダマン海の見えるところまで行きました。1km先にはレストランや売店はいくらでもありました。(苦笑)

(往復40km走った自転車)
e0031500_18544636.jpg

(いただいた魚の料理、日本の魚の煮付けみたいでした。)
e0031500_18554855.jpg

(家の人たち)
e0031500_1856378.jpg

e0031500_18571187.jpg

e0031500_18574463.jpg

e0031500_18583120.jpg

[PR]

by elderman | 2007-06-01 18:52 | 日々の雑感


<< マングローブ林の周辺の花      ある田舎でのお話 >>