えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 01日

タイ国に長期滞在するための手続

今回は、タイに長期滞在する方法についてまとめておきたいと思います。実は、今回タイに入るまで知らないことばかりで、本当は事前に調べておかないといけないことでした。

みなさんのお役に立つかどうか分かりませんが、一応かなり正確な情報ということで整理しておきますね。一か月以上も休暇をとってタイに滞在される日本人がどのくらいいるのか見当もつきませんけど、ま、参考までにね。

ケース1・・・赤パスでビザなしの場合、今回の私の場合です。
ビザなしでタイに入国した場合、30日間しかタイ国内に滞在できません。入国の際に、帰国の航空券がないと入国が認められないそうです。今回、私は裏技で入国してしまいましたが、往復航空券で入国されるのが原則です。
この場合、30日以上タイ国に滞在しようとした場合、一回外国に出ないといけません。手段は飛行機でも船でも同じです。問題は、タイへの再入国で最大2回まで認められるのだそうです。ですから、30日+30日+30日で合計90日間が最高ということになります。それ以上はまず不可能です。

ケース2・・・観光ビザを取得してタイに入国する。
これだと90日間はそのままタイに滞在できるし、再入国も簡単です。長期滞在の場合にはあらかじめ観光ビザを取得しておくのが賢明ですね。なお、ビザなしで入国して、このビザを取得することはできないようです。外国で手続きを取るものということのようです。

ケース3・・・50歳以上の場合。
50歳以上の日本人には特別な措置があります。一年間の長期滞在ビザが発行されるというものです。ただし、この場合、タイの銀行に300万円くらいを貯金しておかないといけません。お金持ちの日本人に対し、老後タイで過ごしてお金をタイに落としてもらいたいというタイ政府の方針なのでしょう。

いずれのケースでも、タイで働くことは禁じられています。就労ビザはまた別な話で、なかなか発行されないと聞いています。

以上の情報を集め、どうやって長期滞在を可能にするかなんて、タイ人の友人と検討していたのでいろいろ忙しかったのでした。一旦外国に出て、再入国する際に、帰国の航空券を見せなければならないので、その手配も含めてバタバタしておりました。

ということで、私の帰国は期間的に少し安全をみて出発8月4日、日本到着8月5日としました。合計で約80日になります。目標の90日には少し足りませんが、ほぼ3か月ですから、よしとしましょう。
e0031500_105501.gif

[PR]

by elderman | 2007-06-01 10:02 | えるだまの観察 | Comments(0)


<< ある田舎でのお話      クリヌム・アシアティクム(ヒガ... >>