えるだま・・・世界の国から

elderman.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 23日

日本人の得たものと失ったもの(1)

このテーマ、実は今回の「タイで田舎暮らし」の一つの大きなテーマです。私は、映画「三丁目の夕日」に描かれているような昭和30年代が良かったというつもりはありませんが、日本が高度経済成長を続けて、豊かな生活を送れるようになり、その得たものの代償に何かを失ったように感じています。

今回、現地で3日間過ごしてみて、日中の蒸し暑さに耐えかねてエアコンを導入しましたが、確かに日中や暑さの残る夕方から夜にかけてとても快適になりました。しかし、同時に失ったものがあります。朝のヒンヤリした気持ち良さを感じることはもうないでしょう。感動するくらいに気持ちのいい朝だったのですが、少し残念な気がします。

それなら、エアコンを放棄して元の生活にすればいいかというとそうは行きません。一度味わった快適さを捨てるということはできないものなのでしょう。今回の例は、日本人の得たものと失ったものというテーマに沿った一つの例だと思います。

朝が気持ちいいと感じると、早起きをして気持ちのいい時間を味わいたくなります、しかしエアコンで常時快適となり、朝の気持ちよさを感じなくなると、朝早く起きる必要はなくなり、生活は夜型になりそうです。一つの変化から、いろいろな付随効果があるのではないでしょうか。

現代人の生活が夜型になっているのをエアコンのせいだけとは思いませんが、文明の力が生活のパターンを変えてしまうということはあるでしょう。こういう変化は精神的にも影響があるのではないかと思います。

早く起きて一日で一番気分のいい朝を迎え、蒸し暑い日中に肉体労働をし、夕方には帰宅して家族で食事をし、早い就寝というパターンは好ましいもののように思えます。普通の朝を迎え、冷房の効いたオフィスでストレスいっぱいの仕事をして、遅くまで仕事をし、遅い時間に帰宅して寝るだけというのとでは精神面での健全さが違いそうです。

日本人はいつも忙しいのですが、さしたる娯楽のないタイの田舎やイラン人の生活をみていると、日本人はそれほど重要でないことにかまけている時間が多過ぎるのかも知れないと思うようになります。長時間労働に加えて、飲み会の多さ、娯楽の多様さ、長距離通勤、一日の時間の使い方がずい分違うと思います。

(写真は、熱帯睡蓮です。^^)
e0031500_10304154.jpg

[PR]

by elderman | 2007-05-23 10:22 | えるだまの観察 | Comments(10)
Commented by MAY at 2007-05-23 11:29 x
えるさん、失うものと得るものは本当に切り離せないものですよね。例えば便利になればばるほど、人は物事の工夫を考えないようになる気もしますしね。ただ、一度便利さや快適さを覚えるとそこから抜けるのはできませんよね(^^;。
Commented by elderman at 2007-05-23 11:32
MAYさん、おはようございます。^^
はい、そんなことを考えてみたくてタイの田舎くんだりまでやって来ています。考えなくなるなんて思うと、現代人って進歩しているのか、退化しているのか、心配にもなります。
Commented by nmariomama at 2007-05-23 16:54
こんにちは^^
エアコンのお話伺って、やっぱりしょうがないって思いました^^
しょうがないというのは、可能なら快適なほうがいいですよね、という意味です^^
そちらは朝晩は気温がちゃんと下がるのでしょうか。(最低気温はどのくらいですか?)それだとまだいいですよね。 日本のような熱帯夜は本当に耐えられませんもの。
現代人が便利と引き換えに失ったもの、たくさんあると思います。
失ったものを取り返そうとして、無駄を作っている気もするし、その結果複雑になってしまったのかなあ、、、
私としては、シンプルが一番の生活が理想ですので、これからのそちらでの日常生活の様子、ますます楽しみにしています^^>
Commented by nekocchi at 2007-05-23 16:59 x
熱い国ならではのお花の色ですね^^
このお花に噴水のしぶきがかかったりする光景を思い浮かべています。
下のほうのお写真を、サラサラと拝見いたしました。
本当に素朴な子供たちの笑顔だと思いました。
日本では失われつつあるものが、まだいっぱい残っているみたいですね♬
Commented by elderman at 2007-05-23 17:05
nmariomamaさん、こんにちは。^^
エアコンは、ま、しょうがないってことで、許してくださいね。
ただ気温がよく分からないのです。最高は35度くらいだと思うのですが、最低となるとどのくらいなんだろうか。23度くらいまで落ちているのかなぁ。寒いという感じはありません。動いても汗をかかない程度かな。
ただ、12時でもまだ暑いので、熱帯夜の状態で寝ないといけないですね。涼しくなるのを待っていたら2時くらいになっちゃうかも。(苦笑)
毎日いろいろな発見があって楽しいのですが、これからは少し落ち着いてくると思います。
Commented by elderman at 2007-05-23 17:08
nekocchiさん、こんにちは。^^
熱帯の植物、派手ですけど綺麗でしょ。日本では熱帯植物園に行けばいろいろ見られますね。
タイの子供たちの素朴さ、これは日本では見られないかも。(苦笑)
本当に、彼ら何をしていても楽しそうなんで不思議に思えて来てしまいます。一緒に外を歩けば、この草、あの木の実、食べられるなんて教えてくれます。
Commented by cerezos☆桜 at 2007-05-23 21:57 x
耳の痛いお話です。
私は暑がりなので冷房のない生活は考えられません。
それに、梅雨の湿気は大嫌いです。
「地球温暖化」が叫ばれているのに・・・・・(≧ω≦。)

食生活もしかりですね。
日本と戦争するには、武器はいらぬ。食糧輸出をストップすればいい。
本当に日本はどうなっているのか・・・・・どうなるのか。

睡蓮・・・・・素敵な色ですね♡♡
Commented by elderman at 2007-05-24 00:27
cerezos☆桜さん、こんばんは。^^
女性の暑がりやさんですか、珍しいですね。私は寒がりやですから、一緒に生活したら大変ですね。(笑)
私は快適な国としてタイとスペインを挙げていますが、湿気が嫌いだとスペインということになりますね。あそこは乾燥しているから気持ちがいいです。
食糧問題ね、そちらからの観点も面白そうです。今度考察してみますね。いいご指摘ありがとうございます。^^
Commented by kkagayaki at 2007-05-24 10:43
三丁目の夕日を見て、昔の日本が良かった、良かったという人がいます。でも、物質的には今の方が確かに暮らしやすくなりましたね。ただ、ここまで便利じゃなくてもいいというものは捨てて、ある程度、昔の風情を取り戻せたら今のような殺伐とした世の中からは抜け出せるような気がします。要はアメリカの悪いところを真似し始めてからおかしくなったような気がします。それはドンドン進んでいますね。一番失われたのは日本人のこころでしょうね。
Commented by elderman at 2007-05-24 10:54
kkagayakiさん、難しいですね。
昔の日本にいいところがあったことは確かなことでしょう。でも、本当にあの時代に戻りたいという人はほとんどいないんじゃないかな。記憶は美化されるものですから、いいところだけを思い出しているのかもね。
敗戦でゼロになったところから急速な発展ですから、大きな変化だったと言えるでしょうね。物質文化で精神文化を忘れたと簡単に言ってしまうのはどうかと思うし、どうしてそうなるのかもうちょっと考えてみたいところです。


<< タイ人の赤ちゃん。^^      ホテイアオイ(ミズアオイ科) >>