2007年 05月 26日

料理ができない(汗)

私は下宿生活のような現地での生活を送っていますが、基本的には自分ですべての食事を用意したいと考えていました。しかし、1週間が経過すると自分で料理できるものの幅がないことを痛感しました。日本で料理していたものが全滅状態です。

タイで売られている魚の鮮度では刺身に挑戦する気にはなれません。他の料理も日本では半調理済みというようなものを多用していたせいでしょう、一から作れるものとなると限られてしまいます。タイ料理は多種多様にあるのですから、何か作りたいと思いながら自分の無力さを感じています。

ピーマンがないので、ピーマンを入れた料理が全滅状態というのが、ちょっと痛いし、カレーだってルウから作らないといけません。揚げ物がないというのもレパートリーを減らしています。唐揚はありますが、それはそのまま食べるようなものです。実際の話、この先、どうやって料理を作ったらいいのか途方に暮れています。

先日、土曜市場で豚肉を買った際に、私はその豚肉をシチュー用にぶつ切りにしてほしいと言ったら、友人のタイ人がそれは家でやればいいと言いました。その場はそれで納得したのですけど、挽肉の場合どうするんでしょ。今日それを質問したらやはり家でやるのだそうです。あーあ、これでまた挽肉料理が消えました。とほほ。

この先の過ごし方には、何通りかが考えられます。
1.下宿生活に徹して、奥様の作ってくれる料理に依存する。美味しいですけどね。
2.タイ料理を学ぶ。1.を通して徐々にマスターするという手もありますね。
3.完全なサバイバルに徹する。自分で作れるものを模索する。例えば、焼肉とか。

これから気持ちを整理して、タイ人の友人を通して奥様にお願いすることになるかも知れません。しかし、問題なのは覚えても日本で必要な食材が手に入らないことです。

これまで、いかに自分が日本料理の調味料を多用していたか痛感させられました。ですから、タイの田舎にはないものがいっぱい、カツオブシ、味噌、ソース(お好み焼きとか)、胡麻も珍しいみたい。その代わり、オイスターソース、ナンプラー、ココナッツミルクなどはあります。

これまでに作ったもの
アスパラ・ベーコン、ジャーマンポテト、カレーライス、肉じゃが、目玉焼、茹でオクラ、くらいかな。これからはベーコンもなしです。・・・とほほ 今日はチャーハンで乗り切りました。チャーハンなら週に2回でもいいか。少し希望が出て来ました。^^

全滅なもの
そば、うどん、ラーメンなどの麺類、いろいろあるタイの麺類で代用するしかありません。
揚げ物各種(自分で揚げればいいけど、たくさんはいらないからねぇ・・・)
納豆はもちろんありません。

ひょっとして、「タイで田舎暮らし」のギブアップは料理から来るかも知れません。(汗) 食べ物じゃなくて料理ね、お金を出せばタイ料理は買えますから・・・
e0031500_2075359.gif

(注)
うーん、誤解を招いたかも知れませんね。田舎でも美味しいタイ料理はいくらでもあります。妙なサバイバル料理を作る必要はないですね。美味しい日本料理を提供しないと下宿先の人に笑われるでしょ。問題は、日本料理もタイ料理も作れないこと、タイ料理の作り方を覚えても日本では作れないこと。本当の日本食が恋しいこととは別問題ですけどね。(苦笑)

[PR]

by elderman | 2007-05-26 20:02 | 日々の雑感


<< ユーフォルビア・ビグエリ(トウ...      サラカヤシ(ヤシ科) >>